上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夕べ何も食べようとしなかったアカネさん・・・(T_T)
あれから夜中にアカ姉がゲージを覗くと、ゼリーとバジルは綺麗に平らげていたとか。
でもペレットは手付かず。
試に新しい物と取り替えたらポリポリ食べだしたと言う。

今朝はどうだろう・・・
と思いながらゲージを覗くと牧草ポシポシ食べてる。
ウンチは・・・・かなり少ない。
「まぁ、幸先いい感じかな。」と、いつものように掃除と朝ごはんの準備をとゲージを開けた途端、いつものように『ぴょぃん!』と飛び出して遊びだした。
掃除も終わりペレットを入れて、ドライフルーツちらつかせながら
「アカネ~ご飯~~~」と何度か呼ぶと、トトトト・・・と寄って来て、フルーツ強請ってゲージにエサが入ってるのに気が付いて、いつものように突進して行って、がっついていました。(^_^;)
「いつも通りやん。かなり回復!でも念の為爪切りも行きたいし病院には行っておこう。」と思い、キャリーを引っ張り出して病院へ。

診察の結果は多少胃の内容物は硬い物の、ガスも殆ど溜まっていないし、然程症状は重くないとの事。
処置が早かったんで、前回のように長引く事はないだろうと、念のために水分補給の皮下注射と、1週間分の飲み薬を貰って帰ってきました。

毛玉の方は一安心。
でももう一つ気になる症状が有りそれも相談。
足裏にうっすらとハゲ・・・
これも再びの【ソアホック】。ぷりちゃんお揃い・・・(私信ですみません
これも前回のように赤くも無く、うっすらハゲ程度なので、特別何も無くOK。

が、なんとなく気が付いていたけど、見てみぬ振りしていた重大な事を指摘されました。
「アカネちゃんもう少し頑張ってダイエットしましょうね。そしたらソアホックも治るから。」(^_^;)
一時期ほっそりしてきたのに、ここ最近なんとなくまたどっしり感が出てきたなと思っていたら、体重がまた2500gになっていた。
再びデブ・ハゲ・親父ウサ・・・

野生の体質か、秋になって脂肪を溜め込み始めたのか?
体調回復後、更なるペレット削減を言い渡されて帰ってきました。(T_T)
最近姉も太りだしたので、二人と1匹でダイエット作戦開始です。(う~ん、毎度言ってるな・・・
ぷりちゃん一緒に頑張ろうね!!(またまた私信ですみません)

はげでぶおやじ
ん?
暢気な顔してる場合じゃ無いって・・・(-_-;)
スポンサーサイト
日曜日校区の行事から帰ってアカネのご機嫌伺いに。
「アカ~~、母と遊ぼう。」と言いながらゲージの扉を開けると、いつもなら
「待ってました!」とばかりに飛び出すのに、今日はオドオドと出てこない・・・
暫くしてやっと出てきて、遊びだした。
小1時間ほど戯れて、ソロソロ時間だしとご飯を上げると食べようとしない。

「・・・うそぉ・・・また?」と嫌な予感。
大好きなドライフルーツにも見向きもしない。
プランターからバジルとパセリを摘んできてあげても
『くんかくんか』と匂いを嗅ぐだけでそっぽ・・・(T_T)

そんなアカネの様子にアカ姉も夕飯の後、リンゴ持参でゲージから出して見たものの、やっぱり食べない。
病院はもう閉まってる。
母は既に酒気帯び状態。

明日の朝一に病院です。(T_T)

背後に・・・
換毛期に入って抜け毛が増えているので、パパイヤあげたりブラッシング以外にも、いたずらのお仕置きついでにコロコロで抜け毛取りしてるのに・・・(そのストレス?)

抜け毛
軽く『コロリ』と撫でただけでこの抜け毛。

本日はグランド・ゴルフのお手伝いでした。
グランド・ゴルフとはゲート・ボールのハンマーくらいの大きさの、ゴルフ・クラブみたいなので、これまたゲート・ボールのタマのような物を打って、何回でゴールに入るかを競う競技です。

私は審判と言うか点数付けをやってきました。
私が担当したチームはベテランさんばかりだったので、
「ここ違う」と沢山フローをしてもらいながらも、何とか無事に完了しました。(^_^;)
ま、私だけでなく、部長さんも一緒だったんで選手の皆さんと、ワイワイ雑談しながら楽しくやってたんですけど。

そのプレー中に遊びに行っていたアカ兄から
「鍵掛かってて開けてって言うてるのに、姉ちゃん風呂入ってて開けてくれへん!」と言う苦情の電話が何度も掛ったり、その後友達と再び遊んでいたアカ兄は、どうやら私が禁止しているBB弾で遊んでいて、一緒に遊んでいた子が知ってる子の足元めがけて打ったとかで、実際に当たって怪我は無かったものの、やられた子は怖くて泣きながら帰ってきて、そこのお母さんから
「アカ兄ちゃんが打ったかどうかは判らんねんけど、そう言う事があったから。」と電話をくれて、一時プレーから離れて、速攻アカ兄に電話をして確認をして
「△△と一緒に謝りに行け!」と言いつけたりと、何ともバタバタとしていました。

アカ兄が「言うても行こうとしない」と言うので、試合が終わってから遊び場に行くと、△△はまだ銃を持っている。(-_-;)
「こぅら!ま~だ懲りずににそんなもんで遊んでるんか!」と叱って、二人を連れてお詫びに。
「何でおいらまで?!おいら人に向けて打ってないのに!!」と反抗するアカ兄。
「それでも一緒に居って、あんたも銃で遊んでたんやろ、同罪や。お母さんあんたにBB弾禁止してるはずや!とりあえず一緒に来い。」
と言って二人引き連れていきました。

先方は
「そんな、ただそんな事があった、て事だけ報告しといた方が良いと思っただけで、わざわざ来てもらってごめんね。」と言ってくれました。
それでもちゃんと子ども達には
「真似でも人の方に向けたらあかんよ。おばちゃん所やからちゃんとお母さんに報告も出来るし、別にそんな怒ろうとは思わんけど、知らん人やったら相手によっては、打たずにただ銃向けただけでも、とんでもない事になる事もあるねんで。それでお母さんらに迷惑かけたらあかんねんで。今度からはちゃんと危なくないように遊びや。」と注意もしてくれました。

先方は私達が来た事に恐縮して
「嫌な思いさせてごめんね~。」と逆に謝られてしまいました。(^_^;)
でもやっぱり何も知らずに「あそこの子が・・・」と知らない所で思われたり言われたりする方がずっと嫌だからと、言って貰えて良かった事を伝えました。
そしてちゃんと子どもたちに注意してもらった事も。
親が言うより他所の人に注意される方が子供は堪えると思うしね。(^_^;)

行事の方は楽勝だったのに、子ども達に振り回された一日でした・・・

なでさせてあげる
ほらほら、癒させてあげるから。
最近かなり頭の中がでんぐり返り状態です。(なんのこっちゃ・・・

本日、私立の学校説明会に行ってきました。
と言えば当然高校受験を控えたアカ姉の・・・と言うのが順当なのですが、行ったのはアカ兄の方。

実は・・・
この時期になって、我が家は【無謀】としか言えない状況をつくっております。(-_-;)

10月頭の父帰宅の折、(こいつの帰宅を機に色々と・・・)突然
「アカ兄は私立に入れよう。」と言い出した。(・o・)・・・・
「・・・えぇ!私立って、中学?」一瞬目が点になりながらも、何とか反応。
私立中学に行こうと言う子は、遅くても小学校5年くらいから塾に通ったりして受験対策に備える物。
でも全く全然そんな事を考えもしなかった我が家のアカ兄は、母の
「小学生までは遊び(友達)が一番、勉強2番で良い!」と言うお気楽な教育方針の下、玄関にかばんを放置して遊びに行くほど、ノビノビと小学生ライフを満喫していました。
そんな奴に私立受験・・・
しかももう受験日まで3ヶ月しかないやん~~!

