上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アカ兄:「お母さん、赤と白のバラで10本の花束作ってください。
いきなりなんか可愛く問いかけてくるアカ兄。(^_^;)

アカ母:「・・・は?」いきなり何?

アカ兄:「だから、赤と白のバラがあったとして、そこから何本かづつ選んで10本の花束作るねん。別に一色だけでもOKやし。」
アカ母:「心理テストって奴?」
アカ兄:「そうそう

~~白と赤のバラねぇ・・・・混ぜるのって中途半端で嫌やし、まあ、単純に行けば赤かなぁ・・・でもなんか赤って言うたら「やっぱお母さん選ぶと思った!」って言われそうやし、ここは白で行こうか。~~
などと瞬時に考え
「白10本。」と答えると
「えー!ありえへん!」と言うアカ兄。

アカ母:「何それ、お母さんに清楚な白は似合わんって言いたいんか?
アカ兄:「清楚?なにそれ。って言うか、それ直感で選んだ?」
アカ母:「え?考えて選んだ。」
アカ兄:「あかんやん。聞かれて真っ先に浮かんだ色いわな。」
アカ母:「真っ先に?・・・・赤・・・」
アカ兄:「やっぱりなぁ~。お母さんが【ドM】ってありえへん。絶対に【ドS】やし!」

・・・・・は?息子よ、母捕まえて【ドS】って?
ってか中一男子!【S】とか【M】とかって意味判って言ってんのか?

アカ母:「なぁ・・・SとかMってサイズの事言ってる?」
アカ兄:「馬鹿にしてる?サイズで【ド】って付けへんやろ。【サド】と【マゾ】の【S・M】に決まってるやん。
アカ母:「で、その【サド・マゾ】の意味を判って母の事を【ドS】って言い切るんや。
アカ兄:「うん。だってお母さん、おいらいじめてる時、メッチャ楽しそうやし。」
アカ母:「いじめるって、人聞き悪いな。じゃれてるだけやん。」
アカ兄:「でもオイラが『止めてー!』って叫んでもお母さん嬉しそうに笑いながら止めへんやん。」
アカ母:「それはあんたも楽しそうやから・・・」
良くある母・子のスキンシップの枠だろう・・・などとブツクサ言ってる所に・・・

アカ兄:「お母さん、お茶入れて。」
アカ母:「嫌。自分で入れて来い。で、お母さんにビールね。
アカ兄:「ホラ、そう言う所【S】やん。」
アカ母:「何で?それのどこが?子どもが疲れてる母のために動けって言う事のどこが【S】なん。」
アカ兄:「人を召使みたいに使う所。まじでS。」
アカ母:「なにを言う!ならいつも母をあごで使う、あんたら姉弟揃ってSやん!」
アカ兄:「違うねんな。お母さんの場合、歯向かわれへん威圧感あるもん。それってSの素質から来るもんやん。」
アカ母:「そんな威圧感持った覚えないし、素質も無いから!こんな大人しい母捕まえて何言うてくれるねん。だいたいこの流れって無理やりやん・・・」
アカ兄:「風呂入ってこよ~~」話途中でアカ兄退散。

アカ母:「え?放置?放置プレー?!

そこにさっきまで自室にいたアカ姉登場。
アカ姉:「なぁ・・・息子相手に母が『放置プレー』って言うのもどうかと思う・・・
アカ母:「だって母の事捕まえて【ドS】とかって言うねんもん。
アカ姉:「【ド】はともかく【S】ではあるやん。
アカ母:「あんたまで!

いや、確かに命令されるとムカつくし、痛い事されてもムカつくからMでは無いと思うけど、別に人虐めて快感味わう趣味も無いし。
私はいたってノーマルだと思う。

つか、こんな会話・・・何か腐った母子・・・

9・30
アホ?
スポンサーサイト
先のブログでも触れましたが、デジカメ買っちゃいました。(^^)v

初代デジカメは200万画素。(何年前に買ったかも思い出せない・・・
当時400万画素でもかなりのものと言う印象で、お店の人にも
「普通に撮影する分には200万画素で充分ですよ。」と言われ購入した。
その頃の私の携帯は30万画素だったので、200万・400万画素なんて「さすがデジカメ!」と思うほどだった。(^_^;)


で、その200万画素でも3万円以上は軽くしていたし、400万画素になると4万円を超えていた。
機能も連写なんて付いてないし、手振れも凄い。
PCに取り込むのもまずソフトをインストールして、UBSで繋いでと手間が掛かるものの、30万画素の携帯画像に比べれば綺麗。

そんな感動の初代デジカメも、あっという間に100万・200万画素の携帯が出始めて、その感動はあっという間に薄れたけど・・・(/_;)
なので現在ブログのアカネの画像は、メモリーをカートリッジに入れて、直接PCに『うにっ』と入れられる手軽さで携帯画像です。(^_^;)

しかし、今回買ったものは1000万画素で連写もついているし、手振れも驚くほど少ない。
それで3万円を切るお値段。
メモリーとケースをつけても3万円ちょい。
時代の流れとは恐ろしい・・・

そう、メモリー・・・
今回買うにあたり既にデジカメを持っていると言うと
「じゃあメモリーはいらないですね」と言われた物の、既にダンナに仕事用に持って行かれ手元になかったので当然メモリーも無く、購入を希望して見せてもらうと、うちのデジカメのメモリーとは比べ物にならないほどコンパクト。
思わず
「え?これって携帯のメモリじゃ・・・」と言ってしまった恥ずかしい奴。(^_^;)
良く見ると携帯のメモリーよりも若干大きい。
そう言えばPCに携帯メモリーを取り込む時のカートリッジ・サイズ。
「もしかしてこれって直接PCに差し込んで取り込めたりします?」と言って、
「え?お持ちの物は差し込めないんですか?」と聞かれて
「はい、あっちこっち試したけど入らなくって、UBSで繋いで取り込んでました。へぇ~~今のって便利~~~」と言って、お店の人に笑われちまいました。(^_^;)
う~ん、私ってものすご~~~く、遅れてる?

