上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.09.05 進路・・・
アカ姉しっかり別室登校に戻りました。(^_^;)
でもってしっかり昼前に帰って来ます・・・

高校に行く気ならばいい加減どこに行くか決めないといけないのに、今はギターの事で頭がいっぱい。
「新学期入ったら担任に、高校の事聞いてくるから。」と言っていたのは始業式前日。
なのに未だに聞こうとしない。
聞くのも追い詰めるみたいで聞きにくいなぁ・・・と思いながらも
「どうするの?」と聞けばやはりイライラした顔で
「判ってる!ちゃんと考えてる。」と切り捨てられた。
で、聞いてくるのはバンド練習のために音楽室を借りたりの事ばかり。(-_-;)

『ちゃんと考えてる』その言葉を信じてやらなきゃいけないとは思っている。
でも現実時々機嫌の良い時に話す高校の話は、先輩の行ってる高校の事で
「『俺でも行けるからお前も大丈夫!』って言うてた。」と言う言葉。
確かにあまりレベルの高い学校ではないけど、でもその学校はちゃんと試験もある。
2年の後半から授業を受けていないアカ姉の学力で、その学校のレベルでも合格点が取れるとは思えない。
校風も現在通わせている親自身ですら、「あんまりなぁ・・・」と言うもの。(^_^;)
情報提供者の先輩は私も小さい頃から知ってるし、やんちゃではあるけど、根はとても優しく素直で悪い子ではない。
希望校をことごとく取り落としているアカ姉を元気付けるために、
「たいした事ない!」と言ってるような気がする。
ものすごく安直な言葉に踊らされてるようにしか見えない。

学校とは本人が直接話しをして、自分の納得行くようにという方向でと、アカ姉とは話していたが、今現在もそれをする気配が無い以上、こっそりでも母が直接話をした方が良いと考えている。
今日学校に電話をした。

「本人が自分で納得出来るように考えるから私には出るなと言っていたので、本人を信じて任せようと思っていましたが、ここに来て色々挫折感があったようでまた体調も崩れ気味で、投げやりになってる感じなので、本人任せは無理な気がするのでこっそりでも少し進路の話をお聞きしたいのですが。」と。
担任も
「彼女は他の子と違って自分からプリントなどを取りに来るし、始業式の日も教室に来ていたんで2学期からは大丈夫かもと期待していたんですが、もう既に別室に戻っていたので気にはなっていたんです。そうですかぁ・・・」とため息をついていました。
明日、担任と直接話をすることになりました。
果たしてアカ姉の納得できる進路は見つかるのか・・・

う~~、そこそこ
うぅぅ~~・・・そこそこ
姉ちゃんの足マッサージ・・・(^_^;)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://akaneminirex.blog34.fc2.com/tb.php/266-627cd928
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。