上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日はアカ姉の懇談でした。
最近の体調不良にあわせて、夕べから風邪気味だったアカ姉は、朝から何とか登校しようと踏ん張りながらも結局、今日は学校を休みました。
そして懇談も母だけで行きました。
予定の時間より前の人がおしていたので、廊下でボ~~っとしながら、どの辺りから話そうかと思案。

やっと前の人が終わり、懇談開始。
まずはアカ姉の状況。
最近また体調が悪化しだしている事を伝えた。
学力の方は予想通り。
ただ、全く登校していない訳ではないので、一応評価はついている。

担任の意見は、出来れば合格の可能性が高く、入学後のフォローもしてもらえる【専修学校】を勧めたいと言う事。
どうしてもアカ姉が普通の私立(中学校と同じようなシステム)をと言うのであれば、まずは学年教師との話し合いで意見を仰いで、受けさせても可能性があると思われれば、先生の方から希望校に連絡を取り、アカ姉のような状態の子のフォローは可能か確認をし、受け入れ態勢があるかどうかの確認をして、OKならば受験させてみてはと思っていると言う事。
ただ普通の私立となれば、基準は学力なので、合格の確率は低い。
専修学校ならば、まじめにコツコツ頑張る子を認めて受け入れてくれる。
その点ではアカ姉は保障出来る、と先生。
入学後も公立よりも私立、私立よりも専修学校の方が、より安心なフォローをしてもらえる。と言う事。

私もいつも相談に乗ってもらっている方からの情報で知った学校の事を相談した。
先生もその学校は知っていた様子。
「こういう学校の方がアカ姉さんには良いと思うんですけどね・・・ただ本人がね。」

私も感じている事を先生も感じている。
アカ姉が拘っている事を。
ただその拘りは、現実逃避からきているように感じる事。
今現在アカ姉の希望通りに事を運べば、今は何とかアカ姉の精神状態は楽だろう。
でも実際に受けて落ちた時、もし受かっても入学後は今以上の厳しい状況が待っていると言う事を、辛くても本人に認識させなくてはいけないのではないかと言う事。
】だけでなく【今後】の事も理解させなくてはと言う事。
無理やりこちらの考えている学校に入れる事は、避けたいと互いに思っている。
でもそれにはまずアカ姉が聞く耳を持たない事にはどうしようもない。

薄々感じていた事もある。
私の情報は殆どがアカ姉からのもの。
その偏った情報で、私自身正しく物事を見れていないような気もしている。
その辺も踏まえて
「私はアカ姉からの言葉でしか学校の動きは把握できません。アカ姉から聞く話だけでは正しい判断が出来ない所があります。」
そう言った私に先生は
「私に任せてもらえませんか?まずはアカ姉さんと話をする時間を持ちます。午前中はどうしても授業の関係で時間が無いので無理ですが、放課後何とか学校に来るようにできないでしょうか?その日は朝から無理して来なくても良いです。とにかく私と話す時間を作って欲しいと思います。」そう言った。

今までの電話でのやり取りや、アカ姉から聞く話での判断では、もう既に見捨てられていると覚悟していた。
とは言え正直、今までの不信感は完全には拭えていない。
それでも肝心なアカ姉が、なかなか現実を見ようとせずに私との話もまともに出来ない今、先生の出方を見てみようと思った。

ただ、今一度アカ姉の病気の事への理解を求めた。
頑張れば頑張るほど悪化する物だと言う事。
今現在もまた症状が悪化しだしている事。
けして逃げてばかりいる訳ではなく、身体が言う事を聞かないと言う事。
どの程度聞き入れてもらえるのかは、かなり不安が残るけど・・・

とりあえず夕飯後、かなり調子の良くなっていたアカ姉に話をした。
「先生があんたとちゃんと話す時間が欲しいって言うてたで。
昼間無理なら放課後何とか学校に来て欲しいって。
どうしてもあんたの言う学校に行きたいなら、それも考えるって。
ただその学校を受けて、何とか合格しても、ちゃんとついていけなかったら意味は無いやんか。
高校となれば今みたいな状態はまず許されないって事を理解せなあかん。
遅刻も早退も今みたいに出来ない、別室も用意してくれない。
それにあんたが耐えられるか。
あんたの言う学校はそれを受け入れてくれる体制は無い。
そう言う現実はちゃんと理解せな、後でしんどいねんで。」
母の言葉をうつむきながら聞くアカ姉。
いつもの聞いてる振りして(実際聞いてるんだろうけど)、頭で理解する事を拒否している状態。
果たしてこの状態から抜け出せるのか・・・

ナメナメしてあげる
ナメナメして癒してあげる
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://akaneminirex.blog34.fc2.com/tb.php/330-050ceba0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。