上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アカ母の「心に栄養」のまねしてかいてみるね

やっと手に見知らぬ着信が浅く広く友達は残念だった魚の手術を取り直して何とか飛行場に総合病院で受診♪
それを説明し、なかなか快適な人もの存在と怒り心頭でやさしく、「入院ですか…」「ウィルス性ではないですね。という事で、手術はクリア!良かったね~。可能度合いは鼻腔の方まではないけど、でも喉の化膿と炎症反応がすごいんで、入院してもらいましょうか…まぁ、2~3日くらいの点滴で大丈夫でしょう。」「うーん・・・・生半可体力あるから判断しにくかったけど、これはかなりやなぁ…」とし、何人が襲い、なんて言うので、母の子から食事は分かって、せっかくの病院だから「ぜんぜん違う~。ここなら通っても良いわ。」と怒り心頭では全く苦痛だったこの5時間のフライで受診。
しばらくは休診日後、紹介状を済ませ、そのまま入院ライフだったが腫れて何とか帰宅。
勝手は・「アカ姉ちゃん!アカ兄大丈夫?まだ退院してないの?学校はこれそう?」と信頼できる先生。
「ありがたいなぁ…一人二人はおると思ってたけど…もしかしたら口だけで誰もおいらのこと気にしてないと思ってたのに、そんなに心配してくれてるんや。」と友達の昼、2日ほどしなかったけど、思いのほかサバサバし、翌日は休診日ほど辛そう後悔する半面、いまだに「やっぱり病院に連れて行って…」と担任の画像使いまわし?

*このエントリは、ブログペットの「アカもどき」が書きました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://akaneminirex.blog34.fc2.com/tb.php/691-9b4175b4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。