そして帰って早速アカネを撮影。
すげ~~~!連写してもブレが少ない!
嬉しくなってシャカシャカ連写しまくっていたら、アカネに警戒されちゃいました。(^_^;)

ちょっとデジカメ日常携帯して、色々とって遊ぼうかな~、と思う今日この頃です。

立ち姿
なにそれ、なになに?
2007.09.24 心残り
土曜日、アカ姉の学校の文化祭でした。

最初は行ってもどうせアカ姉は友達と周るだろうし・・・と言うのと、アカ姉も
「えー・・・来るの?」と言うので、行こうかどうしようか迷っていた。

しかし何をするのか聞いたら、俄然行きたくなった。

アカ姉のクラスは【お化け屋敷】
しかも中学三年間ずっと裏方で表に出る事が無かったアカ姉が、
「知らん間にお化けやらされる事になってた・・・」と、今回はお化け役でしっかり表で参加すると言う。

ならば是非!と言うとそれでも
「来ても一緒に居られへんし。」と、遠回しに来るなと言う。

そこでアカ母
「ふ~ん、そうか・・・ところで屋台とかもあるんやろ?それって金券買うんやんな。
「あ・・・そうそう、生徒は600円分しか貰われへんでさ。・・やっぱお母さん来る?」と、スポンサーとしてやっと誘ってくれた。(-д-;)

で、アカ姉に招待券を用意してもらって、ダンナ方の母と妹、妹の娘達と行って来ました。

当日は『真夏はいつ終わるの?』と言うほどの炎天下。

そんな炎天下の中見た目は60代だけど、実年齢は70歳を越えているおばあちゃん(義母)の体力の消耗は激しそう。

なのにアカ姉のお化け姿が見たくて、サクサクと先を急いでしまい、気が付くとおばあちゃんは数メートル後ろ・・・
慌てて戻っておばあちゃんのペースで目的地を目指しました。(^_^;)

何とかアカ姉のお化け屋敷に到着。
しかし・・・色々と事情があって、結局迫真のお化け演技中のアカ姉を拝む事が出来なくて、悔しい思いをしたアカ母です。(T_T)

それでも金券を求めて抜け出してきたアカ姉の、お化けコスチュームは見れたから良いか。
これがなかなか!
一緒に行った小学生のアカ姉大好きな姪っ子が、一切アカ姉と目を合わせないほど、不気味なお化け姿。
【呪怨】(だったっけ?)に出てくるような、目の回り真っ黒で、目が合うと呪われそうな感じ。(^_^;)

その姿でホフク前進状態で、ズリズリと客を追いかけていると言う。
評判も
「他のクラスのお化け屋敷より、ずっと恐い~~」と絶賛されていると言う。
うぅぅ・・・見たかった・・・

それでも屋台を周るとチヂミ・ワッフル・アイスクリーム・焼きそば・焼き鳥・ナンカレー・抹茶・etc
バラエティーにとんだその屋台に、妹と「あれ良い!」「これも!」とはしゃぎ気味で楽しみました。(^_^;)
やっぱ高校の文化祭は内容が濃くて楽しい!

9・24
オイラも行きたかった・・・
だってアカネは一応男の子だし。


でもしつこくお化け屋敷に入れなかった事を引きずる・・・
... 続きを読む
本日アカ兄の体育祭でした。

アカ姉の時も思ったけど、小学校に比べて中学校の運動会って、何であんなに盛り上がらないんだろう・・・・。(-_-;)

うちの中学は平日やるもんで、観覧者もまばら。(他もそうなのかな?)

それでも去年までは結構盛り上がって楽しかったのになぁ・・・少なくとも内輪は。
思うにそれは盛り上げ隊長の、T姉さんがいたからかも。(^_^;)
毎年知り合いの男の子が下げパン(ジャージをお尻見えそうなくらい下げて穿いている)をしているのを見つけると、そ~っと後ろから近寄って、ジャージを膝までずり降ろすと言う暴挙に出るような姉です。(^_^;)
「なぁ・・・うっかりパンツまで着いてきたらどうするん・・・」と言う忠告に
「ど~しよ~~~」と楽しそうに言うような姉です。(^_^;)
「それってセクハラやん・・・」と言うと
「やられたくなかったら、ちゃんと穿けっちゅう話しや!」と、服装の乱れを正してると豪語します。
ま、やられる子も「おばちゃん、ほんま頼むわぁ・・・」と苦笑い出来るような子だけしか狙わないけど。(^_^;)
そんな愉快な姉がいない運動会は、なんとなく寂しかった・・・
少なくとも
「おいらは下げパンしてないから!」と警戒しながら行ったアカ兄は、T姉さんが来なかったことに安堵していると思います。

