上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.05.01 試練
G・W突入~~~
だけど子ども達は連休真ん中に学校がある。
微妙よね。(^_^;)

高校生になって楽しく学校に通っているアカ姉ですが、普通に授業が始まりだした途端またもや・・・orz

学校は、クラスは楽しくて仕方が無い様子。
中学校のように平気で人をいじめる子もいないし、授業を邪魔するような私語も立ち歩きもない。
女の子ばかりでワイワイガヤガヤ・和気藹々と楽しいらしい。
「3年間ずっとこのクラスやったら最高!」と言うほどに。

しかしまともに学校に行っていないアカ姉にとって、やはり勉強は厳しい。
特に数学。
どうやら担任の先生も数学担当らしいけど、なぜかアカ姉のクラスは別の先生が受け持っているらしい。

数学の時間担当の先生が
「この問題、これ解らんっていう奴はまさか居らんよな~。中2の問題やもんな。」と言った。
皆「アハハ~~」と笑っている。
アカ姉は
『笑えねぇ・・・全く解らない・・・』と一人焦っていた。

その焦りはやはり精神面、身体面に出る。
最近遅刻が増えつつある。
そしてまたもや
「うぅぅ・・・学校行きたい・・・いかな~~」ともがきながら休む日も出始めている。

そんなアカ姉の状態を担任に相談した。
「最近勉強面の不安からか、また症状が出始めて、遅刻欠席をするようになってきています。」と。
「そうですね・・・その辺はフォローしますんで安心してください。そう状態での遅刻は、私の方に連絡もらえれば、遅刻扱いにしないように、生活指導の先生にも報告してありますから。彼女は正直ですから、寝坊の時はちゃんと寝坊したと言いますし。(^_^;)」と言ってくれました。
ちゃんと理解を示してもらえる事がとても嬉しい。

その後勉強面での相談もし、その時の事をアカ姉に
「担任の先生に『それと、もしかしたら中1からの勉強すら解らないかもしれません。』て相談したら『そう言う子結構いますから、大丈夫ですよ。』って言うてたよ。皆言わんだけで、あんたみたいな子結構居るらしいで。」とフォローする物の、当のアカ姉にとっては辛いことに変わりはない。

中学の時のように
「無理していかなくて良いよ。」とは軽く言えない。
この高校を受験すると言い張るアカ姉に
「そこに行くなら今までの甘えは許されないよ!」
「判ってる!」と言い合いをしてまで望んで行った学校。
その認識の甘さをアカ姉は今、嫌と言うほど噛み締めているだろう。
だから母はいくら喉元まで出ていても
「だから言ったやろ!母の言う通りに○○校にしとけば良かったのに!」とか
「あんたが自分で行けるって言って行った学校や。」などとは言えない。
そして「行かなくても良いよ。」とも言えない。
ただひたすら愚痴を聞いて、余計な事を言わずに見守るだけ。

今朝も母の背中をパタパタ叩きながら(叩かれてもなぁ・・・)
「学校~~~行きたい~~~いかなぁ~~~行かせろ~~~(自分の腹に向かって言ってる)あぁ・・・お腹痛い・・・内臓取り替えてぇ~~~」と芋虫状態で唸りながら結局休んだアカ姉でした。(^_^;)

もっさり後頭部

ますますもっさりとしてきた後頭部
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://akaneminirex.blog34.fc2.com/tb.php/406-1131b6ff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。