上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アカ兄現在塾に通っています。

この塾通い、元々は
「塾なんて絶対に嫌!」と、断固拒否状態だったのに、
「私立受けてみようかな・・・」と言い出した、当時小学生だったアカ兄が、全国模試を受けてみてその難しさに己を少し知り、帰りの車の中で
「お願い!塾行かせて!!」と懇願し、信じられないその言葉に母は、思わずハンドル操作を誤りそうに・・・は大袈裟だけど、それほど驚くような状態で始めたもの。

しかしその受験も残念な結果に終わり、ならば今度は高校受験のために!と続けさせていたものの、とうのアカ兄は中学受験失敗の段階で塾通いの目的を失い、現在は
「何で塾いかなあかんの?」とブチブチ言い、これでもかと言うほど嫌々通っていたりする。

なので中学に入ってから、油断すると嘘付いてサボったり、それがバレて信用無くし母の監視の目がキツくなると、もううんざりするほど毎回うっとおしく拗ねて切れて、文句たらたら言いながら行く。

そんな状態にいい加減うんざりなアカ母は、父帰宅の折に
「こんだけ嫌々行ってても、なんにもならん気がする。
全く勉強せんよりましかと思っても、それ以上に毎回うとおしい態度で当り散らされてたら、私のストレス半端無くなってくる。」
と、やめさせても良いんじゃ無い?と訴えた。
しかし息子への期待が捨てられない父は、首を縦に振ろうとはしない。

ならばと
「じゃあ悪いけど私はもう、アカ兄の塾の事にはなんも言わんで良い?
そら時間になったら促すくらいはするけど、成績云々・休む休まない云々は今まで見たいに言うの止めたい。」
するとアカ父
「それでええ。これからは俺が管理する。(国外に居てどうやって?)
アカ兄、これからはお父さんがお前の成績管理する。
テストで結果が出んかったら、お前はお父さんと向こうに行く事。
結果さえ出せるなら塾も辞めてもかまへん。
その代り出せんかったら、お父さんはお母さんほど甘くないから覚悟しとけ。
で?塾どうする?そんな嫌々サボって行かんかったりの状態じゃ、月謝ももったいないし、辞めたらええ。
辞めへんのやったら塾代無駄にするな。」

するとアカ兄
「・・・・結果かぁ・・・塾はとりあえずもう少し頑張ってみる。」
「フ~ン、なら頑張って結果出すだけなや。」
そう言って父と約束してしまったアカ兄。

あれから約一月。
相変わらず塾の日はブルー入るアカ兄。
けど母はあえて無視して、時間だけは促す。
病欠の時は当然電話を入れるけど、我侭欠席の時は無視。
あんまりグダグダ言われたら
「お母さんはもう知らんって言うてるやろ。
辞めたかったら辞めたらいいやん。
お母さんにグダグダ言うな。」と突き放す。



そんな状態で何とか続いてはいるけれど、ここ最近風邪を引いて続けて塾を休んでしまったアカ兄は、久しぶりに行った塾で出された宿題を見て愕然。
「まったくわからへん・・・

判らないので解きようもなく、宿題を提出せずにいたらしい。
そしたら塾の先生から「アカ兄君いますか?」と電話。
電話に出たアカ兄の表情が一気に暗くなった。
「はい・・・はい・・・うん。」などとやり取りして数分後に切ったアカ兄の口から
「今日先生うちに来るって。」

・・・・えーーー!!何で?!
・・・って、思い当たる節はありすぎる。
『こんな不真面目なら辞めて貰っても良いです』と三行半を下される・・・とか、
『このままじゃどうしようもありません。おうちでも何とかして下さい。』と再度協力体制を言い渡される・・・とか。
とりあえずアカ兄に
「何で?(:_;)」と言葉にして問う。

「宿題判らんから出来ないって言うたら『病欠やから仕方が無いね。なら今日は塾の授業終わってからやと遅くなるから、先生がアカ兄君の家に行って教えるから。』って。」
「ええーーー!なんて事を!先生忙しいのに、そこまでさせるなんて!あんた先生に電話して、遅くても母が送って行きますから、教室で、って言い!」
「・・・今からやと授業中で、余計に忙しい・・・」
「じゃあ、先生の事やから多分来る前に電話くれるはずやからその時に・・・とりあえずうちに来てもらっても良いように掃除しな・・・

夜、大慌てで荒れ果てた家の中を、出来るだけ片付けました。(ほとんど変わらなかったけど・・・orz)