「無理、そんなん受かるはずない!」と言う母の言葉にも
「ダメ元で受けさせてみようや。」と、『何が何でも!』と言うほどではない父。
そうか・・・ダメ元って事は、ダメでも『そりゃそ~だわな~』で終わるか。
と、途端に母も深く考えずに「アカ兄が受けるって言うならね。」と承諾しました。(楽天夫婦)

で、父はアカ兄にその事を伝えた。
アカ兄は
「嫌!絶対に嫌!!友達と違う学校なんか行きたくない!!!」と大泣き。(^_^;)
「こりゃ無理だ。」と言う母に
「ま、準備だけでもしとけ。」と言い残して父は赴任先に戻って行った。(丸投げかよ!!

元々地元で良いやん・・・と思っていた母は、泣くほど嫌がったアカ兄に、私立に行けとは言う気になれず、父からの
『準備はどう?』のメールにも
『ぼちぼち~』と返信しながらも、何もしていなかった。(^^ゞ

所が事態は急変。
あれほど嫌がっていたアカ兄が父が戻った2日後に突然
「私立、受けてみようかなぁ・・・」と言い出した。(・o・)・・・

本人がその気になったのなら、もう放置は出来ない。
色々話しをしてアカ兄なりに色々考えて、アカ兄なりに思う所があっての結論。
アカ兄は思ったよりも本気だと判ったものの、現実を見るとまた
「やっぱ止めた。」と言い出だしかねないと思いながら、とりあえず全国模擬試験を受けさせてみた。

試験を受けて戻ってきたアカ兄は案の定
「なにあれ・・・わけ判らん・・・算数なんて暗号やし・・・多分0点や・・・」と凹みまくっていた。(^_^;)
「こりゃ『止めた!』となるな・・・」と思っていると、翌日学校で同じ模擬を受けた友達から情報を仕入れてきたアカ兄は
「お母さん・・・塾行っても良い?」と言い出した。
(・o・)・・・ジュク?イマ、ジュクッテイッタ?
「塾?!この時期から?あんなに嫌がってたのに?・・・正直に言うよ。今までまともに勉強してこなかったあんたが、残り3ヶ月塾に行ったからって、私立受かる可能性はかなり低いよ。」
「判ってる。でも可能性少しは高くなるやろ?頑張るから。

今まで何に対してもやる気を見せなかったアカ兄が、私立を行くよりも嫌がっていた塾に行きたいと言い出した。
「わかった。とりあえずお姉ちゃんの行ってた塾の先生に頼んでみる。ダメなら諦めや。」
と言ってアカ姉がお世話になっていた塾に連絡してみた。
「正直申しましてこの時期ですから、絶対に合格させますとは言えないです。でも出来る限りの事はして見ますので頑張りましょう。」と言って受け入れてくださいました。

塾に行き始めたアカ兄は今まで『嫌い』と言っていた算数が楽しいと言う。
「学校よりも判りやすい!」と言って、塾には嬉々として向かいます。

そして今日 私立の学校説明会の時に、その学校で希望者対象の模擬テストをしてくれました。
アカ兄も「受ける」と言って参加。
終わって中々の手ごたえだったようで、全国模擬テストの時とは比べ様のない晴れやかな顔。(^_^;)
「何か希望わいてきた。頑張るで!絶対にこの学校行く!」と、ますますやる気を出している。
説明の内容もアカ兄なりに惹かれるものがあったようです。
このままガス欠起こさずに突っ走ってくれれば良いんだけど・・・

奇しくも説明会から戻った自宅のポストに、先日受けた全国模擬テストの結果が入っていた。
封を開けて結果を見て、思わず親子で爆笑。
う~ん、やっぱりどれも平均に達してない、しかも・・・
「予想はしてたけど、算数0点って!!」
「だから~こん時は全く勉強せんままやったからさぁ・・・でも今日のはまだ出来てると思うから。」と、苦笑いのアカ兄。
さて・・・・今後偏差値は合格ラインに到達するのか!
軌跡は起こるのか!?

・・・と言うか、肝心のアカ姉の進路はどうなる事やら・・・
母がいくら情報流しても
「ちゃんと自分で考えてるから!」と言って、聞く耳も持ちゃしない。(-_-;)

いきなり受験生2人になっちゃって、私の精神は持つのか?(T_T)
資金は持つのか・・・

まあるいおしり
癒しのおしり
2006.10.27 用足し
さてさて、アカ姉と共にお部屋の引越しをしたアカネ。
ゲージの場所は引っ越したけど、ゲージの中の配置はそのまま。
うちに来た当初は結構あっちこっちに配置を換えて、何とかこの状態に落ち着きました。
アカネのお部屋2


あまり環境の変化を好まないうさぎ。
なのであまり配置を変えるのは可哀想なのですが、生後一ヶ月程で我が家に来たアカネはまだ、トイレトレーニングが出来ていなかったのか、トイレでウンチは愚か、シッコもしてくれない。
マメにゲージの掃除をして、粗相をしたら匂いけし消しもして、シッコの匂いの付いたティッシュをトイレに置いても中々トイレにしてくれない。
それ所かトイレは寝床になっていた。(^_^;)
うとうと・・・
赤ちゃんアカネ

どうしたものかと思案していて気が付いた。
粗相する場所は大抵決まってる。
何箇所かに粗相の後があるものの、一番量の多いのはゲージの奥右端。
ならばそこにトイレを置いてやれば良いじゃ無いか!と。

暫くは他の場所にもしていたけど、トイレ以外でした時は徹底的に匂い消し!
だんだんと場所も定まり、1年過ぎた今ではゲージの中でのシッコはトイレ以外ではしなくなりました。
うんちもほとんどトイレ。(てんこ盛り・・・)
時々お尻に挟まったままトイレから出るんで、おこぼれウンチが転がってる事はあるけど・・・(^_^;)

今まで狭くて遊べなかったアカ姉の部屋も、今は広くなったので、アカネはゲージのある姉の部屋で遊びます。
遊んでる最中に時々ゲージに戻って、また出てきて遊ぶ。
「戻りたいわけでは無さそう・・・」と思いながら見ていると、時々戻るのは『用を足す』ため。
アカネ、えらい!!
トイレ中
ちょっと・・・見られてると出ない・・・
と言う割りに、しっかり出してるじゃん。ってか、今にもトイレからはみ出しそう・・・
母、いちいち失礼な!