でもまぁ、それ以前に去年までは一応子どもたち、特に3年生は応援の声を張り上げていたのに、今年はその声もかなり遠慮がち。

な~んか、盛り上がる事無く帰ってきました。(-_-;)

とは言え我が子の参加競技はしっかり見てきました。

アカ兄に
「写真撮らんといてや!」と言われつつも、買ったばかりのデジカメでしっかり激写。(^^)v(それでも数枚・・・)
学年で1~2番目に小柄なアカ兄は、騎馬戦はしっかり上に乗っていたし、背渡りリレーも当初は女の子が渡るはずだったのが、今日見ると男の子に変わっている・・・
「あれ、アカ兄やん。」と言う友母の言葉に
「え?!・・・ほんまや!」と気が付いて、慌ててカメラを構えたアカ母でした。

何気に見せ場の多いアカ兄でした。(^_^;)
小さい事も良い事だ。

華麗に飛ぶ
オイラダイエットしてるから、体軽くなったでしょ。
ん~~・・・どうだろう?(^_^;)

新しいデジカメで撮ったアカネさん、フラッシュの加減でお目目がルビー色になっている。
メタボ・うさ』と発覚したアカネさんは、牧草と水と少しの生野菜以外のものは禁止状態。

でもいきなり全く無くすのは可哀想と、甘い母は今まで朝晩合計15g上げていたペレットを、合計5gにしてあげています。(^_^;)
その量の少なさったら・・・・(/_;)
アカネのがっつき方では一瞬で無くなります。
無くなった後も未練がましく器を舐め回す卑しい奴。
そしてその後なんとも悲しい目で母を見つめる。
なのでアカネにペレットをあげた後は、そそくさと部屋を後にするアカ母です。

しかし!ここで意外なメリットが!
朝はペレットが『ザララ~』と器に入る音で飛んでくるアカネだけど、夜は遊びに夢中でそんな音も無視でした。
いくら呼んでも
「へ!今戻ったらせっかくの自由が無くなる!」とばかりに無視。
けど量を極端に減らされたせいか、夜も『ざらら~』の音で飛んで来るようになりました。(^^)v

そんなメリットもあるけど、デメリットも・・・
元々ペレットを入れると器に飛びつく奴なので、しっかりと持っていなくてはアカネの重みで器をひっくり返す事もある。
いつも所定の位置に置くまでは器にアカネを半分ぶら下げた状態で、しっかりと掴んでおかなくてはいけなかった。(どんだけ~~~~

それが量を減らされペレットに飢えているアカネは、所定の位置に置かれた後も器に更に勢いよく頭を突っ込んで、頭突きで器をぶっ飛ばす。(T_T)
哀れペレットはスノコの下へ・・・
それを取ろうとスノコの隙間に鼻先突っ込んでパニくるアカネ・・・
その哀れな姿に涙する母・・・(/_;)
『アホや~』って、笑ってたくせに・・・BYアカネ
最近はアカネが食べ始めるまで器を押さえるようにしました。

この『メタボうさ』の食い意地には感心します。(-_-;)

【メタボうさ同盟】マジで設立か?(^_^;)
まずはぷりちゃん・ぴょん×2君達・しなもかちゃん辺りを勧誘させていただこうかしら。
特別会員としてダイ兄貴も・・・

9・17
オイラはペレットの事をそれだけ愛してるの・・・母~~ペレット頂戴。
だめ

可愛いうさ達の事をもっと知ってください。
  • banner

  • アカネの爪切り&健康診断に行ってきました!

    今回はアカ兄が
    「一緒に行くわ。」と言ってくれたので、アカ兄と共に行ってまいりました。

    今回はいつもと違う先生。
    まずは体重測定。
    2460g・・・・ハイ、苦笑いされました。(^_^;)

    「何か気になる事はありますか?」と言われ
    「ハイ、ちょっと肥満気味なのとソアホックがあるのが気になっています。」と答えると、先生はアカネを触診しながら
    「・・・・ん~・・・皮下脂肪はそんなに無いですね・・・内臓脂肪、・・・ですね。」
    「え・・・
    アカネさん、【メタボリックうさ】である事が判明。

    「食事は?」
    「基本牧草で朝晩合計15gほどのペレットと、おやつにエン麦かドライフルーツか、生野菜辺りを少し・・・」

    「あぁ、エン麦ドライフルーツはやめた方が良いですね。」
    「ドライフルーツは毛玉が溜まりにくいって聞いたんで、パパイヤをあげてるんですが。」
    「でもカロリーも高いですし、毛玉が溜まるのは基本腸の動きが鈍るからなんで、牧草をしっかり食べていれば腸の動きは活発になるんで、エン麦やドライフルーツはいらないんですよ。」
    と言われてしまった。

    「それと、ペレットも止めた方が良いですね。」
    「そうなんですか?でも前に他の先生に、『ダイエットの為にペレット止めた方が良いですよね』とお聞きしたら、栄養バランスのために、量は減らしても、毎日朝晩ペレットはあげるようにと言われたんですけど。」
    「あげているのはチモシーですよね。ならそれで充分栄養は足りているんで、無理にペレットは上げなくても大丈夫ですよ。牧草と水さえしっかりあげていれば問題無いですから。それで体重の減りを見て、減り具合でペレットは調節していきましょう。あかねちゃんは肥満までは無いですよ。ポッチャリしているだけですから。」
    と言われました。(^_^;)