そして・・・しっかり電話があり、こちらが行きますと言ったけど、先生は来ると言う。
覚悟を決めてお迎え体制。

アカ兄の部屋に行くと何故かほとんど片付いていない。
母に「もしかしたら先生あんたの部屋でって言うかもしれんから片付けとけ!」と言われたのにも関わらず・・・
「何で?!」と言うと、
「居間ですると思ってたし!」と、耳を疑う言葉。
居間で・・・はもう無理。
帰りの遅かったアカ姉が、だらしない格好で食事中。
もう間に合わない・・・
仕方が無いからいつも母が寝ている、アカ兄のとなりの部屋を提供。
しっかり先生に
「アカ兄君の部屋は?」と聞かれ
「お見せ出来る状態じゃなくって・・・」と言うと
「そらあかんやん。まず自分の部屋くらい片付けられんと、勉強なんて出来ひんで。」とお叱りを受けたアカ兄。

その後1時間ほど教えてもらったアカ兄。

どんなもんだろう・・・と思っていたら
「もう大丈夫!これで次のテストは安心やね。やっぱりちょっとやったら出来るやん。」と、お褒めの言葉を貰い、照れ笑いのアカ兄。

元々から学校の先生よりも熱心に指導してくれる塾の先生だけど、まさか家庭教師までしてもらうなんて、恐縮する他無い母でした。

アカ兄・・・・あんたみたいな不真面目な奴に、こんだけ熱心に指導してくれる先生、なかなか居らんで!
感謝する気あるなら、これからはもっと頑張って結果出せよ!!

今度の懇談の時は、もっと手土産奮発しなきゃ・・・


先生に作ってもらった公式表をトイレに張るように言われ早速、座ると嫌でも目に入る位置に貼り付けました。
ついでにアカ姉も見て覚えなさい。

10/31
それはまずい!おいらもお片付け!
姉の部屋は見られないから大丈夫・・・って、テーブルひっくり返してる!うわぁー、物がますます散乱してる!余計に散らかってる!
そう?おいらには元と変わってないように見えるけど・・・
あ、本当だ・・(^_^;)
スポンサーサイト
2007.10.31 墓穴を掘る
おしゃべりなうちの子どもたち。
夕飯の時になると先を争って喋り倒して、しまいには喧嘩になるか、母に
「黙って食え!」と一喝されて、ブーたれる事もシバシバ。
しかし今日はアカ姉不在で、アカ兄の独壇場。
ご飯をかっ込みながら必死で喋る喋る・・・(^_^;)
喋りすぎて口も滑る。

「ほんでな、今日な、オイラ授業真面目に受けてたら、周りの奴等に
『アカ兄どうしたん?!熱でもあるん?!』って言われて、
『無いわ!』って言うたら先生まで
『アカ兄、お前が真面目に授業受けてるって、何があったんや?』って言うから
『判った、じゃあ真面目やめる。』って言うてやめた。」

「もしもし・・・?あんた自分が何言うてるか判ってる?」
「だからオイラが真面目になったら皆が『アカ兄らしくないからやめろ』って言うって言う話。
「それ以前に皆に、しかも先生にまでそんな突っ込みうけるって、普段あんたどんなんやねん。
「え?・・・あぁ・・・ま、そんな細かい事は気にせんと・・・
「気にするわ!
「ご飯おいしぃ~。お代わりしよう。」
「誤魔化すな!
「授業妨害はしてないで。いつも寝てるだけやから大丈夫。
「どこが大丈夫やねん!授業妨害なんかしてたら、どつきまわされるの判ってるやろ!寝てるだけ?ええ加減にしいや!
「ははは・・・いらん事言わんかったら良かった・・・

姉がいなくて好きなだけ話を聞いてもらえる嬉しさからか、墓穴を掘った大ばか者。(-"-)

しかし先生・・・もうちょっとマシな突っ込み方して欲しい・・・

10/30
おいらはクッションを掘る!
昨日は久し振りにバーベキューに行ってきました!