そう言えば、居間で遊ぶ時は外用トイレを置いていたけど、引っ越してから外用トイレは置いてなかった。
それでもちゃんとトイレに戻って用を足すあたり、アカネもすっかり大人になったなぁ~~~、と母は嬉しく思います。

お迎え初日


トイレ枕・・・

今じゃトイレは枕ですか・・・
たまたまだって・・・
バス旅行で買った【マロンデ・キッス】と言う、栗のリキュール酒。
「寝酒にチビチビと」と思っていました。

ダンナにも「美味しいリキュール酒、奮発して買った~。ちびちび楽しむねん。
と報告した所
「500mlやろ・・・そんなん(お前は)1日で飲みつくす量やろ・・・」との返事。(-_-;)
「寝酒にチビチビって言うてるやん。かなり持つ!」と密かに自信を持っていました。

ダンナ・・・あんたは見て無いようで嫁の事を判ってる部分もあると認めよう。
はい、2日で飲みつくしました。(T_T)
小さなグラスでチビリチビリ・・・とやってるつもりが・・・
チビリチビリとお代わりしてればな・・・
途中で気が付き
「このままのペースで飲んでたら、ダンナの予言どおり1日で無くなる~~
と、ブレーキかけました。
ブレーキかけて2日・・・
でもでも!何とか2日持ったわよ!
・・・こんな事なら2~3本買ってくればよかった~~~(T_T)
明日から楽しみが減った・・・orz

10月26日
母、己を知ろうね・・・
昨日・今日とアカ兄は修学旅行でした。

旅行の2日前に友達とおやつを買いに行ったアカ兄。
買って来たおやつの中に【バナナ】!
「何でバナナ?!」と問う母に
「先生に『バナナはおやつに入るんですか?』って聞いたら『入ります』って言うから
あんたそこまでバナナ好きだっけ?
・・・・それってはっきり言ってウケ狙いだろう・・・(-_-;)

しっかりバナナをかばんにつめているアカ兄。
「それ、着いた頃にはバナナ・ジャムやな・・・」と言う母の脅しに、学校に行く途中不安になったのかアカ兄は、かばんから出して大事に手に持っていたらしき事を、我が子を学校まで送りに行った母友から
「アカ兄ちゃん、かばんに入れときって言うてるのに、バナナ大事そうに手に持って行ってたで。」聞きました。(^_^;)
(そこまでして・・・バナナ)

帰って来たアカ兄は、お土産を出してすぐにまた友達と遊びに行きました。
どこにそんな体力残ってんのさ。

どこ?
バナナどこ?!
んなもん、もう兄が食べちゃったよ・・・
ちっ!
2006.10.25 フローリング
久々にアカネ関連で。(^^ゞ

父帰宅中だった時に、アカ姉が
「アカ兄と隣同士の部屋はもう嫌。」と訴え、大幅な模様替えを敢行いたしました。
当然姉と同室のアカネもお引越し。

引越し当初は環境の変化に警戒して、ゲージから出ようとしなかったアカネさんも、今では好物のドライフルーツちらつかせないとゲージに戻りません。(^_^;)

今のアカ姉の部屋はフローリング。
足の裏が『毛むくじゃら』なうさぎのアカネは、面白いように滑ります。
勢いよく走っては『すぃ~、おっとっと~・・・』となってます。
最近では時々フローリングでワタワタ歩いて、所々に置いてあるクッションの上で一休みしながら遊んでいます。(学習したか?)

用心して・・・
滑るから・・・

踏ん張る!
ふ・ん・ば・っ・て!前足滑ってる・・・(^_^;)

ふぅ・・・
ふぅ・・・ちょっと休憩。ん?母、何楽しそうに見てんの。おいらは大変やっちゅうねん!
2006.10.24 バンド解散?
月曜日、風邪をおして午後から登校したアカ姉は、先生には
「病院で安静に!って言われたけど、頑張って来た。ってアピールしとこ。」
といいながら、文化祭での発表を掛けた【オーディション】を受けに行ったアカ姉。
結果は・・・・・『NG』。

審査の先生達に散々『下手くそ』呼ばわりされ、凹みを通り越して、怒り心頭で帰ってきました。(^_^;)(ま、あれじゃぁネ・・・)
正直 練習段階で既に「無理っぽい~」と諦めモードだったアカ姉。
それでも僅かな望みを持っていたであろう。
しかし結果はやはり無理。
ま、母も予想はしてたけどね。(^_^;)

数日前に他の学校の友達との電話で、聞き耳立てるつもりは無かったけど、あまりの大きな声で耳に入ってきた会話・・・
「バンド?う~ん・・・一応練習してるけど、多分無理違う?・・・・いや他の子は元々出来るんやけど、こっちは全く出来ん状態からやから。・・・・・うん、それもあるけど、こっちとMちゃんは必死で練習してるのに、Yちゃんがやる気無くって、遅刻するわ仮病使って練習サボるわで、いい加減むかついてるねん。」
と愚痴りまくってた。
「嫌なら嫌ってはっきり言えば良いのに、中途半端にやるって言い続けてさぁ、挙句に電話で散々普通に喋ってて、練習は?って聞いた途端『熱出て・・・コホコホ・・・・』って、どんだけ演技下手やねんって突っ込みたくなる仮病何度も使ってさ。ほんまむか付く!
・・・このバンド、本格活動開始する前に、内部分裂で終わりそうです。(^_^;)

それでも少しずつ上達し始めてるアカ姉は、ギターは続けると闘志を燃やしております。
ま、それだけでも価値はあったか。
Mちゃんとは、これからも一緒にやって行くみたいだしね。

やっとだね・・・
バンド解散?やっとあの怖い音無くなるんだ・・・
アカネ、練習中うるさかったんだね。。。(^_^;)
本日の日記、第2弾です。(^^ゞ

本日 月曜日はアカ姉、珍しく遅刻せずに登校。
文化祭にバンド出演する為のオーディション(いっちょ前に)があると言う事で、力入ってるようです。(^_^;)(出来るのか?)

バス旅行の疲れを引きずっている母は、のんびりだらだらしていた。
そこへアカ姉からメール。(ヲイ!学校で使うな!)
『胃が痛いから病院連れて行って欲しいねんけど』と。
前日の夜寝る前も
「何かお腹張った感じで気持ち悪い。」と言っていて、
「規則正しい生活せんからや。」と言っていた。
いつもは少々の事で自分から病院なんて言わないので、かなり辛いのだと思い病院に連れて行きました。

赤ちゃんの頃からの掛かり付けの病院に行くと
「はいはい、風邪やね」と言われました。
「学校休んで正解。(実際は早退です)鼻やら喉やらの症状も無くて、いきなりお腹に来る風邪がはやってるんですよ。お腹もゆるいでしょう。」
としっかり指摘されました。
「体力無い子はこの時点で熱も出てるけど、熱もないしまだ軽い方やね。」
「今日は学校行かない方が良いんでしょうか?」と聞くと
「うん。休んで安静にしといた方が良いね。」と先生。
その言葉を聞いてアカ姉
「え?行ったらあかん?」と。
「う~~ん、何かいかなあかん用事あるん?」
「文化祭のバンドのオーディションがあるから行きたい・・・」
「そうか、そう言う事なら少しなら良いかな。症状も軽いし。でも人にはうつるよ。
「そんなん全然OK!嫌いな奴にうつしてくるし。」(ヲイヲイ!
「ハハハ、人にうつしたら早く治るって言うしな。」(先生まで・・・