    ソアホックの事もあるので、まずは体重減少のために、ペレットとおやつは止める事にしました。
    急に無くすのは可哀想なので、徐々に・・・・

    しかし、先生によって見解の差があるのだと実感。
    とりあえずそれなりにペレットやおやつを減らしているにも拘らず、体重の減少が見られないので、今回の先生の方針に従ってみようと思います。

    さあ、『ポッチャリ・メタボリック』うさぎのアカネさん、頑張ろうね。

    メタボリック
    オイラ・・・メタボリックやったんや・・・・

    もも

    昨日の桃は食べ納めって奴になっちゃったね・・・(^_^;)

    ちょっとまて・・・
    ちょっと待て・・・メタボリックはオイラだけ?
    それは母も当然・・・って目?
    みなまで言わすな・・・
    orz・・・・

  • banner
  • 2007.09.13 トンネルは
    朝晩ずいぶん涼しくなってきました。
    なのにうちのバカ子達の部屋は、朝起こしに行くとエアコン掛かってるし・・・(-_-;)
    でもって毛布をがっぽり着込んで寝ているバカ姉・・・じゃなくアカ姉の寝起きの一言が
    「・・・・寒い・・・」・・・・・(-"-)ヲイ!
    「アホか!寒かったらエアコン消せ!
    あんたら、電気代ただじゃ無いって何回言ったら判るんだ!


    気を取り直して。
    2学期に入ってからのアカ姉は、2回目の登校日は大幅遅刻したものの、その後は何とかギリギリ遅刻するかしないかで行けるくらいには起きるようになって来ました。(でもやっぱ遅刻多し・・・てか、ほとんど?
    未だに「うぅ・・・しんどい・・・」と言いながら身体を引きずるように・・・の時もありますが、その頻度も減り気味で、普通の学生(?)のように
    「遅刻や~~~」と騒ぎながらバタバタと元気に出て行く姿も見られるようになって来ました。

    夏休み中もバイトや友達と遊びにライブに行ったりと、ほとんど家に居ない状態。(^_^;)

    1~2年前は
    「この子はこのまま外に出られないんじゃないか・・・」と言う不安を抱えながら、
    「おなか痛い・・・」「気分悪い・・・」と唸りながら、毎日芋虫のように床に転がる姿を見ていた。

    今も時々転がってはいるものの、体調不良で転がると言うよりも、ただ単に怠けてゴロゴロ【トド】になっている事の方が多いので、母は遠慮なく
    「邪魔やなぁ・・・」と言いつつ、わざと踏みながら部屋の中を歩いています。(^_^;)

    辛い時なら、うっかりそんな事をしようものなら
    「しんどいねんから仕方ないやん・・・」と、思わず『しまった・・・』と反省させられるようなトーンで返って来た言葉も今は
    「こんなにコンパクトで可愛い娘踏んで行くって、酷くない?」と、『突っ込んで~』と言わんばかりの言葉が返ってくるのもなんとなく嬉しかったりする母です。
    なのでしっかり
    「どこをどう見ればこの巨体を【コンパクト】なんていう表現出るんや。あんたがコンパクトなのは脳みそだけやん。」などと突っ込んで楽しんでいます。


    いつになったらこの症状は治まるんだろう・・・と、出口の見えない、どのくらいの速度で進んでいるかさえも判らないほど暗いトンネルを進んでいるかのようにさえ思えていた。

    今もトンネルはあるけれど、真っ暗では無いし、時々抜ける事もある。
    ここまで来ればあの頃よりもずっと、
    「いつかこのトンネルはなくなる日が来る。
    と確信が持てるようになって来ています。

    まだまだ不安は尽きないけれど、光が見えてきている今日この頃です。

    9・13
    姉ちゃん・・・動けるようになったなら、お外にばっかり行かないで、もうちょっとオイラの事かまってよ・・・・
    ねぇ~。母もそう思う!
    2007.09.11 幸せに浸る
    書きたい事はあったけど、月一の面倒な奴が来ているせいで、思考が上手く働かないので、今回もアカネグレーのうさぎメインで・・・(^_^;)

    先日苦い(辛い)大根葉をしぶしぶ食べてくれたアカネに、今回はブロッコリーを。

    うめぇ!
    これこれ~~

    鼻の穴
    むほぉ~~~うめぇぇぇ~~~
    アカネ・・・鼻の穴広がりまくってるんですけどぉ・・・

    後ろ足
    はぁ~~、満足。
    後ろ足だらしないんですけどぉ・・・
    幸せに浸ってるんだから、余計な突っ込みいれないでくれる?

    リンク欄にもはってあるけど、思い出したようにここにも貼ってみる。(^_^;)
    banner
    うさぎさんの事を少しでも知ってあげてください。
    2007.09.09 たまにはv
    そうそう、うちって元は【うさぎブログ】だった。(^_^;)
    と思い出したので、今回はアカネメインで。グレーのうさぎ

    と言いながら、いきなり泥大根葉。
    大根葉収穫

    大根葉が立派に育ちました!

    洗った大根葉

    早速洗ってアカネに


    苦い・・・

    旦那!ほれほれ、採れ立て新鮮そのものでっせ!
    クンクン・・・なんか・・・
    え・・・食べないの?(T_T)

    母かじる

    アカネにクンクンだけして、そっぽ向かれたんで、かじってみました。
    「苦い・・・・」(T_T)
    匂いだけでわかるアカネって凄い

    気になる・・・
    でもなんか気になるんよなぁ・・・クンクン・・・

    やっぱり・・・
    やっぱ食べてみっか。
    お!旦那、いって見ますか!