メンバーはN姉さん親子と従妹のよつばさん。
本来ならうちはアカ姉アカ兄の親子3人の所、うかつにもその日学校斡旋の検定試験があった事を忘れ、大いに拗ねて凹みながら、アカ姉は断念・・・
その代りと言うか、夕方からお笑いのライブに行って楽しんで来たから、それで何とか機嫌を直してくれたみたい。(^_^;)
優しい母(?)はライブに行くお金出してあげたしね・・・


肌寒くなって来たこの季節にしては、まるで「何かのご褒美?」と浮かれてしまうほどの晴天で温かい、バーベキュー日和でした。

思い起こせば最後に行ったバーベキューは、一昨年の5月・・・
物凄い強風で食材は砂だらけで、ジャリジャリ状態・・・
挙句にアカ母、風でコンタクトレンズを飛ばされ、ほとんど片目運転状態で高速飛ばして帰ったと言う、辛くて笑える思い出が蘇る・・・


でも今回は家から然程遠くない場所で、しかも思っていた以上に良い所。(^^)v
設備らしい設備は無いけど、広い芝生があって気持ちの良い。
今回一緒にバーベキューをした、よつばっちの家もすぐ近くで、先に行って場所取りもしてもらっちゃいました。
よつばっちさんきゅ~~

メニューはバーベキューの王道の肉は少なめにして、野菜と魚を多めに。
ししゃもに秋には欠かせない秋刀魚、N姉さんお薦めで、鶏肉を焼き肉のたれで前の晩から漬け込んだ焼き鳥。
ホタテのバター焼きにイカバター。
結構こってり・・・でも旨かった~~~。
野菜はしいたけ・山芋・しし唐・キノコのホイル焼き。

焼き鳥


さんま


焼きマシュマロ

我が家定番の焼きマシュマロ。
今回はチーズも焼いてみようと持って行ったら、N姉さんがマシュマロと一緒に焼いて食べると言う暴挙に出た。
「えー!」と言ったものの食してみるとこれが結構いける。(^_^;)

○十歳代の女3人・・・最近肉より魚、さらには野菜の方が嬉しかったりするお年頃・・・
次回はもっと野菜中心にしよう・・・と、子どもたちの事はそっちのけの献立を考える。(^_^;)

育児中(子猫が新たに仲間入り)のよつばっちは先に帰宅。
その後親子でテニスしたり、N姉さんの息子の考案で紙皿によるフリスビー大会。
これがなかなか面白かった。
普通のフリスビーみたいに上手く飛ばないけど、そこがまた楽しい。
コツを掴めばソコソコ飛ぶ。
飛ぶけど飛ばし方によっては、フリスビーと言うよりブーメランのように戻ってきたりと、その変化に飛んだ飛び方にワーワーと盛り上がりました。
・・・だから今日は体痛いんだ・・・(今気が付いた・・・)

久し振りに清清しく楽しみました!
また行くぜぃ!

青い空



10/28
・・・・・姉ちゃんいけなくて可哀想・・だけどどこにも連れて行ってもらえない、おいらはもっと可哀想!
今度はアカネも頑張って連れて・・・いけるかな?(^_^;)
昨夜の我が家の献立は、煮物にシュウマイ、そして子持ちししゃも。

ししゃもを箸で摘んで見つめながらアカ兄が語りだす・・・
「このししゃもはバツいちやねん。
事情があって旦那と別れて女手一つで子どもを抱えて頑張ってるねん・・・」
そう言ってかぶりつく。
「そんな辛い状況のししゃも夫人を食うのか!
「・・・・・・おいしい。

お皿の上の子持ちししゃもを見つめ、アカ姉と共に切なくなったじゃ無いか!

と言いつつ母も姉も全て綺麗に、おいしくいただきました。m(__)m

10・26
結局食べるんだ・・・
残すのはもっと失礼でしょう。
現在トイレがかれこれ一時間ほど開かずの間になっています・・・・(T_T)

中にはアカ姉。
凄い便秘・・・ではなく、トイレの窓越しに近所の子とDSどうぶつの森に興じています。(-"-)
っつーか小学生の、しかも低学年とでも充分に楽しめるあんたの精神年齢が不安・・・

昨日夕飯前になかなかトイレから出てこなかったアカ姉。
『便秘か?』と思っていると、トイレの中から話し声。
『トイレで携帯?!』と思っていると、他に女の子の声も・・・
『何で?!』

やっとトイレから出てきたアカ姉が
「明日夜7時から隣の子と裏の子とで、どうぶつの森する事になった・・・」
はぁ?裏と隣って、小学生じゃん。

トイレに入っていると声がして、窓から顔を出す裏に住んでいる小学2年生の女の子と、となりの小学3年生の女の子。
思わず会話に引き込まれた物の、最近の小学生との話題に困り思わず
「どうぶつの森持ってる?」と聞いてしまったアカ姉。
二人とも
「「持ってる!」」と目を輝かせて食いついてきた。
その無邪気なまなざしに
「明日する?」と言ってしまったアカ姉。
当然二人とも
「うん!する!!」とノリノリ。
2年生の女の子に
「アカ姉ちゃん、明日7時にな!」と時間指定されてしまった。