昼ご飯を食べて薬を飲んで1時間ほど休憩。
「凄い!あんなにしんどかったのに、薬飲んだら全然楽!さすが、○○先生!」と、改めて掛かり付けの先生への信頼を深めるアカ姉。(^_^;)

と言うことでアカ姉、お昼を食べて再び登校。
少し所かこの雨の中、午後からの授業を受けて、文化祭の準備もして、その後ギターを持ってオーディションに・・・
熱出すんじゃないだろうな・・・(-_-;)

ガツガツ食う!
いっぱい食べたら治るよ!
アカネ・・・姉は胃腸炎おこしてるから食べられないんだよ・・・(^_^;)
2006.10.23 味覚狩り~
昨日は丹波笹山まで、アカ兄連れて町内のバス旅行に行ってきました!
しっかり行きのバスから酒盛り。(^_^;)
と言っても私は風邪が治ったばかりで、まだ本調子で無くて結構回りが早い感じだったんで、用心して2本で止めました。(行きのバスは)

味覚狩りもあってコースは【梨狩り】と【黒枝豆】。
丹波笹山と言えば黒豆に栗。
ここはやはり黒豆!と最初は言っていたんだけど、
「黒豆はその場で食べられないし他で買えるから、ここは梨やろ。」と言うことで、梨狩りへ。
しかし、行きのバスで散々飲み食いしてた物で、結局1個食べたらおなかいっぱい。(-_-;)
アカ兄は2個食べてたな。

採った梨は1kg(3個ぐらい)500円で買取り。
面白がって採りまくってくれたアカ兄のお陰で手元にはどう見ても3㎏以上はありそうな梨・・・
流石にそんな量の梨はいらないと、少し返却させてもらって、2kg買ってきました。

で、やはり特産品も欲しいしと、黒枝豆もお買い上げ。
1kg700円。
「結構するなぁ・・・」と言いながらも、試食の枝豆の美味しさに、これはぜひ買って帰らねばと購入。
1kg買ったもののN姉さんに
「枝の分引いたらそんなに量無いで。」と言われ、更にもう1kg追加で購入。

他で安く売ってるかもなぁ・・・と言いながらも、結局そこで買っちゃいました。
でもそこで買って正解。
他でも殆ど同じか100円くらい高かったり、インターなんて倍近い値段してた。(危ない危ない)

お昼を食べて酒蔵見学へ。
珍しい【黒豆のリキュール】と、【栗のリキュール】があって、両方試飲させてもらった所、黒豆のリキュールのお味はちょっと私には合わない癖があったのでパス。
栗のリキュールは本当に栗の風味がしてとても美味しく、値段も500mlで1050円と、他の物よりはまだお手頃価格だったので、【マロンデ。キッス】と言う栗のリキュール酒を購入。
「キリッ!っと冷やして少しずつ寝酒に飲んじゃおう。」と思っています。

他にも色々試飲させてもらって、とても美味しい辛口の日本酒も見つけたけど、お値段もかなり良い。
悩んだ挙句「私にはもったいねぇ・・・」と断念。
後はアカ兄の希望で蕎麦を買ってきました。

帰りのバスでも当然のように酒盛り。
途中で焼酎お湯割が回ってきて、すっかり良い気分で帰ってきました。

帰り着いてからまた、自治会長さん達に誘われて、N姉さんと共に『打ち上げ』にまで参加。(^_^;)
途中 子どものご飯の準備をして、再び二次会へ。
朝から飲み通しの一日でした。

姉さんと今日買い物に行こうと言っていたけど、昼前に
『生きてるか~?』とメールをすると
『死んでる・・・』との返事。
結局姉さん二日酔いでぶっ倒れてお流れ。
姉さん行き帰りのバスだけでもビール7~8本は飲んで、打ち上げでも飲んでたもんな・・
ビールばっかり良くそんなに入るよ。(-_-;)

バス旅行の戦利品(?)

マロンデ・キッス

マロンデ・キッス

枝豆・梨

枝から取って見ると結構な量ありました。
洗って塩で揉んで3~4時間放置した後、5分茹でにして、食べる分だけ更に良い具合に茹でて、残りは冷凍にすると良いと言われたので、それでやってみようと思います。
今夜はこれで美味しくビールだ!。
枝豆美味しく茹で上がってくれるかなぁ~。

座敷うさぎ

2006.10.20 理解者はいる
月に2~3度ほど、小学生の子どもたちの下校時間に見張りに立っています。
老人会の人たちが主になってやってくれていますが、子ども会からも出れるものは出なくては、と参加しています。

その時に私くらい(もう少し若い)お子さんを持つ方達と、子どもたちを見送りながら井戸端会議。
いつもは我が子や嫁の話など耳が痛かったり感心したりの内容で、殆ど私は「フムフム」と合図地を打つだけなのですが、今回はちょっと人事で無い話。

親戚の息子さんが学生の頃から引きこもりで、成人してからも殆ど篭ったままだったと言う話し。
それを聞いていた一人の人は
「そんなん我慢出来ひんわ。私やったら叩き出すな。」と、はき捨てるように言った。
でもその話をした人は
「当事者になったら案外出来んもんやで。どっちかと言うと諦めに入るわ。それ以前にそうやって篭る子は、その子自身が一番辛いんやで。そんな子にキツい事言うたらあかんねん。余計追い詰めるだけや。」
「でもええ大人が病気でもないのに、いつまでも親の拗ねかじってるなんて、私は黙ってられへんな。」
「そんな事 本人が一番判ってて、何とかせなと思ってても上手く行かんもんやねん。でもその子やっと30過ぎて少しずつ仕事に出るようになって、自分なりに頑張りだしてるんやで。親も喜んでたし、偉いと思うわ。その人その人のペースって言うのもあるしな。」

その会話を聞いていて、またもや我が家と重なってしまった。
そして

「でも一番辛いんはそこのお父さんが理解してくれん人でな。事あるごとにその子や母親に文句言うて、挙句に奥さんに『お前の育て方が悪いんや!』って言うてさ。どこもダンナさんやその親は理解してくれへんみたいやな。それが一番辛いって言うてたわ。でもその子よう頑張って息子守った思うわ。」

不覚にも涙が出そうになりました。
やはり母が守ってやらなければ!と。
そしてどれだけ時間が掛かっても、立ち直れるんだとも思えました。

思わず
「病気らしいく見えなくても、結構そう言う人って目に見えない病気があったりするんですよね。血圧がやたら低かったり、自分ではどうしようもない状態になるくらいに。」
さり気なくODの症状を訴えてしまいました。(^_^;)
「そうそう、そう言うのもあると思うわ。それってあんまり周りに言うもん違うしな。」
なんとなく、当事者でなくても分かってくれる人もいるんだと、嬉しく思えた話でした。

