上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日アカ母、会社の面接に行ってきました。

面接申し込みの電話するのに、受話器を握った途端怖気づいたヘタレ全開のアカ母。
「どうしよう・・・緊張する・・・恐い(何が?)・・・」とドキドキしながら戻す。
「とりあえず電話しよう!年齢制限書いてないから、歳言ったらその時点でアウトかもしれん。
年齢制限パスしたら、一応縁があったと言う事で、上手く面接OKしてもらって、奇跡的に採用されたらそれこそ縁があったぞ、ラッキー・・・と言う事で、流れに身を任せよう・・・
と一人ぐるぐる訳の判らない吉兆判断するかのように気持ちで、再度受話器を握りました。(^_^;)

まるで大好きな人に告白する乙女のごとく、ダイヤルプッシュした物の繋げる勇気がなかなか出ずに消し、またプッシュ・・・を数度繰り返し、意を決して通話ON!
今にも頭真っ白になりそうになりながら、電話のコール音を聞いていた。
電話の結果は「面接に来てください。」\(~o~)/
と言われ、まだ面接OKの返事だけなのに、ちょっぴりハイテンションになってしまってたりして・・・(^_^;)


電話するだけにあんなに緊張していたのが嘘のように、ダメ元覚悟で面接に向かうのもほとんど緊張もなし!・・・だったのはやはり行くまで。
いざ着いて事務所に入った途端、ジワジワと緊張が・・・
面接が始まった途端緊張がピークに!

ハイ・・・もう緊張しすぎて、聞かれる事に答えるので精一杯でした。
その答えもテンパっていたせいで、かなりトンチンカンな事言ってたかも・・・orz

話では広告の条件よりも良い!
ダメ元で行ったけど、受かると良いなぁ・・・と、今は切に思っています。

一応
「ダメだと思う人にはその場でお断りの返事させてもらっているんですが、好感触の方には後日返事と言う事にしているので、1~2日ほど待ってもらえますか?」
と言われたので、第一次審査は通過って感じ?

あぁ・・でも、この落ち付きの無さと現場から離れていた期間の長さがネック・・・
結果が出るまでドッキドキ。(T_T)
10代の頃の初めての入社試験の時を思い出す・・・
採用されたら喜びのあまり家の中で暴れて、子どもたちに
「いい歳して止めろ!」っと、罵られるかも。(^_^;)

後は運を天に任せるしかないな。
って言うか、神様に丸投げ!(爆)

10・23
投げたら神様に打ち返されるよ・・・
神様アカネ様、打ち返さないで!!

後から追加しました。
一時期仕事に出る事に対して色々悩み、結局アカ姉のサポート優先で家にいる事にしたアカ母ですが、今回意を決して就職すべく面接を受けに行きました。

正直今も本当にこれで良いのか葛藤しています。(受かってないけど)
なのに何故行動に移したかと言えば、それはアカ姉の後押しを受けたから。

朝起きられないからと母にSOSを出したアカ姉が、ここ最近は一時期ほど朝起きるのに時間が掛からなくなってきた。
それで自信を付け始めたアカ姉が
「なんとしてでも自分で起きて学校に行くから、お母さん仕事に行っても良いよ。」と言ってくれた。
言ってくれたけどその言葉に甘えて良い物か・・・

気持ちはあっても体が言う事を聞かなければどうしようもないと言う事は、母以上にアカ姉が一番良くわかっている。
そんなアカ姉の決意表明とも言える、母の就職の勧め。

「起きられなくても母が何とか起してくれる。
それはアカ姉にとっての安心感でもあり、母に対する甘えとも取れる。
そう言う状況から脱する為の決意?

告白しますが実はアカ姉、とうとう単位がギリギリになってこれ以上欠課が増えると留年との勧告を受けています。
切羽詰っています。
なのに母の助けを最小限にして、自力で頑張ると言いだした。

正直家計の事を考えると仕事に出たい気持ちでいっぱいのアカ母。
そんな中、たまたま目に付いた今回の会社。
家からは自転車で10分前後。
出勤は9時から5時。
それなら何とかアカ姉が遅刻しない程度の時間まで十分に起こせる。
しかもその後の面接での話しでは、忙しい時でなければ10時出勤でも良いと言う。
しかも終業も4時でも良いと言う。
学校関係の行事の時は休みや早退遅刻も問題無いと言ってくれている。
こんな好条件の職場は今後なかなか見つからないと思う。
そう思うと居ても立ってもいられなくなり、ドキドキしながらも申し込んでしまった。
なんとなく、分岐点のように思えます。
さぁ、結果はいかに・・・
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://akaneminirex.blog34.fc2.com/tb.php/537-552a6472
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。