上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.09.03 お泊り宿題会
今日からやっと新学期が始まった~~~

土・日が入ったため、例年とは違い遅めに始まった新学期を迎えたアカ兄。

アカ兄は夏休みの終わる3日間で、溜まりに溜まった宿題を、友達と我が家でお泊り宿題会を敢行し、ほぼ徹夜でやり遂げて、寝不足状態にも拘らず、朝から茶碗山盛りのご飯を平らげていた。
同じ寝不足の友達は「何で朝からそんなに食べれるん?見てて気持ち悪くなる・・・」とアカ兄の食欲にげんなりしながら、味噌汁だけすすって行きました。(^_^;)

「そんな寝不足で今日のクラブ無理違うん?」と言うと
「全然大丈夫!クラブ行くし!
「お前、化け物?!」と帰宅部のその友達に突っ込まれつつ、晴々とした顔で登校して行きました。
アカ兄のOD騒動このまま終結してくれることを祈ります。

にしても・・・あれだけ口うるさく言われながら、よくそんだけの量の宿題放置していたもんだ!と、ワナワナ来てます。
まぁ、結果的に終わらせたから良しとするけど、ほぼ徹夜状態のお泊り会には物申す!

9・3
兄も困ったもんだね・・・姉だけじゃなく兄にも一言言っとこうか?
言えるのなら言ってほしいよ・・・
一応月曜日から母に脅されてやっとたまりに溜まった宿題のラスト・スパートに入ったアカ兄。

金曜日も朝10頃になって「宿題せな・・・」と言いながら朝ごはんをモソモソ食べていると『ぴんぽ~ん』とチャイムが。
出ると女の子2人と男の子1人が立っている。
よく見るとアカ兄の友達。
「何~?」とアカ兄が出ると
「さっきメールしたやん・・・見てないん?皆で宿題しようって言うてるねん。アカ兄も来い!」
自室に携帯を放置していたので、メールに気が付かなかったアカ兄。

「え・・・オイラ今飯食った所でまだ何もしてない・・・
「待ってるから早く用意しろ~」
と言う事で、慌てて準備して、友達の家で宿題会。

その後夕方になって急に
「あんなぁ、宿題判らん所あるから△と教え合いながらやった方が出来るし、△泊めて一緒にやっても良い?」と言い出した。
ちょっと待て!母にも都合ってもんがある。
毎週の行事でだらけきって、家の中はグチャグチャ。
今からそんな短時間で片付ける気力は無い。
「えぇ~・・・」と言いながらも、まだ休みも2日あるし、今年の夏休みはどこにも連れて行っていないのもあり、最後の思い出として許可しました。
家の荒れ様は△には口外するなと釘刺そう・・・


許可した物の、一日だけと思っていたお泊り宿題会。
アカ兄に押し切られて結局3日間・・・
その3日目を許可するに当たり、かなりの討論会を行いました。

まずアカ兄たちの言い分・・・・
「あんだけあった宿題が△らと一緒にやったから、こんだけの量終われてん。
一緒にしてなかったら、解らん所は出来ひんかったし、集中力持たんでほとんど終わってないと思う。
△とやってても途中で本読んだりダラダラしてる時もあるけど、どっちがが気が付いて『あかんやん、やろう!』って言うて始めたりしてる。
だから後もう一日お願い!!

母の言い分・・・
「そもそも夏休み前から早くやっとけ、ってお母さんは何度も言ってたはずや。
やのにこの時期でほとんど手付かずって言う時点でおかしいやろ。
友達と一緒でないと出来ひんなんておかしい。
宿題や勉強は基本自分一人でやるもの。
友達と一緒に泊まりでしてたら楽しいやろうけど、こんな状態になるまで放置してた事反省するなら、そんな楽しみ味わってんと、一人でやり遂げるくらいの反省の色見せても良いん違うか?」

互いの言い分は互いに判るけど納得行かないと、膠着状態。
しかしアカ母、朝は5時起きで夕方まで炎天下で動いていた疲れもあり、いつも以上にアカ兄とやり合う気力は無かった。

結果、宿題の進み具合を見て、確かにあれだけ残っていた宿題が、見事にほとんど終わっている。
しばし考えて妥協案を出した。

「宿題の成果は認める。でも色々と納得いかん部分があるのを忘れるな。
条件は付けさせてもらうけど、一応お母さんは今回はOKしても良いと思ってる。
でもそれは△のお母さんの意見聞いてからの話。
△のお母さんの意見によっては、今回は諦めてもらう。」
その言葉に喜ぶアカ兄たち。

アカ兄だけ呼んでもう一言。
「でもな、今回のやり方は納得いかん。
家は何の準備も出来てないのに、その日にいきなり『泊まり』を言われて、しかも3日も。
それでなくても他所の子預かるのは親は気を使うもんやねんで。
預ける△のお母さんも気使うはずや。
気心知れてるもんでもそれなりに気使うのに、△のお母さんとは挨拶くらいしかせんのに、正直めちゃ気使う。
それでなくてもお母さんは今日も暑い中動いて疲れてる。
ほんまやったら即却下や。
確かに判らん所教え合ってやるのは悪い事とは思わん。
試験前とかに勉強会するのは良いけど、泊まりは今後は許可せえへんから。
ましてやこんな自業自得の状態でなんてもっての外や。
これからもし友達と一緒に勉強するなら夕方6時まで。
ご飯とか寝るのはお互いに自分の家。
楽しむ為のお泊りは多少は認めるけど、こっちの予定もあるから、せめて2~3日前に申告して。
泊まるのは翌日休みの日限定。
かと言って頻繁には無理やから。」

正座をしながら母の言う事を黙って聞いているアカ兄。
その後△の母に電話をして、
『2日もお世話になって申し訳ないのにあかん、って言うたらなんかごちゃごちゃ文句言ってたんですけど、聞くと長くなるんで帰っておいでとだけ言って電話切ったんですよ。』と言われた。

どうしたものかと一瞬考えながら
「そうですか。うちは可哀想なくらい何の世話もしてないんで逆に申し訳ないくらいほったらかしだったんですよ。
で、見てたら一応あれだけあった宿題もちゃんと進んでいて、残りももう少しになってるんですよ。
本当なら自業自得だから却下してお泊りは無しにしようかと思ったんですけど、残りの分が判らない所が多いらしくて、一緒にやれば教え合って出来るって食い下がるもんで、そちらさえ良ければ子どもたちには甘くなりますけど、今回だけは許可しても良いかなと思っているんですけど、どうでしょうか?」
と話してみた。

そしたら
『ちゃんとやっていて、そちらがご迷惑でなければ甘えさせて貰っても良いですか?』と言われたので、今回までは最後の最後、夏休み最後の思い出出血サービス!と言う事で、泊まりで宿題の追い込みとなりました。

一応二人並べて
「今回は大アマやねんで。そもそもこの段階でそんだけの宿題放置してた事事態おかしいって事忘れるな。
次ぎ、同じ状況になってもこういうお泊り宿題会は無いから。」
と釘を刺しました。


正直な所、母は心身共に疲れました。
アカ兄達は満足そうだったし、宿題も終わったのでOKと言う事で・・・

でもやっぱこんなのは今回限りにして欲しい・・・
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://akaneminirex.blog34.fc2.com/tb.php/509-4661c429
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。