気になるなぁ・・・
あっちにはどうやれば行けるんだぁ?
大幅な模様替えにより、アカ姉と共に引っ越したアカネさんは、新しい部屋のベランダが気になるようで、毎朝網戸にへばりついてます。(^_^;)
歳ですなぁ・・・orz
今日買い物先でスッ転んでしまいました・・・
立体駐車場に車を停めて、駐車券をかばんに直しながら階段を下りていて、何がどうなったのか階段途中で【正座】の体制に入っていました。(一度にいくつもの動作が出来ない・・・)

『え?!』と思った瞬間には2~3段、ほぼ正座状態で階段を滑ってた。
で、またまたどうやったのか、何とか左足を出して踏ん張って、何食わぬ顔で歩いていた私・・・(^_^;)
そそくさとその場を離れて、『うぐぐぅ・・・いてぇ・・・』と心の中で呻きながら、店内の人ごみに紛れました。(^_^;)
駐車場に殆ど人がいなかったのは幸いだったな。

アカ姉に
「足痛い~~」言うと
「頼むわ・・・」と情け無さそうに言われた・・・
今も脛部分が痛む・・・(T_T)

離れて見る
母はずかしぃ・・・
2006.10.19 アカ姉の挑戦
「月曜日から教室登校する。」と言っていたアカ姉。
月曜日は少し遅行気味で登校。
昼にはきっちり帰ってきました。(^_^;)
帰って来たアカ姉は
「危ない、危ない!もう少しで午後まで引き止められる所やった。」
って・・・普通みんな朝遅刻せずに行って、最後まで居るもんだと思うんだが・・・と言う言葉は飲み込みました。(T^T)

翌日火曜日は
「お腹痛い・・・」と、また不吉な言葉を発した。(T_T)
暫く食卓で粘っていた物の
「少しだけ遅刻して行く・・・」と言ってベットに潜り込んでしまいました。(少し遅刻って・・・既に遅刻なんですが・・・)
一応「九時に起こして・・・」と言いながらも、起こしても起きない・・・(-_-;)
やっと10時半に「うそぉ~~~!」と叫びながら起床。(^_^;)
「何べん起こしたとおもっとる・・・
「とにかく行ってくる!」と叫びながら何とか11時頃に登校。
やっぱりストレス掛かると、しっかり身体が反応してるようです・・・

11時に学校行ってまた昼に帰ってくるのか?
と思いきや、その日の帰宅は5時半。
「帰ろうとしたらI(小学校からの同級生)に『着陸!』って言いながら肩押さえられて帰らせてもらえんかった・・・そのまま文化祭の背景描いて帰って来た。」
「着席で無く着陸なん?(^_^;)・・・そうか、疲れたやろ。」
「う~ん・・・疲れはしたけど、楽しかった。先生にも『頑張ったなぁ~』って言われた。」
「ほぉ、そうか。なら良かった。」
なんとなく、一安心な感じ。
そして翌日も起きれなくて、10時半頃登校。(重役出勤やね・・・)
帰宅は5時過ぎ。
このままのペースで行くのか?行けそうか?無理するなよ・・・でも頑張れ!(どっちやねん)

余談ですが教室に行き始めて、クラスの友達数人に
「また背伸びたん違う?!」と言われて
「無い無い、夏休み明けに計ったら161cmから伸びてへん。」と言うと皆から
「いや、伸びてる!」と言われ、ワラワラと保健室に連行され、身長を測ったら163cmになっていたらしい・・・
なぜかアカ姉の友達は小柄な子が多く、皆に
「良いなぁ~」と言われ
「良くない~もう良いって~~~」と嘆くと
「何贅沢な事言うてるん!」と叱られたそうです。
ついでに母も
「ほんま贅沢!だいたい160cmくらい、でかい内に入らんし。まぁ我が家では邪魔なサイズやけど。いらんなら分けてくれ・・・代わりに母の肉あげよう。」とブチブチ言いました。(^_^;)

学校でそんな風にワイワイやっててふと気が付くと、そんな様子を中年親父の代表のような担任(保護者がここまで言って良いのか・・・)がニマニマしながら眺めていたそうな・・・(怖いって・・・)

朝日と共に
朝日に照らされる親父ウサ・・・
違う!ベランダが気になる、好奇心旺盛な青年うさ!
2006.10.18 な、何奴!!
夜 部屋に戻ったアカ姉が、すぐに駆け下りてきて
「お母さん!来て!!黒い虫、大きなカブトムシみたいな、カブトよりも大きい虫が居る!!」と必死の形相で居間に駆け込んで来た。
「なに?それ・・・???『外国のカブトムシか?』」
とびくびくワクワクしながらアカ姉の部屋に。

そっとドアを開けると確かに
『カブトみたいな、カブトよりも大きな黒い物体』
「何奴!!」とビビリながら観察すると、それはコウモリ・・・
颯爽とアカ兄が虫網を持って参上。
難無くコウモリを捕獲して、キーキーと鳴くコウモリを夜の闇に放してやりました。
窓締め切ってたのにどこから・・・

その騒動の中ふと見ると、アカネは固まってました。(^_^;)

とりあえず・・・

パニクって写真撮れなかったので・・・とりあえずゲージの中でこんな感じに固まってました。

所で、コウモリって虫?(^_^;)
本日はアカ兄の参観でした。
毎度目立ちたがりの、奴の参観はハジカシイ思いをするので、
『母来てるぞ!』と姿だけ確認させて、廊下でそっと目立たぬように見るつもりでした。
しかし行くとそんな所じゃ無かった。

まずは仕事で参観に来れないT姉の代わりに友人Kと共に、T姉の娘の教室を覗き、さて我が子の教室へ・・・と思って歩みだすと知り合いに遭遇。
しばしの談笑の後やっとアカ兄の教室へ・・・・と思う少しの所でまた別の友人にとっ捕まり(腕捕まれてズルズルと連れて行かれた)、また談笑。
やっと目的地について一応アカ兄に母の存在を見せて、廊下に移動するとまた別の友達に呼び寄せられて、今度は真剣な話・・・・
結局参観せずに友達の話を巡ってきた感じでした・・・orz

終わって他の人に
「なにしてるん!アカ兄めちゃ発言してたで~」と報告を受けた参観でした。(ゴメンナサイ・・・)

10月17日
何しに行ったのさ・・・
はい、ごもっともです・・・・
2006.10.15 宝の山?!
先日アカ兄が
「いらんカード売りに行くから店に連れて行って!」と言った。
買うのはともかく、売る時は未成年者は保護者が居なくては売ることが出来ない。
「いらんカードなんかあるん?」
「うん、もうドラゴンボールはせえへんし。」と、自分で買ったり、友達と交換したりして集めたカードを持って、お店に向かった。

「多分1000円くらいにはなると思うねんけど・・・」と、捕らぬたぬきの皮算用をするアカ兄。
「んなもん、5枚150円とか、せいぜい1枚100円のもんやろ。期待するだけ虚しいで。」と忠告。
枚数は多分20枚ほど。
アカ兄なりに【レア】と言われる物を選りすぐったらしい。

お店に着き、カードの査定をしてもらう。
15分ほど待って呼ばれて行くと、一枚はまだリストに載っていなくてこれから価値が上がるかもしれないけど、どうしますか?と言われて、返却してもらいました。

さて・・・おいくら?と金額を聞くと、合計で4000円を超えてる!!
殆どが10円~100円ほどの値段だけど中には700円~2200円!!
「なに~~~!!??何でそんな値段がつくんだぁ!!??

