上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.03.16 メタボ街道
なんとなく心ウキウキしてしまう春・・・のはずがここ数年憂鬱な春ばかりだったのが、去年は諦めかけていたアカ姉の高校合格に、久し振りに心ウキウキ・晴々な春を迎えていた。

さて、今年は・・・・





今日アカ姉の学校に行って来ました。


1年間休学して基礎学力をつけてから通信制か単位制の学校に行くか、今年退学して通信せいか単位制の学校に行くかと言う話し合い。

ハイ、留年決定っす。

今年に入ってからほぼ決定していたのですが、現実逃避まがいにこの話題は避けていました。
しかしはっきりと手続きの話まで来ると、現実として受け止めるしかないっす。




正直色々と疲れてます。

アカ姉の事だけでなく、アカ兄の反抗期加速中にも。
まーーーー、本当に言う事聞かない奴!
言われてまだ素直な時は一応「はい。」とその場は言っても、絶対にしない。
宿題も時間割も部屋の片付けも。
約束も守らない。
守らないからと罰を与えると逆ギレ。

子どもは親の思うようにはならないと判ってるけど、せめて自分のするべき事くらいちゃんとして欲しいと思う。
偉そうな事を言って、偉そうに主張して、自分の要望をかなえろと勝手な事ばかり言う前に。
自分のとってる態度がどれほど理不尽か理解しろよ!!


そう思い時々爆発する母にアカ姉もアカ兄も
「うっとおしい。」としか思わない。
「一人暮らししたい・・・」と言う。(-"-)

「一人暮らし?お金は?」と言うと
「それはお母さんに出してもらって・・・


・・・・・・・・・・
ふぅーーーーーざけんなぁ!!!!
どこまで甘っちゃろい考え持ちまくっとんじゃぁ!




二人が出て行かなくても、母が部屋借りて一人暮らししてやろうか?(金掛かるから無理だけど)

せめていきなりふらりと一人旅にでも出たいと切に思う今日この頃です。
マジでテーブルに食事代だけ置いて、
『暫く旅に出ます。』と書置きして、携帯の電源もオフにして旅に出てやりたい。

けど仕事があるからなぁ・・・(現実は厳しい)

そんなアカ母に出来るのは自棄酒自棄食い・・・
メタボ街道まっしぐら!!

あぁ・・・アカネ、あんただけが癒しなのよ。(T_T)

メタボ親子
母、おいらとメタボ街道突き進もう!
いや・・・そうじゃなくって・・・つーか、重い・・・
そんなに言うほど重くないから!
(何気にちびっと母登場)
一番辛いのはアカ姉と思いながらも、アカ姉なりの自己防衛なのか、二言目には
『もう良い』『どうでも良い』『好きにして』
と、現実から逃げるばかりな言葉に懇談に行く車の中で母半キレ。(-"-)

「良いわけ無いやろ!自分の事やろ!一生の問題や。
それとも何か?お母さんや先生が決めた進路で納得して頑張れるんか?
嫌でも他の進路考えなあかんのが現実や。
ならせめて自分で少しでも納得行く道選んで、自分で進むしかないんやで。
この1年間見てて悪いけど、前半はほんまにあんたなりに頑張ってたと思うけど、それでもやっぱり楽してサボってた所はあるし、後半なんてあれだけ言うてたのに結局嫌な事から逃げてその結果がこれやろう。」

「・・・後悔してるんやからもう良いやん・・・」

「後悔だけしてたら良いってもんじゃ無いやろ。
後悔するのは一時で良いねん。
後悔したんなら今度は同じ後悔しないように、今度こそ少しでもなんとかしようって思うのが普通やろ。
あのな・・・今までその時しんどいからって楽な方に逃げた結果が今なんやろ?
あの時もう少し踏ん張ったら何とかなってたかもしれんって、後悔したんやろ?
なら今が踏ん張り時違うん?
今しどいやろうけど、辛いやろうけど頑張って現実と向き合って乗り越えたら、いい方向に進むかもしれんやろ?
それに中学校卒業したら、いつまでも親や先生が面倒見てあげられへんねんで。
自分でなんとかせなあかんねんで。
出来るバックアップはしたるけど、それは一生懸命にやってる者にしてやる事であって、逃げてばっかりで一生懸命にやらん奴に誰が無駄な労力つかうん?
そうならんようにもう少し自分で努力し。」


いや・・・こういう事言ってやってはいけない・・・と思いながらも、さすがに堪忍袋の緒が切れたと言うか、アカ母の器では限界が・・・

本当に、もういい加減単位が危ないからと先生が必死で
「体調が悪くて学校に来れんのは仕方が無い。
出来たらテストだけでも来て欲しいけどそれも無理ならせめて、提出物だけでもちゃんとしろ。
それだけでも評価が上がってかなり有利やねんから!」

と言ってくれてたのにも拘らず、その時は
「はい、頑張る。」と言ってたくせに、結局
「判らん」の一言で何もせず。
たまに学校に行けば友達と盛り上がって帰りは遅いくせに、職員室に行って先生に判らない所聞くと言う事もしない。

そんな様子を見続けてくれば、流石に説教もたれたくなるってもの。


そして今、今度は単位制の学校に行くと言っている。

「高校の資格は欲しい。」と言うその志は認めるし応援する。

しかし今の学校であれだけ面倒見てもらってて、それでも課題もせずにこうなった奴が自主性に任せる状態の単位制の学校でやって行けるのかとても不安。

毎日でなく週1~2日の登校が出来るとか、午後からの登校が出来るとか、アカ姉の体調には都合の良い環境だけど、やはり課題をこなさなければ単位は取れないし、単位が取れなければ卒業は遠のく。

そして・・・・現実問題その学校に行く為の資金があるかどうか・・・

あってもそれを無駄に出来るだけの勇気が無い。

今の学校に行く時も、かなりの勇気が行った。

アカ姉の意気込みを信じて大金を使った。

こうなる事も覚悟していたけど、それはあくまで一生懸命やってダメだったら・・・と言うもの。

学校に行けなくても課題や提出物だけでもちゃんとしていたのなら、出席日数の影響の少ない単位制や通信制なら何とかなると思えるけど、今の学校でそれすらも出来ずに留年したのだからその期待も薄く思えてしまう。

それでも本人がどうしても行きたいと言うのなら、出来る限りの無理をしようと思っている。



ぎりぎりのこの時期になって、やっと学校探しをしているアカ姉。

聞けばかなり早くから先生とはそう話をしていて、学校を捜しておくように言われていたにもかかわらず、全くそれもしていなかった事を今日知った。


尻に火が付いてるぞ。

せめて火が付いた今からでも、何とか間に合うように動いてくれたらまだ望みはあるかな・・・・
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://akaneminirex.blog34.fc2.com/tb.php/602-b426af26
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。