上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気が付くと卒業式まで後2日!
母は着ていく服すら準備していなかったりして・・・(^_^;)
一応今ある服で良いか~、と思っているので無くは無い。
しかし・・・着たは入らないはの可能性はある。
とりあえず後で着てみよう・・・

卒業文集、結局家で打ち込んでプリントアウトして持って行きました。
母が学校に乗り込んだ事、友達が見ていてしっかりアカ姉の耳に入っていました。(^_^;)
それでも母は
「あぁ、K母の付き添い。門が開いてるかどうか不安・・・って言うからさぁ。」
と誤魔化した。
「担任に会った?」と聞かれ
「うん。忙しそうやったから挨拶だけしたけど。」と言うと
「ふ~ん・・・」
・・・う~~ん・・・感付かれた?(^^ゞ
ま、良いかぁ~。

今日もアカ姉は頑張って遅刻ギリギリで登校して行きました。
約束は『3学期はちゃんと教室に出る。』と言うものでしたが、何だかんだとやっぱり反故状態。
それでも卒業まで後数日と気が付いたのかアカ姉は、卒業までの僅かな日数だけでも、遅刻をせずに登校して教室にも行く事をしようと頑張る事にしたようです。

「あんなに早く出たいと思っていた中学校も、卒業となるとやっぱりちょっと寂しいかも・・・」
と、感傷的になったりもしています。(^_^;)
それでも
「ちゃんと学校に行ってれば良かった。」とか「もっと頑張れば良かった。」と言う言葉は出ない。

それはアカ姉自身、本人なりに頑張っていたからなんだろうと思う。
頑張って、頑張って、それでも何とも出来なくて、必死で這い上がろうと努力した。
傍から見れば『甘い』とか『サボってる』と思われていただろうけど、事実アカ姉は悩み足掻いていた。
それだけは本人も母も認めている。
周りが認めてくれなくても・・・

だからまともに学校に行けなかった事は、悔しいし悲しいけれど、本人なりに必死で前に進もうと頑張って、本人なりに色々と学んだ物があるから、自分の行動に大きな後悔がないから、『ああしていれば』『こうしていれば』と言う後悔の言葉が出ないのだろうと、母は思っている。
それで良いと思う。
この後の高校生活でそれが少しでも生かせて、自信に繋がる事を祈る。

でっぷり・・・

う~~ん・・・でっぷり・・・
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://akaneminirex.blog34.fc2.com/tb.php/385-2964236a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。