明細には【レア】【激レア】【爆レア】と記載。
恐るべし、カード・マニア・・・
興味の無い者からすればたかが紙切れ。
でもマニアからすればそれだけの価値がある。
アカ兄のゴミの山のようなカードが、一瞬宝の山に見えました。(^_^;)

「あれ、家にあるカード全部売ったらすごいん違う?」と言うと、
「レア・カードなんてそう何ぼもあるもん違うからな。あっても保存状態悪いし。
今日売ったのは最近集め始めたばっかりで、やっててもガキばっかり(お前が言うなよ!)で面白くなくなった奴やからまだ綺麗やってん。
よう使う奴はどうしても汚れるから、価値無くなってるわ。」とやたら冷静。
「ほんならレアカードは使わんと大事にしてたら高く売れるやん。
「そんな事してたら勝たれへんやん。そんなんおもろ無い。」
大人なのか、ガキなのか・・・・私には理解できない計算法です。
・・・母は汚れた大人だからか?orz

10月15日

たから?!・・って美味しい?
相も変わらず午前中のみの別室登校をしているアカ姉。(しかも遅刻気味・・・)
そんなアカ姉が突然
「月曜からは頑張って少しでも教室に行く。」と宣言。
丁度 運転中の車中で、一度にいくつもの事が出来ない母は当然運転に集中していたもので
「ふぅ~~ん・・・・・へぇ?何で?」と何とも中途半端な反応をしてしまいました。(^_^;)

「文化祭出るし、やっぱりな・・・それに、そろそろ教室出んと、色々と難しいし・・・」
バンドで文化祭に出る事を、まだ諦めていなかったようです。(間に合うのか?)

色々と難しいし・・・
と言う言葉の中にどんな思いが入っているのか、その思いが実を結ぶのか、一気に色んな思いが母の中にも溢れましたが、ここでその思いを出すのはまたアカ姉にとってプレッシャーになるかもしれないし、私が思っている事と違う思いを持っていたら、お互いに落胆するしと瞬時に考えて、
「そうか、まぁ出来る事を出来る所までやってみ。」とだけ言いました。

月曜日からアカ姉はどうなるのでしょう。
再び黙って見守らねばと、肝に銘じる母です。

10月14日
ふ~ん
今夜も寝る前の焼酎お湯割り~~~
・・・と思って焼酎傾けたら、コップに2cmほどしか残ってなかったぁ~~~(T^T)

よほどコンビニに買いに走ろうかと悩みましたが、それもなんだかアル中オヤヂのようで情けないものがあり、ぐっと堪えてビールにしました・・・(^_^;)

喉越し爽やか~~・・・しゃぶいっす・・・
でも体は仄かに温まりつつあるので、冷える前に寝ちまいます!
・・・どうでも良い内容ですみません・・・

ちっ!
そこまでして・・・
飲みたい夜もあるのさ・・・
って、飲まない夜はあるの?
・・・さぁ、寝よ。
2006.10.13 うちのじさま
本日は「今、マグロ・フェアーやから!」と言う、じ様のリクエストで、回転寿司に行ってまいりました。(^_^;)

「マグロやから、早くいかないっぱいになる!」とやたらとテンションの高い じ様の言葉で、一同(と言ってもじ様・アカ母・アカ姉の3人)4時半にじ様の元へ行くと言う段取り。
しかしアカ兄は既に友達と約束しており悩んだ結果、寿司よりも友達を取りました。

アカ姉の懇願でまだ時間もあるからと、最近 近所に出来た大型ショッピングモールに行き、ウロウロしているとじ様から電話。
「早く帰って来たからソロソロ行かんかと思って・・・」
・・・って、まだ4時前やんかぁ~~~
アカ姉にその事を言うと
「まって・・・まだお腹減らんし・・・」と言う返事。
とりあえず出来るだけ早く行くと言って買い物を済ませてじ様の元へ。
行く道すがらアカ姉が
「早目も何も、早すぎるって。まさかじいちゃん寿司の為に昼抜いてまで気合入れてへんやろなぁ・・・」と。
「まさか、どこまでテンションあげてるねん・・・」とそれはいくらじ様でも無いだろうとフォローする。

結局アカ姉の買い物に付き合わされて、じ様の元に着いたのは5時頃。
「えらい遅かったなぁ・・・」と、待ちくたびれるじ様。
「絶対早すぎるって、大体まだお腹すかへんし。」というアカ姉に
「じいちゃんは空いてるで。昼も食べてないし。
・・・・・恐るべし、じ様・・・・orz
思わずアカ姉と
「まさかと思ったけど、やってくれたか~~~」と叫びました。(^_^;)

お寿司屋さんに着くと5時半。
店内はガラガラ・・・
「ほら、平日やし、充分空いてた。」とアカ姉。
あまりお腹が空いていなかった私とアカ姉は1~2皿でご馳走様。
昼ご飯まで抜いて気合を入れていたじ様は、当然たっぷり堪能して幸せそうでした。(^_^;)
家で待つアカ兄と仕事で遅くなる、ば様の分は持ち帰り。

帰り際、孫に大アマなじ様が
「小遣いやろ」と、アカ姉にお小遣いを渡そうとする。
何かと行くたびに孫に小遣いを与える。
「あかんで。甘やかしすぎ!」と止めるとニヤリと笑いながら、一応声の音量を下げて(それでも充分聞こえてる)
「お母さんに判らんようにやろ・・・」と言いながら、テーブルの下から渡してる・・・
「え?えぇ?じいちゃん!判らんようにって、無理ありすぎ!」と戸惑いながらも笑って受け取るアカ姉。
「・・・もう良い・・・ツッコミどころ多すぎて、逆にツッこめんわ。」と、黙認ならぬ、容認しました。

今までも色々と「へ?」と言わせてくれる言動の多い人。
わが父ながらとことんマイペースです。(^_^;)

じいちゃん家
じいちゃん家は憩いの場
だからってアカネ、う●ち撒きすぎ!
ここ数年、殆ど風邪と言うものを引かなかったのが、この所の気温の変化についていけなかったのか、夕べから不調・・・
数日前から口内炎が出来てはいたものの、
「飲みすぎて胃が荒れたか・・・」くらいにしか思っておらず、健康ドリンクならぬ『ウコンのちから』を飲んだ、ズレた奴です。(^_^;)(胃に関係ないだろう・・・)

昨日から喉が痛みだし、頭痛と咳と寒気・・・
体温計るとその温度見て、ますます病人になりそうなので、計らずに風邪薬が無いので焼酎お湯割を喉に流し込み、布団かぶって早寝しました。(^^ゞ(いいのかそれで・・・)
まだ身体のだるさは残る物の、今日はかなり回復。
でもビール1本で火照るあたり、本調子ではないようです。
今夜もお湯割で喉の殺菌と身体温めて早寝しよう・・・

10月12日
・・・・
アカネ・・・そんな目で見ないで・・・
2006.10.11 これが自分
ドラマ~私が私であるために~
久々に泣きまくりました。(T_T)

世間一般の【普通】と言う枠から外れてしまい、それを嫌と言うほど解ってはいても、自分は自分でいることしか出来ない。
でも周りはそれを理解してくれない。
心臓をえぐられるようなキツい言葉を投げかけられ、信じた人にも裏切られ・・・