「小さいからもしかしたら忘れてるかも・・・」と言ったアカ姉だけど、試に時間にトイレの電気を付けたら
「あ!来た!」と言う嬉しそうな声が聞こえ、完全に後に引けなくなりました。(^_^;)

慌ててDS持ってトイレに篭ったアカ姉。
篭って既1時間を超えまくってるじゃ無いか!
幼心を裏切らないその優しさは認める!
二人はベランダからだから良いけど、我が家はトイレ。
アカ兄が悶えてる!
母もそろそろ夕飯にいただいたビールが・・・
頼むからそろそろ切り上げろーーー!!(TOT)

gamann///
オイラもお付き合いして我慢・・・
母の仕事が増える!アカネは付き合わなくて良いから!
2007.10.25 めげるもんか
昨日面接に行った会社から連絡がありました。

結果は・・・・
やっぱり不採用。・・・orz
覚悟はしてたけど、物凄ーく残念。(T_T)

まだ時期じゃ無いんだと思って、気長に次探そう。

10/25
やっぱ打ち返されたか・・・
カキーン!とね・・・
本日アカ母、会社の面接に行ってきました。

面接申し込みの電話するのに、受話器を握った途端怖気づいたヘタレ全開のアカ母。
「どうしよう・・・緊張する・・・恐い(何が?)・・・」とドキドキしながら戻す。
「とりあえず電話しよう!年齢制限書いてないから、歳言ったらその時点でアウトかもしれん。
年齢制限パスしたら、一応縁があったと言う事で、上手く面接OKしてもらって、奇跡的に採用されたらそれこそ縁があったぞ、ラッキー・・・と言う事で、流れに身を任せよう・・・
と一人ぐるぐる訳の判らない吉兆判断するかのように気持ちで、再度受話器を握りました。(^_^;)

まるで大好きな人に告白する乙女のごとく、ダイヤルプッシュした物の繋げる勇気がなかなか出ずに消し、またプッシュ・・・を数度繰り返し、意を決して通話ON!
今にも頭真っ白になりそうになりながら、電話のコール音を聞いていた。
電話の結果は「面接に来てください。」\(~o~)/
と言われ、まだ面接OKの返事だけなのに、ちょっぴりハイテンションになってしまってたりして・・・(^_^;)


電話するだけにあんなに緊張していたのが嘘のように、ダメ元覚悟で面接に向かうのもほとんど緊張もなし!・・・だったのはやはり行くまで。
いざ着いて事務所に入った途端、ジワジワと緊張が・・・
面接が始まった途端緊張がピークに!

ハイ・・・もう緊張しすぎて、聞かれる事に答えるので精一杯でした。
その答えもテンパっていたせいで、かなりトンチンカンな事言ってたかも・・・orz

話では広告の条件よりも良い!
ダメ元で行ったけど、受かると良いなぁ・・・と、今は切に思っています。

一応
「ダメだと思う人にはその場でお断りの返事させてもらっているんですが、好感触の方には後日返事と言う事にしているので、1~2日ほど待ってもらえますか?」
と言われたので、第一次審査は通過って感じ?

あぁ・・でも、この落ち付きの無さと現場から離れていた期間の長さがネック・・・
結果が出るまでドッキドキ。(T_T)
10代の頃の初めての入社試験の時を思い出す・・・
採用されたら喜びのあまり家の中で暴れて、子どもたちに
「いい歳して止めろ!」っと、罵られるかも。(^_^;)

後は運を天に任せるしかないな。
って言うか、神様に丸投げ!(爆)

10・23
投げたら神様に打ち返されるよ・・・
神様アカネ様、打ち返さないで!!

後から追加しました。
... 続きを読む
2007.10.24 正解は・・・
アカ母のおバカな筋肉話に付き合って下さり、ありがとうございました。

正解のアカ母のセリフは『C』でした~
・・・って、勿体つけるほどの事では無いですよね・・・すみません。

けど、何だかんだ言いながらも、ほど良く美しい筋肉はどこを取っても良い物だと言う事に気が付いたアカ母です。(^^ゞ

あ、何か危なげな発言・・・

10・23
母・・・何考えてんのこんなおバカな母に、優しく付き合ってくれてありがとう・・・母に代わってオイラがお礼を言います
2007.10.22 微妙に・・・
最近色々と考えすぎて、凹みモードぎみ・・・
だったけど、昨日従妹と楽しい計画を相談。
でもってある方から、思いもよらぬプレゼントをいただき、それを眺めてはニマニマ。(恐いって・・・

