上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.01.12 試練
受験にあたって
教室に出る事が条件」と言われて、
任せて!」と、調子良く返事をしてきたアカ姉。
あれから2日・・・やはりまだ行けてないようです。(^_^.)

夕べも
「はぁ~あ・・・いかなあかんのは判ってるし、行こうとは思うんやけどなぁ・・・
教室のあの雰囲気がしんどいねんなぁ・・・
「何か言われるわけじゃないんやろ?無視されるわけでもないんやろ。」
「まぁな。でも、変に話しかけられるのもうっとおしいし、話しかけられん時もあるし。話し掛けんのやったらそっとしといてくれたら良いのに、人が帰ろうとしたら『あかんで!』とか言うて引止めに来るし。あれが判らん。

多分 友達はアカ姉の事を思って引き止めてくれてるのかもしれない。
ただ いちいちそう言う時(帰ろうとする時)だけ過剰に反応・・・
アカ姉にとっては、ありがた迷惑な偽善めいた行動に見えてしまうのかもな。
引き止められて嬉しそうに留まれるなら、とっくの昔にまともに学校に行けてるのだろうと思う。
それが出来ないから苦しんでいる。
大人でもなかなか理解出来る人はいないのに、中学生でその心理を理解出来る子はいないだろうな。

引き止める友達にしても、『偽善』のつもりでやってはいないと思う。
その子たちなりにアカ姉の事を思ってしてくれているのだと思う。
そんなこんなを思い、色々とアカ姉にアドバイスをしたい所だけど、きっとアカ姉自身友達のそんな気持ちも理解しているだろうと思う。
それでもそれに応えられる余裕は無い。

「来週は頑張って教室いかなな・・・」と言うアカ姉。
本当なら「無理して教室行かなくても良いやん。」と言ってやりたいけど、教室に行く事を高校受験の条件として出されて、それを受験出来る喜びで舞い上がったのもあったのだろうが、「任せて!」と言ってしまったアカ姉は自分の言葉に責任を持たなくてはいけない状況にいる。
叱咤激励したい気持ちを抑えつつ、余計な事は言わずに「そうやなぁ~」と流すのが精一杯な母でした。

こっちでも・・・
姉の部屋は物がいっぱいだから、探検するの楽しい~~
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://akaneminirex.blog34.fc2.com/tb.php/361-43c4adc7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。