上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日の祭りの日、中学校の校長先生と話す機会があり、まさか・・・と思いながら【起立性調節障害】の事を聞いてみた。
『ご存知ですか?』と。

今まで学校に話をしに行っても手応えは無かったけど、担任にも話してあるので当然校長先生も名前くらいは知っているだろうと思っていた。
アカ姉が・・・と言う事は知らなくても、ここ最近【起立性調節障害】に関する情報があちらこちらに出ているし、何より一番そう言う状態の子が多く集まる現場にいる人なので、【起立性調節障害】の事は知っているだろうと思っていた。

所が校長先生は
「いえ、初めて聞きます。」と、【起立性調節障害】と言う名前すら知らないと言う。

「当時の担任にはその事は相談されましたか?」と聞かれ
「はい。診断書も提出しましょうか?とも言いました。」
「診断書までいりませんが・・・おかしいなぁ~、担任の耳に入れば、こちらにも報告する事になっているんで、私が知らないはずないのになぁ・・・」と校長。

・・・何?担任は報告してなかったのか?

「もう卒業しましたが、うちの子は1年半その病気で、一時期不登校にもなりましたし、卒業までは教室にも入れずに別室登校と言う状態にありました。担任の先生のおかげで、うちの子は何とか希望に沿った高校に入学させてもらえましたが、今も今後もそう言う子は増えると思います。なので出来ればそう言う病気があると言う事は把握しておいて欲しいと思いまして。この病気はパッと見は怠け病にしか見えないような所はありますが、実際に血圧が上がらずに、頭痛・腹痛・倦怠感などの症状があって、酷ければ失神する子もいるんです。うちのように病院に掛かっていればまだしも、中にはちゃんとした診断を仰がずにいる子もいると思います。最近新聞なんかでも取り上げられている物なんですけど、ご存じないですか?」
そう粗方の説明をすると
「いや~聞いた事ありませんねぇ・・・」

・・・・・・・・

「この病気はストレスに敏感に反応するので、周りの言葉ひとつで体調が左右される所もあるんです。
過保護に守れとは思いませんが、少なくとも先生方がそう言う病気への理解があれば、もう少し対処法も変わると思うんですけど。
実際うちの子、担任の先生は理解を示してくれていましたが、他の先生からは『サボリ』と言われたり、プレッシャーを掛けられて、かなり辛い思いをしていました。知らなければそんな言葉も出ますよね。」

「なるほど・・・」
・・・・・その程度の反応か・・・・まあ、ワイワイとにぎやかな祭りの場でするのは、場違いな話のような気はするけど。

一度校長室でも学年主任・担任とで話をした時も、会話には入ってこなかったものの、校長先生も同室にいた。
確かに大勢の生徒や保護者と関わる立場にいるから、そうそうすべての事を記憶していられないとは思うけど、それにしても・・・・

その場では「今度その手の資料を持って行ったら、目を通していただく事は可能ですか?」と聞き、先生も「はい」と言ってくれたが、話し終えての感触は話をしに行っても反応は薄そうだと感じ、今はその気は無い。
行っても「うるさい保護者だなぁ~」程度にしか思われそうにも無いし。(-_-;)

ますます学校に対する期待は無くなったかも。

8・1

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://akaneminirex.blog34.fc2.com/tb.php/473-8c17828e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。