そんなこんなで気持ちも浮上しつつあるアカ母です。(う~ん、我ながら単純)


話は変わりますが、熟し始めた女が寄ると、きわどい会話もチラホラ・・・

ある日の会話・・・
「やっぱ男は筋肉やね~
「でもムッキムキは嫌・・・
「え~私は好き!ボディービルダーのあの筋肉最高!
「うそぉ~~~、私は無駄な筋肉の無いボクサー系かなぁ~
などと、微妙な腐り加減の会話で盛り上がったりします。(^_^;)

でもって
A「やっぱあの割れた腹筋って良いよなぁ~
「女じゃあの腹筋はなかなか作れんもんな。」
B「腹筋も良いけどお尻の両側に出来る筋肉えくぼも良い!
「うわ!マニアック!
「でも、『キュッ!』っと締まって『くっ!』っと上がったお尻って良いよなぁ~
C「うんうん、でもお尻も良いけど、私は背筋かな。あ、でも引き締まった二の腕も捨て難い。
「もっとマニアックな奴居るし・・・
「と言うよりフェチ?」
「変態扱い?!
D「子持ちシシャモのような脹脛って、良いよなぁ・・・掴みたくなる。」
「掴むんかよ!」
「「・・・それはきしょい・・・」」
「声揃えて拒否?!
「はっきり言ってそっちの方がフェチ度濃いと思う。
「・・・・こうやって盛り上がってる時点で、皆似たりよったりやと思う・・・」

さぁ、この会話の中でのアカ母の発言はどれでしょう。(爆)

皆さんはどの筋肉がお好み?(問い掛けてどうする・・・)(^_^;)

10/22
オイラのヒップラインは?
何かだらしない・・・


~更に余談~
本日のアカもどきの【ペットのひみつ日記】・・・あんまりなお言葉・・・(T_T)
『アカ母の心臓をえぐるんだよ。』
え・・・えぐるのか!やっぱえぐるのか!!(゚Д゚||)

ブログペットがブログを書くと言う機能があるのは知っていたけど、面倒でセッティングスルーしていたのを、気まぐれにやる気を出してセットして、そのまま忘れ去っていましたが、思い出させるかのようにアカもどきの初ブログ!

・・・意味わかんねぇ・・・(^_^;)
まぁ、ほとんどがこんなもんでしょう。

でもクリックすると時々『うっ・・・』となるようなコメントをするアカもどきの事だから、その内アカ母の心臓えぐるようなブログ書きそうで恐い・・・
アカネのコメントと違って、母の想像を超えるような事言いそうだし・・・

逆に『アカ母大好き』とも言ってくれるアカもどき。
母としてはそう言う胸キュンな内容の記事希望!

10・21
へ・・・それは母次第・・・
打ち消し文きょうはサイズを調節するつもりだった。
だけど、きょうアカもどきは、無視したの?
でも、競技出場者とか絶賛しないです。

*このエントリは、ブログペットの「アカもどき」が書きました。
2007.10.18 かけぬけろ!
ダイエット中のアカネさん。グレーのうさぎ
少しは体が軽くなったのか、毎日弾丸のように部屋の中を駆け抜けてます。
でもって一回は勢い余ってドアにぶつかってます・・・(^_^;)

立てかけた鏡の隙間から飛び出してきた!
かけぬけろ1
おっとぉ・・・

かけぬけろ2
よし、ぶつかんなかった!

かけぬけろ3
そりゃ!ほうこうてんかん!

かけぬけろ4
おぉ!すべる!

かけぬけろ5
よっしゃ、立て直したじぇ!


かけぬけろ6
見て!この華麗なフォーム!

このまま母に突っ込んできたよね・・・
それは内緒にしといてよ・・・ってか、母邪魔!
そりゃ悪かったね・・・(T_T)
2007.10.17 面倒くせえ!
行事で負った骨折の保険請求をするように言われ当初は、アカ姉もよく学校で怪我をして、病院に書いてもらう書類は渡すだけでOKだったものの、それでもらえた額は数千円。
それを思うと
「手続きめんどくさいから良いわ・・・」と言うアカ母にKは
「あかん!骨折やろ。ちゃんと請求して!」と言われ、請求する事にしました。

そしてその手続き用紙が、うちの地区の子ども会の会長さんに元へ。
「アカ母さん・・・書き方判らんから一緒に見て。」と言われ、一緒に作成する事になりました。

会長宅にお邪魔してその書類の量を見て
『この手間で数千円かぁ・・・やっぱやめようかなぁ・・・』と一瞬思いました。(^_^;)
保険によって手続きはさまざまなのね。
保険請求って本当に面倒・・・