かなり次元もその重さも違うと言われそうですが、毎度のごとく飲んでいたせいか(たまには抜けよ・・・)今の私たちの現状と少なからず重なってしまいました。(-_-;)

自分で何とか出来るものならとっくにしている。
好きでこうなったわけじゃ無い。
これが私なんだから仕方が無い。

まるで娘の心の叫びのように聞こえ、涙が出ました。

色々感じて書きたい気持ちはいっぱいあるけど、止まらなくなりそうなので・・・(^^ゞ

しかし、ひかるちゃん(主人公)を見てると、ちゃんと女として産まれたのに、その女と言う部分に胡坐をかいて気も手も抜きまくってるなぁ・・・・と、反省しました。(反省しても続かないのが難点)

おいらも・・・

そう言えばアカネも元男の子だった・・・え?おいら男の子じゃ無いの?!
・・・・・
本日も晴天なり~。
と言うことで、今日は洗濯Dayとなりました。
うちのベランダは猫の額ほど狭いので、毛布やシーツなどの大物を干すと、普通の洗濯物が干せない悲しいベランダです・・・(T_T)
なので大物を干す時は、普段の洗濯物はお休みとなります。(^_^;)
ベット・パットに布団カバー、シーツを2回に分けて干しました。
正直そんな物の事はどうでも良い。

今回の課題は、洗った事の無かった絨毯(2畳用)の洗濯・・・
赴任先から帰ってきていたダンナに
「いい加減洗いなさい。」と言われて、
「んなもん洗えるのか?」と思いながら初挑戦。
もちろん家では洗えない。
かと言ってクリーニングに出すとなると、いくら掛かるのか恐ろしい物があり、赴任先に戻ったダンナが帰り際に
『コインランドリーで洗えるはず。
と言う言葉を信じて、初めてコインランドリーなるものに行って見ました。

ドラム型洗濯機が大小さまざまに並び、何とも独特の風景。
暫く中を探検(?)し、回ってる洗濯物の中にカーペットカバーらしき物を確認し(失礼しました・・・)、32kgOKの表示も確認して
『これならうちの絨毯くらいなら洗えそう・・・』と意を決してアカ姉を引き連れて再入店。

アカ姉、絨毯をドラムの中に投入。
さて・・・と、説明を見るとそれは乾燥機。(先に見ろよ)
「乾燥機と洗濯機は別かよ・・・」とぼやきながら取り出し、他の説明書きを見て洗濯機を確認して、再び投入。
いちばん大きな洗濯機で、金額は1400円。
お金と入れて洗濯開始。

「こんな大きな物、本当に回るんだろうか・・」と不安を抱きながら、見守っていると、ゆっくりと回り出した。
ぐるぐると回り出し、その内泡が立ち始め、本格的に洗濯が始まった。(洗剤・柔軟剤は勝手に入れてくれる)
思わずアカ姉と二人で
「おぉぉ~!回ってる!
「泡出てる!ちゃんと洗濯されてる。
と当たり前の事に感動しながら、しばし見入ってしまいました。
洗濯機の前に座り込んで中を見つめる馬鹿親子・・・(^_^;)
40分ほど掛かるので、一旦買い物に行き、戻って今度は乾燥。
40分(8分100円)乾燥機にかけたものの、完全には乾かず生渇きのまま家に持ち帰り、今はベランダの柵にかかっています。

こんな大物も洗えるコインランドリーに感動した日でした。
今度はアカ兄の布団洗いに行こう。

回る洗濯物を見ながらの姉の言葉・・・
「アカネも洗えそう・・・
・・・なんて事を・・・
なんてことを・・・
姉・・・おいらの事嫌い?
日曜日は校区の運動会でした。
今回体育の役員を受けているので、当然役員として動いてきました。
いやぁ~~、覚悟はしていたけど、思った以上にハード!(^_^;)
いつもは子ども会の方で屋台に掛かりっきりで、それはそれでかなりハードだけど、今回は体力的なハードさが半端じゃなかった・・・
この役が無ければ子ども会の方の手伝いに、入らなければいけなかったんですが、部長さんと自治会長さんから直接出るように言われちゃったんで、流石に断れなかった。

それでも前日は子ども会の準備の方に走り回り、屋台の出し物の仕込み。
その後 毎度のごとく会場設置をしていた人に、お誘いを受けて前夜祭の打ち上げと称して飲みに行き、翌日は本当は私は8時半に行けばよかったんだけど、7時ごろに行って少しでも子ども会の手伝いをしようと思っていたのが、N姉さんが二日酔いで倒れて行けたのは8時半。(^_^;)
本当なら一人で行く所だけど、前回の事 ~常任(現役降りた者)が動きすぎと先輩に怒られた~ もあるし、本来の入り時間に現地に行きました。

案の定行くと屋台の準備は滞っていて、私の姿を見た地区の役員さんに
「何も準備出来てないし、指示も無いんやけど、どうしたら良いの?」と言われ、内心チラッと
『私は今日は子ども会でなく、体育部役員で来てるんだけどなぁ・・・』と思いつつも、
「今日は私関係ないから、現連合に聞いて。」とは言えず、実際役員さんは困っている訳で、私が元連合役員であるのも事実なので
「判った!ちょっと待って。」と言い、取り合えず現連合役員の人を見つけてその事を伝えて、私は自分の仕事に走った。

ずっと進行書類片手に大声張り上げて、グラウンドを走り回り、初めての体育役員の仕事にテンパリながらも、何とかこなしていました。
競技の方は「無理!走れない!!」と足掻いていたにも関わらず、人がいないので止む終えず個人走だけ借り出されて、途中でこけない事を祈りつつ何とか2位でゴール。(^^)v
でも結局 実際競技で走るよりも、役員で走る距離の方が何倍も多かったなぁ・・・

それでも身体が空けば少しでも子ども会の方を・・・と思っていたのが、そんな時間は微塵も無い。
唯一身体の空いた昼休みに顔を出したものの、走り回っていた物で結局休憩だけして戻ってきちゃいました。(^^ゞ

バタバタとしながらも運動会の方は無事に大きな問題も無く終了。
結果も良くて(何と優勝!)その日の打ち上げのビールは格別でした。(^^)v

その後2次会に行き、またもや午前様の不良主婦・・・
今日は二日酔いと言うほどではないけど、筋肉痛と身体のだるさでフラフラです・・・orz
フラフラだけど、元々頭を使って人を動かすのが苦手な私は、今回のように指示を受けて動き回る方が純粋に楽しかったかも。
部長さんや副部長さんがしっかりした人達だったので、安心して動けたんだろうな。
部長さん・副部長さん楽しく仕事させてくれてありがとう!って感じです。

10月9日

2006.10.06 理解不能
ダンナ帰宅の10日間。
普段離れているせいか、お互いにあまり余計な事も言わずに、それなりに穏やかに過ごせたと思います。

でも酒が入るとやはり本性と本音が出る・・・(^_^;)
ビール・焼酎・冷酒と夕飯時から飲み続け、4時間も経てば二人とも立派な酔っ払い。
なので元々周りに『記憶力無い!』と言われている私の脳みそに、会話の全ては記憶出来ていない。(^^ゞ
その途切れ途切れの記憶の中に残るやり取り・・・
予想はしていたけどダンナの本音を聞いて、溜まっていた思いが涙と共に溢れ出た。