    もったいないから・・・
    うん・・・・食べれん事は無い・・・ハグハグハグ・・・
    おぉ~、その苦味が耐えられるなんて、おっとなぁ~~。

    一度はそっぽ向いたものの、食意地のはったアカネさんは、ちゃんと食べてくれました。
    でも大根部分は残してたけど。(^_^;)
    大型台風、かなり被害が出ているようですね。
    関東地方の皆さん、大丈夫ですか?
    直接の被害が無かった事を祈ってます。

    またまたリンクさせていただきました!
    【Dear My Family】サキさんのブログをリンクさせていただきました。

    いや、もう中・高生の子を持つ母はかなり共感出来ます。
    アカ母はお邪魔しては
    「そうそう!」と何かの宗教に入っているかのごとく、PCの前で激しく頷いてしまう事も度々。
    「・・・って言うか、これってうちの子の事?」と錯覚してしまいそうな事も・・・(^_^;)
    そして日頃は生意気な子どもも、
    「根は優しくて良い子なんだ」と可愛い一面も思い出させてもらってます。

    9・7
    おいらはいつも可愛いよ。
    ブラッシングも爪切りもさせてくれないし、あっちこっちかじり倒すけどね。(-_-;)
    そんな些細な事は気にしなくて良い・・・
    気にします!
    『お願いを広め隊』~うさぎから10のお願い~を主催されている、にーなさんのお許しを得て、自作のバナーを使ってリンクさせていただくことになりました。

    にーなさん、我侭な申し出を受けていただきまして、ありがとうございます。
    タイトルとかこれで良いのか不安ですが・・・
    違っていたら作り直します!

    一度ブログに書かせていただきましたが今一度・・・

    『これからうさぎさんを飼おう!
    うさぎさんを飼ってみたい!』
    と思われる方はぜひピューンと飛んで見に行って下さい。

  • banner
    左の方ズリズリと見て行っていただくと、うさぎリンク欄に上と同じバナーを貼ってリンクさせていただいています。
  • 2007.09.06 呼び出し
    昨日は友達とランチ。
    二人ともアカ母よりお姉さんで、上下同級生のTNさんと、もう一人は末っ子が上の子たちと同級生だけど、上二人は成人しているベテラン母のAさん。
    だけど飾る事も無く、いつも気さくに付き合ってくれる。
    TNさんの下の子とアカ兄は似た所があり、いつも
    「何であんなに我侭なん?!」と愚痴っている。

    ベテランAさんはあまり子どもを怒った記憶が無いと言う。
    「末っ子は悪かったからそれなりに怒ったけど、お父さんがほとんど怒ってたからな。それに3人目ともなると、怒る気力も無くってさぁ~。」と、笑ながら言う。(^_^;)

    真ん中の子は真面目でそれこそ放っておいてもちゃんとしていたからまだしも、一番上の子は人にどうこうは無いけど、勉強しないとか遊んでばかりとか、まあ アカ姉状態だったらしいけど、
    「言うても一緒やから結構放ってたわ。まあ、あんまりにも・・・な時には流石に『いい加減にしいや・・・』くらいは言ってたかな。まあ、言うた所でする子じゃなかったけど。(^_^;)」
    と、なんともおおらかな子育て振りを聞かせてくれた。

    でも今3人とも素直で良い子に育っている。
    会えば必ず挨拶もしてくれるし、うちの子たちにも優しい。
    なんとなく、良い見本を見せられた気がした。


    そしてその日の夕方・・・・
    クラブでまだ帰らないアカ兄の担任から電話。
    『こんにちわ。N中学のYですが。』
    「あ、こんにちわ。いつもお世話になっております。」・・・嫌な予感・・・・

    『あの~・・・アカ兄君なんですけど。携帯電話を教室で開いてる所発見しまして、即取り上げて今私の方で預かっているんです。どうしましょう。私の方で預かっていても良いんですが、お母さんに来ていただいてそちらで対処してもらう方が良いでしょうか?』と。(-"-)(キターーー!

    いっそ先生に預けておいて、一切使えない状態にしておいて貰おうかとも思ったけど、それってなんだか先生に責任負わせるみたいな気がしたので
    「私が頂いて、こちらでと言う事でよろしいですか?」と聞き
    『ハイ、そうしていただけますか?』と言われたので、速攻取りに行った。

    行くとクラブ中のアカ兄と目が合った。
    ばつが悪そうな表情のアカ兄。
    一睨みして職員室へ。

    「教室に入ったら携帯をいじっていたんで、『出せ』って言うたら素直に『ハイ。』って出して『2回目やな。判ってるな。』って言うたら『ハイ、お母さんがまたやったら取り上げて解約って言ってました・・・』って、覚悟は出来ていたようです。誤魔化すでも抗うでもなく、素直に非を認める辺り安心してるんですが、どうも今日たまたま持ってきてしまったと言う感じじゃなかったんですよね。」
    と言われ
    「そうですか。家の方でもキツく言っておきます。本当に済みませんでした。
    と言って、携帯を受け取って帰って来た。

    帰って来たアカ兄は先生の言った通り覚悟は出来ていたようで、素直に謝り、母の
    「あんたはお母さんとの約束をまた破ったんやから判ってるな。携帯はお母さんが預かる。制限も掛ける。お母さんがどうしても必要と判断した時以外はまず持てないと思え。後の細かい処分は、明日学校から帰るまでに決めておくから。」
    と言う言葉に、一切反抗の色も見せずに
    「ハイ、判った・・・」と、処分を待つと言った。