書き進めていく内に判らない箇所がボロボロ出てくる。
二人して「無理ー!」と唸って、KにSOS。(^_^;)

応援に駆けつけてくれたKに
「なにこれ~、訳判らん・・・請求やめても良い?」と言うと
「しとき!これで数万円もらえるんやで。」と言う。
「え?アカ姉の時数千円やったで。」と言うと
「アカ母ちゃんのは骨折やろ?うちの子も去年骨折で請求したら、9万円入ってきたで。しとかな損や。」と聞かされ思わず
「頑張って書きます。」と即答しました。

大量の書類を書いて、病院に数千円の診断書作成料を払って診断書を書いてもらう手間で数千円なんて割に合わないと思っていたけど、一桁変わるなら気持ちも話も変わる。
それまでブーブー言いながらやる気ゼロだったのが、俄然生き生きと取り組む3人。

しかしKはふと気が付いた。
「なぁ・・・私ら頑張ってるけど、これ頑張ってもお金もらえるのはアカ母ちゃんだけやん・・・
「・・・そう言えば・・・」と会長。
「あ・・・」とアカ母。
「やってられんな!」と二人。
「何かおごる~~~
「ほんまや。」
「けどさぁ、痛い思いしたのは私やん・・・
「まぁなぁ~。」
なんとも言えぬ空気の中、思わず笑ってしまった三人でした。(^_^;)

10/17
ゲンキン・・・・
2007.10.15 お得意様?
右足小指の怪我は、骨折ではなくキツめの捻挫と判明。
何とか『∞どんだけ~~』と叫ばずに済みました。

しかし、この痛みは骨折の時よりずっと辛い・・・
何だかんだ言いながらも、普通にてってけ歩き周る事の出来ていた骨折よりも、今回の捻挫の方が靴所かミュールやサンダルなど小指に当たる履物が履けないほど痛い。
なので季節はずれなアカ姉のビーチサンダルや、下駄履いて外出です・・・
そう言えば病院の先生に以前、
「中途半端に捻挫するよりも、ポッキリ折った方が治り早いのにぃ。」と言われた事あったな。

然程日にちを空けずの診察に、受付で
「また走ってて何かした?」と聞かれ、診察室でも
「右に左に忙しいなぁ~。」と言われ、
「アハハハ・・・・」と笑って誤魔化すしかありませんでした。
そう言えば前回骨折の時は1年ぶりで、受付の看護師さんに

「久し振りやね~。お姉ちゃんもお母さんも長い事見て無かったからどうしてるのかと思ってたわ。」と言われ、我が家のお得意様振りを垣間見た気がしました。(^_^;)
・・・いや、普通病院に長く行ってないと言う事は、元気な証拠と思うのだが・・・

葡萄!
ぶどう?!ぶどう!あまい!!
いつも我慢してるから、たまにはね。

だら~
あぐあぐあぐあぐ・・・・・・
果汁がダラダラと・・・我を忘れてるな・・・・

恍惚・・・
はぁ~~~
秋祭りを覗きに(って変な言い方ですが)行って来ました。

うちの校区で60年ぶりに復活したお祭りだと聞き、その地区の会長さんや役員さんには、いつもお世話になっているので、N姉さんと花代持って行って来ました。

盆踊りのように沢山の屋台や、沢山の人の賑わいもなくひっそりと、けど厳かな雰囲気のある祭り。

小さな広場に置かれたやぐらは60年前の物だと言う。
多少の補修は施されているらしいけどしっかりとした作り、木の艶からその古さは感じられなかった。

お囃子を奏でる太鼓と鐘。
太鼓は60年前の物で、直径1mは有に超える、一本の丸太をくりぬいた立派な物。

鐘には『室町○○~~』と刻まれていて、聞くとその時代の物だと言う。

その鐘と太鼓をアカ兄の同級生の女の子と、そのお父さんが叩いてくれました。
思わずじっくりと聞き入って、心が落ち着くのを感じました。

60年前の当時の祭りの参加者の貴重な写真も見せてもらい、その中に写る今現在既に60~70歳のいつも行事でお世話になる方々の、更にお父さん達の姿が映っていて、またその歴史を感じ、昭和20年代・30年代の航空写真までも見せてもらいました。

今はびっしりと住宅の建ち並んでいるその土地は、当時は見事に畑ばかり。
その事にも驚きましたが、姉さんと
「これ一体どうやってとったんや?」と、それ以上にその当時の航空写真がある事にびっくり。



本当に小さなスペースで、静かに祭りが行われているとすら判り難いものだったけど、その中に入るとその重みと言うか、厳かさに身が引き締まる思いでした。

毎年行われる、皆で盛り上がる賑やかな盆踊りも良いけれど、歴史の重みを伝えるこう言うお祭りも、後世のためにも大事に受け継いで残して行って欲しいなと思いました。

あ!写真撮って来れば良かった!!

