上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近再び症状の出始めているアカ姉。
またもや明け方4~6時頃にならないと寝付けないらしい。
なので必然的に起きれるのは昼前後。
日曜参観の代休の今日も、何とか12時過ぎに起床。
「ずっと調子が良かったのに、何で~~~」と思ったものの、今まで体育祭や文化祭といった、アカ姉的には多少の苦悩はあったものの、まだ楽しい部類にはいるイベントの多かった時期が終わり、中学3年生【受験生】と言う逃れ様のない現実をいやでも感じざる終えない状況になって来たのかな。


それに加えてアカ兄の中学受験。
母としてはアカ姉を蔑ろにする気は無くても、これまた必然的に自ら勉強をしようと自分から塾に行く事や、模擬試験を受けたり、志望校を決めて説明会に行こうと言う意欲満々なアカ兄の手助けに追われてしまう。

そんなアカ兄の様子を見ていて、アカ姉としてはきっと焦りは加速していると思う。
塾に行こうにも精神的に塾を受け付けない。
勉強しなくてはいけないと判っているけど、気ばかり焦ってそれもままならない。
ただそれを表に出せない性格のアカ姉は、多分自分の中に抱え込んでしまっているんだろうと思う。
なのに思わずジリジリして余計な事を言ってしまう母・・・(-_-;)
「ダメだ・・・落ち着け、アカ兄とは違うんだ。」
と自分に言い聞かせて、何度目か判らない『黙って見守る!』決意を抱いています。

母もアカ姉に対しては塾や模擬試験は当然無理だから言わないけど、
「この高校は?一度説明会行ってみいひん?」と、不登校だった子も受け入れてくれる体制のある学校を勧めて提言しても
「え~・・・嫌。今度友達とK女子の見学会自分で行くから。」と拒否。
「じゃあお母さんも一緒に・・・」
「自分で行くから。」と母が行く事も拒否。

今までいくら言っても動こうとしなかったアカ姉が、母の協力は拒否しながらも一応学校見学だけは行こうと動き出した。
考え様によっては自分で捜して自分の目で見て、自分で決めた事で、アカ姉に自信が付けば良いかも・・・と思わなくも無い。
でもねぇ・・・15歳と言えどもまだ子ども。
その判断力がどのくらい確かかと言うとそれも危うい。(母ですら自信ないのに)
とりあえずはアカ姉が自分の目で見て、やっぱりここが良いと決めたらアカ姉が何を言おうと母も動かさせていただこう。
その前に密かに下調べだけはね。


色々と頭の中纏まらなくてぐるぐるしています。
そう言えば昨日TV見てて自分の無知をまた発見。(^_^.)
【煮詰まる】と言う言葉を、色々考えて考えすぎて答えが出ないといった意味だと思っていたアカ母。
違うんですね・・・
『色々考えて、ある程度【煮詰まって】来て、良い答えが出せそうだ』と言う使い方をする言葉だったんだ・・・あぁ、はじかしいぃ・・・

牧草!
お!牧草!!・・・開いてない・・・

と言う事で考えすぎて纏まらない頭の中・・・
こちらで動くのは動かなくてはいけないし、最後は自分で何とかしなくてはいけないと思っている。
とは言えあまりにも学校側からはいまだ何の動きも無い事に多少不信感が出る今日この頃。
ショックな事に、この日曜日が日曜参観だった事も知らされていなかった。
知ったのは前日の夕方、アカ姉がたまたまメールをしていた友達(しかも下級生)から
『明日参観やな~』といわれて初めて知ったアカ姉。

「なぁ、明日って日曜参観?」と私に聞く。
「え?聞いてないし!ってか、あんたプリントいくら言うても持ってけえへんやん。貰ってないの?」と言うと
「一応職員室には貰いに行くんやけど、担任いつも居らんから、いつも居る数学の先生に数学のプリントだけ貰ってくるだけ。」と言う。
「何でせめて、メモくらい置いてけえへんの・・・
「・・・あぁ、そうね。」・・・面倒臭いんだな・・・(-_-;)
「じゃあやっぱりお母さんが放課後に行ってもらってくるようにす・・・」
「貰ってくるから!
母が学校に行くのはそんなに嫌か?(-_-;)

