上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋祭りを覗きに(って変な言い方ですが)行って来ました。

うちの校区で60年ぶりに復活したお祭りだと聞き、その地区の会長さんや役員さんには、いつもお世話になっているので、N姉さんと花代持って行って来ました。

盆踊りのように沢山の屋台や、沢山の人の賑わいもなくひっそりと、けど厳かな雰囲気のある祭り。

小さな広場に置かれたやぐらは60年前の物だと言う。
多少の補修は施されているらしいけどしっかりとした作り、木の艶からその古さは感じられなかった。

お囃子を奏でる太鼓と鐘。
太鼓は60年前の物で、直径1mは有に超える、一本の丸太をくりぬいた立派な物。

鐘には『室町○○~~』と刻まれていて、聞くとその時代の物だと言う。

その鐘と太鼓をアカ兄の同級生の女の子と、そのお父さんが叩いてくれました。
思わずじっくりと聞き入って、心が落ち着くのを感じました。

60年前の当時の祭りの参加者の貴重な写真も見せてもらい、その中に写る今現在既に60~70歳のいつも行事でお世話になる方々の、更にお父さん達の姿が映っていて、またその歴史を感じ、昭和20年代・30年代の航空写真までも見せてもらいました。

今はびっしりと住宅の建ち並んでいるその土地は、当時は見事に畑ばかり。
その事にも驚きましたが、姉さんと
「これ一体どうやってとったんや?」と、それ以上にその当時の航空写真がある事にびっくり。



本当に小さなスペースで、静かに祭りが行われているとすら判り難いものだったけど、その中に入るとその重みと言うか、厳かさに身が引き締まる思いでした。

毎年行われる、皆で盛り上がる賑やかな盆踊りも良いけれど、歴史の重みを伝えるこう言うお祭りも、後世のためにも大事に受け継いで残して行って欲しいなと思いました。

あ!写真撮って来れば良かった!!

10・14
相変わらず、間抜け・・・本当母は詰めが甘いね。
自己嫌悪に陥ってるから、止め刺さないでよ・・・orz
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://akaneminirex.blog34.fc2.com/tb.php/529-8c609fda
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。