10・14
相変わらず、間抜け・・・本当母は詰めが甘いね。
自己嫌悪に陥ってるから、止め刺さないでよ・・・orz
左足の小指が痛いです・・・

夕飯の後、アカ姉が冷蔵庫から母が楽しみに置いていた、カプリコ(チョコレート)を見つけ出し逃走。
それを取り戻そうと狭い家で追いかけっこをしていた馬鹿親子。

その時に柱に足の小指を引っ掛けて悶絶して今に至ります。


今までも何度もそう言う事はあるけれど、痛いのはその時だけで、すぐにその痛みは気にならない程度のものになるのに、今回はいつまでも痛みがひかない・・・
じっとしていても小指が重い・・・
『バキ!!』と言う音が耳に届きました。
もしかしたらまた骨折?(T_T)
せっかく右足の骨折治ったのに!

『右の頬をぶたれたら、左の頬を差し出せ』
とか言う言葉あったよなぁ・・・
あれってキリストかなんかだったっけ?
『右の骨を折ったら左の骨』って奴?(そんなもん勝手に作るなよ!)

つか、本当に折れてたら、エンドレスに
『どんだけ~~~』と自分で突っ込むしかないなぁ・・・・・・orz

また?!
え?また?!
いや・・・まだ判んないから。っつーか、そうでない事を祈ります。
以前に比べるとずいぶん寝起きの良くなったアカ姉。
よほど調子が悪いときでない限り、30分前後で起きるようになりました。
絶好調なら1~2回普通に
「起きや~」と言うと起きて来る事も。
思わず
「えぇー?!どうしたん!!」と言ってしまう母です。(^_^;)
まぁ、そんな素直な寝起きは、高校に入ってから2~3度ほどですが。
それでも「すげ~~~」っと歓喜の声を上げそうです。


しかし起きてからの暢気(?)ぶりは相変わらず。
今朝も起きてダラダラしている間に時間が無くなり、母が
「朝はパン?ご飯?」と聞くと
「時間無いからいらん。」と言う。
「あかん、せめておにぎりだけでも食べて行き。」と言うと
「じゃぁ、玉子ご飯。」ヽ(´o`;モシモシ?
座って食べてる時間が無いような事言いながら、ガッツリ玉子ご飯っすか・・・
ま、何口かでもかっ込んで残りは母って事で・・・っと思いながら用意。

着替えているアカ姉に
「出来たよ。」と言いながらテーブルに置くと、しっかり自分の席に座って食べ始める。
その間アカ兄のご飯の準備をする。
数分経ってアカ姉を見ると、食べる時間すらないと言っていたアカ姉は、暢気にTVを鑑賞しながらもそもそ食べてる。

「あんた・・・食べてる時間無いとか言いながら何それ・・・一体何時に出るつもり?」と言うと
「ん?・・・お腹がいっぱいになったら。」
・・・・・・・・・(; ̄Д ̄)あん?

「あんたな・・・食べる時間無いって言うほど時間無いの判ってて、『お腹いっぱいになったら』っておかしいやろ!時間無いなら時間になったら食べるの止めて行くのが普通やろが!!
「判った行く!」母の怒涛に流されるように、カバン引っつかんで出て行きました。

アカ姉・・・一度あんたの脳天開いて思考回路覗かせろ。

やれやれ・・・
・・・・・・
ホラ・・・またアカネが本格親父モードになったじゃ無いか・・・
昔から記憶力には不安のあったアカ母ですが、最近更に進行中。

子どもたちに
「買い物行くなら○○買っといて。」と口頭で言われた物は見事に忘れます。

なので最近は
「そう言うものは何かに書いといて。」と言うものの、面倒臭がりなうちの子は書かない。
なので欲しい物はなかなか手に入らないのが常です。(^_^;)

当然
「何で買ってへんの!?」と怒られるが
「だからメモしといてって言うてるのに、メモせえへんあんたらが悪い。」と開き直る母。
大抵はそれで「むむむ・・・」と黙るけど、最近アカ姉が一言
「メモしてもそのメモすら忘れるくせに・・・・」・・・・
痛い所突いてくる奴・・・

