上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
午後3時30分。
やっと制服に着替えて行くのかと思って時間を見ると、既に終礼すら間に合わない時間。

なんかねぇ・・・昼過ぎにやっと動き出したものの、TVを見て笑っててたり、母に話しかけたり、母もその話に乗って盛り上がっちゃってたり・・・
ダラダラとまるで時間稼ぎか?と思える準備の仕方。
「バイトに行きたいなら、遅刻でもいいから、せめて終礼だけでも良いから学校に顔出せ。」と言うと
「・・・・」無言。
アカ姉やっと行きました・・・バイトへ。(-_-;)

しんどいのは判るし、仕方が無いとは思っても、バイトにはせっせと行くのを見るとねぇ・・・(*´Д`)=3ハァ・・・
ま、もうちょっと見守り体制頑張るか。

そのアカ姉の友達の話し。
最近アカ姉の口から時々出てくるCAちゃん。
アカ姉と同じ症状かどうかは判らないけど、アカ姉と同じく遅刻・欠席状態の半不登校状態。
普段良くメールのやり取りをしているらしい。

6・26
ん・まぁ~~~いやっぱ生野菜は最高!
そのCAちゃん。
家に居場所が無いと言う。
行くのが辛い学校の方がまだ居場所があると言う。
一緒に帰ろうと言っても
「家に帰るの恐いから、もう少し保健室で時間潰す・・・」と言って帰らないらしい。

あくまでもアカ姉がCAちゃんから聞いた話で確証はありませんが・・・
学校に行けないCAちゃんに親御さんはかなりの罵声を浴びせ、場合によっては手や物も飛んでくるとと言う。
挙句『死んで!』とまで言われたとか。(アカ姉が本人に聞いた話し)
そんな環境が辛くてリストカットを繰り返していると言う。
その話しが全て寸分違わず真実ならば、あまりにも悲しく辛すぎる。
出来る事ならCAちゃんの親御さんに直談判したい。
しかしヘタレなアカ母にそんな事は出来るはずも無く・・・
アカ姉が先生にその話をした時も先生は
「それは実際に見たものじゃ無いやろ。
親の言い分もあるやろうし、様子見るしかないな・・・」と言われたらしい。(先生なりに向こうとは連絡は取っているだろう)

そんなCAちゃんを何とかしてあげたいとアカ姉は
「うちに泊めてあげたらあかん?」と言った。
悩んだ・・・
そうさせてあげたいのは山々だけど、私はそのCAちゃんの親御さんを全く知らないし、CAちゃんの状況もアカ姉から聞いているだけで実際の所は判らない。

「泊まるのは向こうの親がOKなら良いけど・・・とりあえず遊びにおいでって言ってあげれば?」と言うと
「それやったら帰るのが辛くなると思う。
楽しい時間の後であの家に帰るのはますます辛くなるってCA言うねん。」と。
「じゃあ夏休みとかに泊まりに来たら?でもそれでも親の許可はとらなあかんけどな。」
「うん・・・考えとく・・・聞いてみる。」


リストカット・・・
その行為をする人にも色々ある。
本当に死を考えてする人。
自虐行為でそれをする事によって生を確認する人。
同情を引きたくてする人・・・その他色々・・・

アカ姉は
「CAは少なくとも同情を買うためにやってはいない。」と言う。
「同情を買いたくてする子はわざとそれと判るように晒してたり、隠しててもそれを指摘してもらえるような行動や言動をしたりするもん。」と言う。
確かにそれは無きにしも非ず。
ならば事態はますます深刻ではないか。

正直うちも我が子の事でいっぱいいっぱいではあるけれど、もし叶うならCAちゃんのお母さんと話が出来たらなぁ・・・と考えたりもする。
考えるけどやっぱりヘタレなアカ母にそれを行動に移す勇気は無い。
もし話せたとしても口下手なアカ母が、上手く話しを振れる可能性は低い。
何より何とかしてあげられる保障はもっと低い。

でもね・・・やっぱりね・・・
CAちゃんのお母さんが悩み苦しんでいるとしたら、誰でも良いから吐き出したいと思っている状況だったとしたら・・・
そんな[私って何様?!」とも思える、お節介な事をぐるぐる考えてながら、自分の無力さを感じるアカ母です。(-_-;)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://akaneminirex.blog34.fc2.com/tb.php/445-3cb087b5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。