    本当なら解約したい所だけど、出かけると鉄砲玉になるアカ兄の事を思うと、せめて母との連絡用には持たせておきたい。
    そう考えると解約はねぇ・・・

    いつもならアカ兄が帰るまでジリジリしながら待ち、帰ってくればアカ兄の態度も見ずに、即雷を落とし泣いて謝るまで責め立てていたと思う。
    Aさんのおおらかな教育を聞いていたせいか、今回は『これで良いのか?』と思えるほど、穏やかに話をしていたアカ母。(単純)
    けどいつもなら逆ギレして屁理屈を捏ねるアカ兄も、元々反省してたせいもあってか素直に反省し、処分も当たり前と文句一つ言わずに受けていた。
    これで本当に懲りてくれれば良いんだけどね・・・(-_-;)

    暫くしてからアカ兄が言った。
    「もう学校には絶対に持っていかへん。先生に見つかった時のあの変なドキドキ・・・・心臓壊れるかと思った。もうあんなん嫌やし。」と、珍しく懲りたようです。(^_^;)

    普段宿題や提出物を忘れたり授業態度が悪いと、先生に「問題児!」と言われるほどヤンチャして、怒られても「へへ~~ん」状態なアカ兄が、以外な事でビビるものだと驚いたアカ母。
    思わず
    「なら他の事でもビビッて懲りろよ・・・」と言う言葉は一応飲み込みました。

    【災い転じて福となす】みたいに、この失敗で成長してくれる事を祈ります。

    9・6
    兄・・・呆れるね。
    母も呆れる・・・(T_T)
    アカ姉は実質土曜日から新学期でした。
    土曜日は遅刻もせずに、思わず母が「幸先良いね~」と呟いてしまうくらい、体調不良を訴えるでもなく、普通に登校して行きました。

    帰って来たアカ姉は、いつものごとく母をひっ掴まえての一日の出来事のご報告。


    「今日学校行ったら皆に無視されてさぁ・・・
    と、心臓が止まりそうな事を言う。
    「どう言う事?
    「TU(バイトも一緒に行ってる友達)はいつも通りに、『おはよ!』って言うてくれたけど、他の子らは『おはよ!』って言うてるのに、TUには『TUおはよ~』って言うのに、こっちとは目も合わさんし返事も返してくれへんでさぁ。
    たまたまかな・・・って思おうとしたけど、その後に会う子も皆無視で、酷い子は『何こいつ?馴れ馴れしい・・・』って言うし。
    言葉出んくらいショックでさぁ。
    その後いつもやったら『アカ姉ちゃん!』って言いながら抱きついてくるKKにまで無視で、頑張って『おはよう!』って言うたら『あんた誰?』やで。
    『アカ姉~~~!』って言うたら、いきなり片手で後ろ髪つかんで横で束ねて、もう片方の手で目元隠してきてやっと『え~~アカ姉ちゃん?!』って気付いてくれてん。(T_T)

    「・・・それって、見た目変わってて気が付かんかったって事?
    「そうみたい・・・KKと教室行っても暫く皆反応無くって、『KK誰それ?何で仲良く話ししてるん?』とまで言われてKKが『何言うてるう?アカ姉ちゃんやん』って言うてくれて、やっと皆『ええー!アカ姉ちゃん?!眼鏡は?髪形違う!!』『そうなん?!さっき知らん子におはようって言われたと思って、誰こいつって思って無視してもうたし!』って判ってくれてホッとし過ぎて泣きそうになったし。」と、なんとも情けない顔で笑いながら言うアカ姉。


    高校になってからコンタクトが合わなくなっていたので、黒縁眼鏡を掛けていて、夏休み前は髪を横向きに一つに束ねていたアカ姉は、夏休み中にコンタクトを調整して復活し、髪型もその日は「面倒や。」と言いながら下ろして行った。
    そして夏休み中に多少体重も落ちていた。
    でもそんなに皆が判らない程変貌したと言う認識が無いアカ姉とアカ母。

    普段から見ている家族や、夏休み中も一緒だったTUちゃんは、徐々に変化するその様を見ていたから違和感無く受け止めていたのかなぁ・・・

    「それにな、皆『だって(遅刻せずに)来るって思ってなかったし・・・ちゃんと遅刻せんと来れてんや、偉い!』って言われた。(^^ゞ
    全体朝礼の時いつもの場所に並んでたら、他のクラスの知ってる子らにまで『こいつ誰?』ってコソコソ言われて、こっちそんなに判らんほど変わったんか?ってびっくりやし。」
    「普段と違う事し過ぎたって奴か・・・でも判ってもらえて良かったやん。」
    「ほんまや。マジでイジメ?ってへ込んだし。

    なかなか刺激的な新学期のスタートを切ったアカ姉でした。(^_^;)

    そして昨日はまたもや腹痛で遅刻。
    よかったのはスタートだけか・・・と落胆した物の、今朝は遅刻せずに、土曜と同じ感じで登校して行きました。(^^)v
    少しずつでも一学期より進歩してくれると良いなぁ~。

