上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.12.23 サンタの行方
やってきましたクリスマス!
この時期プレゼントに頭の痛い事・・・
何を血迷ったか子どもが小さい頃、「これはお父さんとお母さんから。」と言って渡す分と、夜中にこっそり枕元に置いておく「サンタさんから」のプレゼントを二つ用意してしまいました。
大きくなれば要求もランクアップすると言う事も考えずに・・・
でも子どもたちは素直に信じていたので止めるに止められず、バラし時を考えあぐねていました。

そんな折、娘が小学校6年生の時に
「お母さん・・・ほんまはサンタさんもお父さんとお母さんやってんな・・・」と言ってきました。
「え?・・・いや・・・なんで?」と聞くと、
その年のクリスマス、プレゼントを渡す前にダンナが帰宅して大きな声で
「おぉぉい!下着~」と言ったせいで娘は目が覚めてしまったらしい。
そうとは知らずに私はこっそり子供部屋に入って、ツリーの下にプレゼントをセッティングしてしまった。
寝た振りしながらそれを見ていた娘は、私が置いたそのプレゼントの包みが毎年サンタがくれる物だったのを見て、真実を知ってしまったようです。(おやぢのアホ~)
娘は
「学校で聞いてて、そうかも・・・と思った事もあったけど、サンタさん疑うの嫌やったから信じてたのに、ショック・・・」と言われました。
可哀想な気もしたけど、良い機会でもありました。
これを期にサンタからもらえるのは小学生の間までと言う事になり、娘も
「そうやな ま、中学生にもなってサンタ信じてるのもなぁ、って思うし。これからはお父さんらからだけで十分や。」
と、我が子ながら感心するような事を言ってくれました。(/_;)
しかも
「こっちは6年まで信じさせてもらってんから、アカ兄(弟)には6年まではサンタしてあげて。」とまで言ってくれました。

なので去年から娘へのプレゼントは1つだけ。
そんな姉を見て息子は
「何でお姉ちゃんはサンタから無いの?」と聞く。
「お姉ちゃん中学生になって大人に近くなったから、もうサンタさんけえへんねん。」と弟に説明していました。
「じゃあ、オイラも中学になったらサンタけえへんの?」
「うん。でもサンタも大変やから、しゃあないやん。」と弟の説得までしてくれました。^^;
なので今年も娘へは一つだけ。
でもやっぱり金額に差が出るのは可哀想なので、息子が小学生の間は差額分をこっそり他の物を買うか、今年は現金を渡しています。
現金って言う所に抵抗はあったようですが、今年のスケジュール(友達との付き合い)から行くと現金の方がどう考えても良いと娘も諦めたようです。
あともう1年、そうすれば息子の分も一つになるから財政は楽になる!

ただ・・・何かと現実的なあの息子が、娘のようにいまだにサンタを信じてるのが本当かどうかは疑問な所ではありますが・・・
姉の「信じひん子の所にはサンタは来ない!」の言葉に口噤んでるだけかもな。
大根の葉っぱ
 『ツリー』ムシャムシャ・・・で無く大根の葉っぱです。^^;
アカネにもプレゼントあげるね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://akaneminirex.blog34.fc2.com/tb.php/43-29283960
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。