「俺には理解出来ん。アカ姉は病気かも知れんけど、何でそこまで気をつかわなあかんねん。」

アカ姉の症状が一番キツい時、普通に歩くだけでも息切れして、真っ青になって助けを求められたり、アカ姉自身その症状が怖くて外に出なくなったり、そんな思い通りにならない自分の心と身体にイラついて、髪の毛をむしりとって発狂しそうになっていた姿を思い出すと、今でも辛い気持ちが蘇る。
ゆっくりと、アカ姉のペースで動くのを待つ事を少しずつ覚えて、今やっとここまで来た。
ダンナが今のアカ姉を見れば、『怠けてる』と思うのも仕方が無いのだろうと思う。
でもそうじゃ無い事は、ずっと一緒に頑張って来た私の方が良く判ってる。

仕事で仕方なく単身赴任をしている旦那。
何事もシンプルに考えて、色んな苦境を乗り越えてきた強い人だから、色々考えすぎて葛藤する者の気持ちは判らないらしい。
ダンナなりに【起立性調節障害】の事は知らべてはいるらしい。
でもその内容に納得はしていない、理解出来ないと言う事ははっきりと言った。
ダンナの性格からすれば、仕方がないだろうと私も判ってる。
それでも私にとっては今までの、今の私たちを頭から否定される事は我慢ならない。

「理解してもらえんのは充分判ってる!
でも実際今まで私らなりに頑張って、最悪の状態からここまで立ち直って来たんや。
それを否定されたら、私はもう何も出来ん!私もいっぱいいっぱいなんや!」
そう言って訴えているうちに、勝手に涙が溢れてきた。

「何でお前もアカ姉もそんなややこしいねん。
アカ姉も周りの事気にしすぎやねん。ほっといたらええんや。」

「それが出来たら苦労はせん・・・あの子は人より色んな事感じてしまうんや。
それで一番苦しんでるのはあの子自身や。」
涙は止まらない・・・

「何泣いてるねん。泣かんでも良いやん・・・」と冷めた表情で言うダンナ。

「泣きたくて泣いてるん違う!私はずっとアカ姉が苦しんでるの見てきた。
あんな姿見せられたら、親なら辛くて当たり前やろ!私はあんたほど強くない。
でも母親がくじけてたらあの子は誰に頼れば良いんや?
私もアカ姉もあんたみたいにシンプルに物事消化して、流せる性格じゃ無い。
色々悩んで葛藤して、試行錯誤しながら頑張るしかない。これが私なんや。」

「・・・・そら、実際見てないけど、そんな姿見たらとは思うけど、今はそこまでないんやろ?
ならもう少し考え直させろ。お前は色々考えすぎなんや。」

「それでまた悪化したら?ODは一度治ればすぐ完治するもんじゃ無い。
今も完治はしてない。綱渡り状態で頑張ってるんや。
焦って何もかもぶち壊すような真似はようせん。
アッケラカンと明るくはしてるけど、あの子なりに今も色々葛藤して苦しんでる。」
何とか落ち着いてきて、涙は止まった。

そんなやり取りをして、その内ダンナは
「まぁ、俺はまた向こう行くから、結局はまたお前に任せるしかないからな。」と締められた。

正直 旦那が単身赴任で良かったと思った。
今は私の言葉を尊重して、アカ姉には言わないようにしてくれているけど、ずっと家に居ればきっと私にだけでなく、アカ姉自身にガンガン意見してるだろう。
それでなくても今回は殆ど何も言わない父に対して、それなりに明るく父にも普通に接するようにはしていても、父親の反応を気にして
『こう言ったらこう言われる・・・』と、かなり言葉を選んでいたアカ姉。
私が言われたような事を、アカ姉が父に言われたらと思うと恐ろしい物がある。

そんなダンナに言われた唯一納得出来た言葉もある。
私のいない間にアカ姉と少し話しをしていたらしいダンナが言った。
「アカ姉は色々自分で考えてる。お前ちょっと黙っといたれ。」
『へぇ~一応アカ姉の事見えてるんや・・・』と感心した。
なのに自分は色々言うのは何で?(-_-;)

捕獲

アカネ、母を慰めなさい。
ちょっと、母!足で捕獲しないでよ!!
2006.10.05 料理教室体験
本日は友達と無料の料理教室体験に行ってきました。
無料と言っても材料費の500円だけ払っての受講です。
実際入学すると月に1万円以上掛かる・・・
なので今回の体験だけで終わり。(^_^;)

メニューは【ガトーショコラ】
「そんな難しそうなケーキ、作れるんかぁ?」と思いながら、いざチャレンジ!
材料は 卵・砂糖・小麦粉・ココアパウダー・バター・チョコレートと、思ったよりもシンプル。
友達との共同作業で調理実習状態で、ワイワイ言いながら楽しく作れました。

出来上がりはこれ!
ガトーショコラ

こんなにちゃんと出来るとは我ながら驚き。
先生の指導の賜物だな。(^_^;)

お土産に家に持って帰って子供たちに食べてもらうと、事の外お気に召し、
「また作って!」とリクエストを受けました。

「ウ~ン、気が向いたら・・・」・・・・何の為に行ったんだ・・・

10月5日
おいらは食べれないし・・・
2006.10.04 類友か?
ご無沙汰しております!
久しぶりの更新です。(^^ゞ

日曜日に行われたアカ兄の運動会。
朝から雨がぱらぱら・・・(T_T)
父が居る日曜日に運動会をしたかったアカ兄は、不安そうな顔で学校に。
本来なら中止も考えて授業の準備もして行かなくてはいけないのに、何が何でも父に運動会を見てもらいたいアカ兄は無視して運動会の準備だけで学校に行ってしまいました。(^_^;)
その執念の賜物か、パラつく雨の中運動会は行われました。
とは言え結局雨脚が強まり、午前だけで運動会は中止。
それでも雨天プログラムに切り替えてあったので、一番の目玉の組み立て体操は披露出来ました。
アカ兄としては得意のリレーや徒競走を見せたかったようですが、保護者にとっては毎日練習してきた組体操が見れて良かった。(^^)v

そして、本日水曜日残りのプログラムも消化。
見事アカ兄はリレーも徒競走も1位。
得意満面で帰ってきました。
今回は学年でも足の早い子と同じ組だったので、
「今年の徒競走は行けても2位や・・・」と諦めモードだったアカ兄。
本当に接戦だったけど、何とか一位でテープを切っていました。
正直言うと2位になったその子、最後まで本気で走ればギリギリアカ兄を抜いていたかもしれないのに、野球チームに入ってるのもあったのかウケ狙いでゴール直前で、ヘッド・スライディングでゴール。
アカ兄も調子乗りだけど、負けず劣らず・・・(^_^;)
・・・そう言えば去年はアカ兄、1位で走ってきたのにゴール直前で
『グリコのポーズ』でテープを切ろうとして、後ろの子の抜かれて結局2位。
類友か?(^_^;)

兄とくつろぐ
兄ちゃんがんばったんだって?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。