    何だって?
    アカ姉ねぇ・・・相変わらずお部屋汚いし、何にも変わってないと思うけど。
    中身じゃ無くて、外見の話・・・
    中身ももうちょっと、何とかなってくれんかね・・・(-_-;)
    29日にお迎えした、亀のカイちゃん。
    アカ兄の愛情虚しく短い生涯を閉じてしまいました。。。(;_;)

    アカ兄の凹みようったら・・・・
    始業式を終え荷物を取りに来た友達と帰って来たアカ兄は、カイちゃんの哀れな姿を発見。
    「何で?!ありえへん!!まだうちに来て・・(数えてる)・・5日やのに!あの店おかしいん違う?!」と吠え続けていました。
    宿題終了して意気揚々と登校して行った元気も萎んで、友達が来ていたから泣きはしなかったけど、寝転んで突っ伏して友達が気を引こうとしても、暫く死体になっていました。
    カイちゃんは去年アカ兄が泣きながら埋めた、金魚のクロちゃんと共に使っていないプランターの土に還りました。
    ちょっとの間とは言え、ちっちゃなカイちゃんがチマチマ歩く姿に癒されていただけに、母もちょっぴり涙が出そうなほど悲しかった。

    暫くして
    「きっと水槽があかんかったんや。金魚用で無くってちゃんと亀用の奴で、ポンプもつけてあげなあかんのや。でもそれ揃えるの2400円も掛かるしなぁ・・・・」とブツブツ言ってましたが、母はあえて聞こえない振り。(‐‐)

    その様子を知ったアカ姉は
    「去年の金魚と言い、アカ兄には生き物飼う素質ないんや。そう考えたらアカネは長生きしてくれてるな。やっぱ飼い主?」と言う。
    「あのな・・・・今実際世話してるのお母さんやんか・・・・。」
    「そうやったっけ?
    あんたもハムスターのプーには3ヶ月でお別れしたし、毎年捕って来る夜店の金魚はあっという間に全滅させてるじゃん。

    せめてアカネには末永く生きて欲しいから、あんたたち任せには出来ないな。

    カイちゃん安らかに

    カイちゃん、あまりにも早い旅立ちに母は兄をどうやって慰めれば良いかわからないいよぉ・・・(:_;)
    2007.09.03 お泊り宿題会
    今日からやっと新学期が始まった~~~

    土・日が入ったため、例年とは違い遅めに始まった新学期を迎えたアカ兄。

    アカ兄は夏休みの終わる3日間で、溜まりに溜まった宿題を、友達と我が家でお泊り宿題会を敢行し、ほぼ徹夜でやり遂げて、寝不足状態にも拘らず、朝から茶碗山盛りのご飯を平らげていた。
    同じ寝不足の友達は「何で朝からそんなに食べれるん?見てて気持ち悪くなる・・・」とアカ兄の食欲にげんなりしながら、味噌汁だけすすって行きました。(^_^;)

    「そんな寝不足で今日のクラブ無理違うん?」と言うと
    「全然大丈夫!クラブ行くし!
    「お前、化け物?!」と帰宅部のその友達に突っ込まれつつ、晴々とした顔で登校して行きました。
    アカ兄のOD騒動このまま終結してくれることを祈ります。

    にしても・・・あれだけ口うるさく言われながら、よくそんだけの量の宿題放置していたもんだ!と、ワナワナ来てます。
    まぁ、結果的に終わらせたから良しとするけど、ほぼ徹夜状態のお泊り会には物申す!

    9・3
    兄も困ったもんだね・・・姉だけじゃなく兄にも一言言っとこうか?
    言えるのなら言ってほしいよ・・・
    ... 続きを読む
    マネージャー業終了しました。(^^ゞ

    現地に行くと市の子ども会の役員をしているN姉さんもいて、T姉さんと共にいる私を見て
    「アカ母ちゃんも来てるし~」と言われました。
    私が「だって~~。(T姉さんに無理やり)」と言葉を発するのを遮ってT姉さんが
    「こんでええ、って言うてるのに、どうしても来たいって言うからさぁ~。アカ母ちゃん足も悪いけど、性格も悪いから拒否したら恐いやん」と言う。
    「ほんまにぃ~、足だけでなく性格悪いし、頭も顔も悪いし良いとこ無しやなぁ~。」と二人がかりでいじめられました。(T_T)
    「良いもん・・・帰るし・・・・(:_;)」と言うと
    「やっぱ性格悪いわ。」・・・もう良いってば・・・
    こうやっていつも3人で相手変えていじめて遊ぶ。


    行くと当初T姉さんとN姉さんとKにしか言っていなかった、足の怪我の事が皆に広まっていて、
    「大丈夫なん?!」とワーワー言われて焦りました。
    『骨折』と聞けば、ギブスに松葉杖でビッコひいてる状態を想像されがちですが、松葉杖は勿論ギブスも包帯も無しで、普通に歩いているので皆「?」状態。

    「だから~、痛みもほとんど無いし、ビッコひくほどの状態でもないから大丈夫よ~」と、痣も腫れもすっかり引いた患部を見せながら言うと
    「・・・・でも骨折は骨折やろ?ちゃんと病院には行ってよ・・・行事の怪我やから治療費は保険から出すから。」と言われました。(^_^;)
    と言う事で、早く治さないと申し訳ない気がしてきたので、ちゃんと電気治療にも通うことにしました。(^^ゞ