母友に聞いて確認は出来たものの、日曜日はアカ兄の模擬試験で既に予定があって無理。
結局行けずに、友達に懇談の様子を聞いたけど、
『夏休み前と同じような話し。これと言って聞いてて得る物は無かった。』
と言う答えに、ほっとしつつも
「この時期にそれで良いの?そんなもん?」と思った。

参観の連絡をもらえなかった事に
「何それ!不登校だから来なくていいって事?
アカ姉の事だからどうせ来ないだろうって?(行かなかったけど)
一応別室でも学校には行ってるのに、プリントももらえないって何で?
授業はともかく、受験生やねんから、懇談くらいは出ろと言ってくれても良いじゃ無いか!」と心の中で密かに怒った母だけど、きっと学校側に言っても
「アカ姉さんは教室に来ないし、そちらからの問い合わせも無かったので、お知らせするて立てがありませんでした。」とでも言われそう。(-_-;)タンニン アアイエバ コウイウ トクイソウダモンナ

こっちの勝手な事は判ってるけど、それでも納得がいかない。
アカ姉は嫌がると思うけど、進路の事もあるし一度学校に行ってこようと母は考えている。

にしても、進路の話しってこんなにのんびりで良い物なの?
夏休み明けに普通よりも選択肢の少ないアカ姉の状態に、不安になって話をしに行った時も、
「まだまだ時間はあるし、今はまだそこまで考える必要は無い。」と言っていた先生。
10月に入って文化祭が終わったら動き始めますから、と言っていたけどもう11月。
向こうから何も言ってくれないなら、ソロソロこっちから動いても良いだろう・・・
アカ姉が希望する高校。
母が考えている高校。
多分どちらも良い反応は返って来ない気はする。
前に相談に行った時も学校側は、通信制・単位制・専修学校しか考えてない口ぶりだった。

通信制はアカ姉の性格から絶対に無理なのは判ってるのでその場で却下できたけど、単位制・・・
最初は母もその線でと思っていた。
でもアカ姉と話しをして、アカ姉なりに調べて出した答えは「NO」。

「何で?自分のペースで行けるし、3年で卒業しなくても取る意思さえあれば高卒の資格は取れるねんで。」と言うと
「自信が無い。友達(上級生)にも単位制に行ってた子居ったけど結局挫折してる。
今一応在籍してる子も居るけど、全然行って無くて、もう辞めるって言ってる。
色々話も聞いたけど、合う子には合うと思うけど、こっちの性格やったら『行ける時に』って言われたら行かなくなると思う。
今いかなあかん中学でもいかれへんねんもん。」
なかなかな自己分析力・・・・(-_-;)

わが娘で既に経験済みの妹にも相談したけど
「アカ姉ちゃんの性格じゃ、単位制は難しいと思うで。
うちも同じような状態やったやから、そう言う進路も考えて実際に行ってる人にも聞いたけど、うちの子にはな~、って思ってさ。
今は私立にして良かったと思う。うちの子とアカ姉ちゃん性格似てるしな。」
う~ん、母もそんな気はしてるけど、やっぱ無理かなぁ・・・
と言うか、本人が全くその気にならないんじゃ難しいよな・・・(-_-;)

そんなアカ姉は私立に行って、行かなくてはいけない状況に自分を追い込まなくてはいけないと考えてる。
「でもそれって、かなり危ない気がする。また体調崩すかもしれんし、今ですら遅刻早退やのに、私立の高校ではそれは中学ほど許されへんねんで。」と言うと
「判ってる。でも今学校に行かれへんのは、あの学校が嫌いやからや。自分で選んで行きたいと思った学校なら行ける。」と言う。
甘い考えだと母は思う。
でも実際やってみなくては判らないなとも思う。

でもなぁ・・・・はぁ・・・orz
言ってもまたきっと
「判ってる。ちゃんと考えてるから。」で終わらされる。
アカ姉の頑固者~~~!少しは母の意見も聞いてくれても良いじゃ無いかぁ~~~(T_T)
まぁ、自分の考えや今後の行動報告してくれるだけでもマシかな?(-_-;)
とりあえずこのまま、母は母で動くよ。

あれもこれもが同時に出来ない自分の不器用さが恨めしい・・・
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://akaneminirex.blog34.fc2.com/tb.php/317-27824058
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。