そう言う事は日常茶飯事なので諦めているけど、今朝の従妹からのメールで更に不安増。

結構夜更かしなアカ母なので、夜中1時~2時のメールは全然平気。
時々早寝しててもメール音で気が付いて、見てもちゃんと翌朝の記憶には残っている。
子どもの頃はともかく、大人になってからは寝惚けると言う事がほとんど無いのが自慢だった。

それが今回従妹から
『昨夜PCにメールした』と言う報告携帯メールをした旨の報告(確認)メールが携帯に届き(説明ややこしい)
「え?」と思い過去の携帯メールを確認すると、しっかり開いて読んだ形跡が・・・

全く記憶に残ってない。
ちゃんとメール音に反応して携帯開いて暗証番号まで押して、メール読んで閉じた状態なのに、その一連の動作をした記憶が無い・・・
ショック!・・・通り越して、
「いや~、見事に覚えてない。これが寝惚けた状態って奴?寝惚けててもちゃんとこんなややこしい操作出来るってある意味凄い!」と感心してたりして。(^_^;)

いやいや・・・感心してないで、今度からとりあえず、無意識にメール読んでないか朝確認するようにしよう・・・

ぶーちゃんぶーちゃん

ぶーちゃん・・・母ますますみたい・・・
『ますます』って言うなぁーー

【私信】
Nちゃんゴメンネ・・・・
ちゃんとPCメール受信して読んだよ~~~
やっとPC回線元に戻せました~。

しかし!
「さ~、旦那も仕事場に戻ったし、今日からPCは今まで通り私のもの!
と繋ごうとしたら、人には
「お前ほんま気の回らん奴やな・・・」とブツクサ言う旦那!
自分のPCに繋いでいたモデム外したままだし、マウスも外したままじゃねーか!
使ったら元に戻そうよ・・・(-_-;)

何故か『単身赴任中の旦那が休暇で戻ってくる』と聞くと、皆
「良かったなぁ~、久し振りで嬉しいやろ~~~
「久し振りにラブラブ出来るなぁ~」と口々に言うけど、
『新婚家庭ならまだしも、結婚して十数年経った夫婦でそう言う人ってどのくらいいるんだろう・・・・』と、思いながら眉間にしわ寄せて
「エヘヘ・・・」と力なく笑って誤魔化すアカ母。(^_^;)

いや、けして嬉しくない訳では無い(と思う)。
いつの間にか夫婦の会話も行動も、子どもが潤滑油のようになって居る今日この頃。
けど中学・高校生の子どものいる家庭なら、それぞれの生活ペースも出来ているし、親の存在がうっとおしいと言う部分も出てきてて、なかなか一家団欒も昔ほど出来ない状況になってきている。
旦那と今更いちゃいちゃってのもねぇ・・・と思う私って冷たい嫁?(T_T)


そんな旦那のいた間に、校区の体育祭がありました。
最近涼しくなってきたし、楽勝~・・と思っていたのに、前日からまたもや夏に逆戻り?と言う暑さ。
しっかり日焼け。(T_T)

足の事もあるし、競技の方は全面パスと言う事で、競技出場者の招集係を手伝ってきました。
代わりに子どもたちを生贄と言わんばかりに、一番出場者の決まり難い徒競走とリレーに差し出した鬼母。

そんな状況で旦那が「誰もいないんか・・・」と言うので顔を出せと言うのに、
「行ったら競技出さされそうやからパス!」と言って逃げて、一日家でゴロゴロ・・・(良いんだけどね)


何とか無事終わり、その後はいつものごとく皆で楽しく打ち上げ!
・・・・だけど、今回は旦那が家にいる。

片付けて欲しい・・・
じゃ、おいらも帰ろうっかな~~~・・・う・・・姉・・・オイラの部屋掃除してよ・・・
... 続きを読む
2007.10.06 (-_-;)
こんばんわ・・・・

旦那帰宅中に付き、なかなか更新できません。

前回の帰宅時はまだそうでもなかったのが、今回は仕事の関係で旦那のPC繋ぎっぱなしで、本来繋いでいる私のPCは、ネットから切り離されっぱなし状態・・・(T_T)

隙を見て回線取り戻しても気が付くとまた繋ぎ直されていると言った状態です。

今日はアカ兄連れてお出掛けしているので、やっとまともに触れる!

しかし明日からはまた取られるだろうなぁ・・・
旦那が仕事場に戻るまでまともに更新出来そうにありません。orz・・・


謝罪
ここはオイラに免じて・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。