    『動かないマネージャー』と言っていたものの、行くと役員メンバーの手も足らない状態で、人に言ってやらせると言う事が苦手な事もあり、ついつい動いてしまって周りに気を使わせてしまったかも・・・と言う申し訳なさもあったけど、反面これだけ動ける所を見れば、周りも『大した事無さそう。』と安心してくれたかも、と言うのもあってOKかもと思うアカ母です。
    流石に皆が走って動く時は
    「走るんかい!」と言って、一人トボトボ歩いていましたが。(^_^;)

    痛みに関しては骨折よりも外反母趾の方が痛いかも・・・状態で、多分症状は捻挫よりもずっと楽かもと言う状態です。
    皆さん、お騒がせして申し訳ありません・・・m(__)m


    試合結果は男女とも敗退・・・
    とは言え皆良く頑張った。

    特に男子は練習の時よりも良く動いていたし、3試合中1試合は勝利!
    負けた2試合も1点差と接戦でした。
    今年の子達はちゃんと司令塔になる子がいて、監督が迷った時には的確なアドバイスまで出来、周りもちゃんとそれに従って動くと言う、なんとも頼もしい子達でした。

    いつもはどうしても男・女我関せずで、互いの試合の応援する子は一部だったのが、今回は女子も男子の試合の時は皆で応援していました。
    そして男子も女子の試合の時もちゃんと皆応援に付いて、励ましたりアドバイスをしたりの姿に、長年子ども会に関わってきたおばちゃんは
    「今でもこう言う温かい子達がちゃんといるんだ・・・」と、ジンときてたりして。
    いつも試合後には清清しく帰りますが、今回の清清しさは格別だったかも。
    どうかこのままでいて欲しいと切に思った次第です。

    は~、今日は気持ちよく眠れそう。

    9・2
    大きなレタス。オイラも気持ちよく眠れそう。
    昨夜T姉さんから電話。

    この姉さんからの電話は大抵数時間に及ぶ。
    用のある時は勿論、ストレスが溜まって普段の愚痴相手のKでは話せ無い事や、物足らなくなれば掛けてくる。
    昨夜もしっかり2時間。(まだ短かったな)

    「あ~スッキリした~アカ母ちゃんは私の精神安定剤や。」と満足したT姉さん。(^_^;)(精神安定剤ですか・・・
    スッキリしたのは良いけど、とんでもない事を言い出した。


    T姉さん日曜日に、今度校区で行われるスポーツ大会の練習があり、それに参加するつもりだった。
    当初は私も誘われ、一緒に行くつもりだったのですが、捻挫・打撲と思っていた足が、実は骨折だったと判明し、T姉さんにも
    「暫く大人しくしとけ~」と言われ断念。

    普通に歩く分にはたいして支障は無いものの、普段サンダル履きで気が付かなかったけど、スニーカー系のものを履くと圧迫されてやはり痛かったので、素直に療養する事にしたアカ母です。(^^ゞ

    で、T姉さん
    「日曜練習行こうと思ってたのに、子ども会のキックの監督してくれって言われてさぁ~」とブーブー言っていた。

    当初監督を頼んでいた人が、急な仕事で出れなくなり、監督経験のあるT姉さんに白羽の矢が立ったらしい。

    「そうなんや~。頑張れ!私は怪我人やから、大人しく家で涼んどくわ。」と言うと
    「何言うてるん、アカ母ちゃんも来るねんで。」と言う。
    「何でー?『大人しくしとけ』って言うたんTちゃんやんかぁ。それに今回私は呼ばれて無いし、それ以前に行っても役立たずやし。」
    「役に立たんで良いからおいで。」
    「何をむちゃくちゃ言うてる・・・
    「だって~、寂しいし。私のマネージャーとして横についててや。」
    「マネージャーって何するん?動けん奴がマネージャーってどうよ・・・K役員で居るやろ?ならKで良いやん。K居ったら寂しくないやん。」
    「あれは話しててもズレてるから物足らん。それに午後までやるらしいから、そんな長時間メッチャ寂しいやん。パシリはKにやらせるし。
    ・・・Kはパシリか?(まあ自分でも『パシリ』って言ってるから良いか)

    「ちょっと待て・・・午後もやるなら弁当とかの準備もしてるん違うん?私行ったらややこしいやん。
    「大丈夫!Kに用意させる。何なら二人で外食べに行っても良いやん。Kに言うとくから、来てや!」
    「え~、・・・10時頃に応援だけ行くわ。」
    「あかん、朝8時な!」
    「え~~、そんなに早くから?・・・・遅れると思う。
    「大丈夫、アカ母ちゃんの遅れるは数分やし。」
    「いや、今回は数時間・・・」
    「8時に待ってるし!じゃ!」
    「ええ!おい!!


    T姉さんには押し切られたものの、やはり肝心の子ども会から声が掛かってないからパスしようと目論んでいたら、現在子ども会連合の副会長をしているKからメール。
    『怪我をしてる中申し訳ないが、日曜の大会にマネージャーとして参加して~。弁当はこっちで準備するから~』と・・・

    速攻返信。
    『それってTちゃんの指名やろ?弁当まで用意せんで良いから!』

    『丁度欠席者がおって弁当余るから問題なし!そうそう、怪我の治療費、保険出すから領収書持って来てや~』

    T姉さん、根回し完璧・・・

    完全に平穏に過ごすはずの日曜日が潰れました。
    サンダル履いてズリズリだらしなく参加してきます。

    9・1
    そう言う運命なのさ・・・
    運命って残酷・・・
    母、大袈裟。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。