上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝からアカ兄とバトル・・・
原因は携帯電話。

入学当初から隙あらば携帯を学校に持って行こうとしていたアカ兄。
最初はボディーチェックして取り上げていた。
その内
「何でオイラだけ?お姉ちゃんは持って行ってたのに!」と来た。(-_-;)

そう・・・実はアカ姉は持って行っていた。
元々小学生の頃に「物騒な世の中、安全の為に持たせよう。」と言うダンナの言葉でアカ姉に持たせるようになった。
でもそれは学校から帰ってきて遊びに行く時だけ持たせていた。

中学に入ってからも、やはり学校には持って行っていなかった。
しかし小学校の裏と言う通学距離にも拘らず、僅かに延びた中学校の通学路では、呆れるほど変質者が出ていた。
ODで遅刻して行く事が多いアカ姉も、通学中に車から
「遊びにいかへん?」と声を掛けられたりもしたと言う。
それと途中で体調が悪くなった時の緊急連絡用に・・・と言うのもあって、
「絶対に緊急時以外は出さない事!」と言う約束で持たせていた。
多少コソコソ仲間内では出していたようだけど、公にはしなかったし、学校や母友にはバレた事は無かった。
それだけ注意を払って所持していた。


そう言う説明をするとアカ兄は
「オイラも最近眩暈とかするし、絶対に緊急時にしかつかわへんから!」と懇願。

『こいつは信用ならん所あるしなぁ・・・それにアカ姉ほどひどい状態ではないし、体調悪くなれば学校から連絡はしてもらえるから、そのために持たせるってのは本来納得出来んし・・・』
と、渋っていたがなおも食い下がるアカ兄。
『男の子とは言え最近の変質者は男女関係無く、手を出すのは事実。増してやコンパクトなアカ兄は簡単に拉致られそうだしな・・・』と、根負けして
「絶対に学校では出すな。しんどくなったら学校から連絡してもらえば良い事やし、持たせるのは登下校の安全の為や。出して良いのは緊急の時だけ。それと帰宅時間過ぎても帰ってこなかった時にお母さんがナビで居場所確認する為に持たせるんやから。もし学校で出したりしてたら速攻禁止するから。」
と言って渋々許可した。

7・6
う~~~む・・・
なのにこの2ヶ月の間に参観に行けば母友から
「アカ兄携帯持ってきてるらしいな。」と言われ、
買い物や電話でおしゃべりしている時にも何人かから指摘された。

その間いきなり取り上げるとまたガンガン拗ねまくるし・・・と思い、2~3回注意をして
「いい加減にせな判ってるな。」と脅しをかけてチャンスを与えていた。(甘いよなぁ・・・

なのに再びアカ兄懲りもせず学校で使っている事が発覚。
しかも写メまで撮っている。
流石の母も限界。
夕べ説教をして「明日から携帯持って行くの禁止!」と言い渡した。

そして今朝、学校に行こうとするアカ兄を捕まえて
「携帯出し。」と言うと、
途端に「はぁ~?」と、不機嫌モード全開。
当然その反応に母は『プッチ~ン!』。

「あんた昨日あんだけ説教されてまだ判ってへんのか?ってか、『説教たれてるけど結局は持って行っても大丈夫。』なんて舐めた事思ってたん?
今まで何回チャンスやってると思ってるねん。なのにあんたはそれを裏切り続けて。ほんまなら一回目にばれた時に取り上げてる物やのに、3回は見逃してるんやで。
それかって周りから『持ってきてる』って2~3回指摘されてから1回あんたに注意するって言う甘い事してるねんで。
いくらなんでも限界や。拗ねる・逆切れするなんておかしいやろ。
持たせてたのはお母さんなりに考えて、あんたも約束守るって言う事前提や。
今の状態じゃ学校から言われたら『安全の為の物で、本人も必要の無い時には出してないし、周りにも持っていることを悟られないようにしています。』って言う事も出来んし、学校から指摘された時点でそんな言い分通らん。
どうしても持っていかなあかんのやったら学校の許可とって来い。
玄関で座り込んで歯を食いしばりながら泣くアカ兄にそう浴びせた。

その間アカ兄は無言。
自分のしている事が正しくない事、母の言い分のすじの通っている事、それらは判っているけれども、それでも納得出来ないと言うやつだろう。
ようは我侭全開。

「とにかく携帯は渡さん。それ所か反省もせずにそんな態度とり続けるなら、携帯事態取り上げる。元々の使用目的間違ってるし。これ以上そこで粘ってても説教続くだけやで。」と言っても動かない。
しまいには
「頭痛い!」と言って泣き出す。
カッカ来て頭に血が上ったか・・・

もう呆れて言葉も出なくなった。
何でここまで聞き分けの無い奴になったんだ?
どんどん我侭増してないか?
なんだかお先真っ暗・・・とまで思えてきた。

その惨状を見ていた、既に遅刻決定のアカ姉。(こいつはこいつで・・・
「ほら、学校行くで。自転車で学校まで乗せて行ったるから早く出。」と、それでもなお渋るアカ兄を無理やり立たせて学校に連れて行ってくれた。
あのままの状態が続いたら母はもっとキツイ言葉で責め続けていただろう。
下手すると手・足が出ていたかもしれない。

きっと道すがらアカ姉は「アホやな、あそこはこう言うとけば良いねん。」と、宥めついでの入れ知恵している事でしょう。(^_^;)
ただでさえ悪知恵働くアカ兄に、これ以上変な知恵つけさせないでほしいんだけど、反面アカ兄の逃げ場になってくれているんだと感謝もしています。

に、してもアカ兄・・・
その考え性格どうすれば矯正できるんだ?
それとも最近の子って皆こんな物なの?(T_T)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://akaneminirex.blog34.fc2.com/tb.php/453-4fc1349d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。