上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.09.27 ほっ!
お昼ごはんの時もしぶとく刺さっていた魚の骨、魚の骨、夕飯食べたら取れました。(^^ゞ
ほっとした~。

9月27日
人騒がせな母・・・
スポンサーサイト
昨日の夕飯は秋刀魚でした。
魚は好きだけど、骨が面倒だからと文句を言うアカ兄。
しかも夕飯前に友達の所でおやつを沢山いただいてきたらしく、殆ど食べずに秋刀魚は翌朝のおかずへと。(-_-;)

今朝また「骨メンドイ・・・」と言い、結局残しました。(温めなおしてまずかったしな)
「もったいないなぁ・・・こんな小骨くらい噛み砕け!」といいながら秋刀魚を一口。
その途端何かを言われて答えようとした拍子に殆ど噛まずにごっくん!
見事に小骨が喉に刺さった・・・(T_T)

今は昼過ぎ・・・
未だに刺さった感触。
「放置していればその内取れるか・・・それとも病院に行くべきか・・・行くなら何科に行けば良いんだ?でもなぁ・・・なんかなぁ・・・病院なぁ・・・」と悩んでいます。(^_^;)

人参貪る
にんじんは刺さらないよ。
5日も更新していない!!

今単身赴任中のダンナが10日間ほど休みを取って帰宅しております。
『休み』なので、一日中家に居て持参のパソコンを、私の環境(と言うのか?)に接続して、仕事のメールのやり取りなんかで占領しています。(T_T)

今日は久しぶりに会社に顔を出しに行き、夜は飲み会と言うことで、やっとパソコンが私の手に戻ってきました~
でもこれもまた明日から取られちゃうんだろうな・・・
はれて私の手に落ち着くのは3日以降となるでしょう・・・orz

体育祭に出る事の出来たアカ姉は、今現在再び別室登校をし、相変わらず早退してきます。(^_^;)
ま、のんびりと言うことで。(^^ゞ

ひそひそ
あのネ、父帰って来てるから母は最近忙しいの。手抜きできないもんね・・・
目の前でグータラしてたら、嫌味言われるもん・・・(でも結構グータラしてる)

さ・・・今のうちにお気に入りのブログやサイトチェックしに行こう!
2006.09.22 体育祭本番!
今日の日記、母は浮かれています。
なので親ばか気味な内容かも・・・(^_^;)

本日はアカ姉の体育祭でした。
緊張のせいか、前夜の食欲も、今朝の食欲も無い。
朝、一旦家を出たものの「お腹痛い・・・」と言いながら戻ってきたアカ姉。
「大丈夫なのかぁ?」と母を不安にさせつつも、一応母より先に出て行きました。

少し遅れて母も友達と学校へ。


出場種目は当初は200mリレーと聞いていたのが、他に200m個人走・全員リレー(100メートル)・棒引き・綱引き・・・
ヲイヲイ・・・何かやたらと増えてるぞ。(-_-;)
一応この1週間の間に何度か走りに行っていたとは言え、ここ1年殆ど運動らしい運動もしていない上に、周りの変なプレッシャーもあったんで、ちゃんと走れるんだろうか、下手すると走ってる途中で歩き出すとか、倒れたりなんて事に・・・とドキドキしながら見ていました。

そして出番・・・
一発目、200mリレー。
しかも第一走者。
「頼むからぶっ倒れないで・・・」と祈りつつ、スタート。
出だしはドンケツ・・・orz
「あぁ・・・やっぱり1年のブランクは強烈・・・」と落ち込みかけたら何と、中盤からものすごい追い上げ!
気が付くとトップで第2走者にバトンを渡していた!
思わず一緒に見ていた友達と「おぉぉ~!!」と叫んでしまいました。(^^ゞ

『何?もしかして復活?!』と、思わず小躍りしそうになりました。(^_^;)
その後の競技も無事リタイアする事無く、そこそこの順位で終えました。
母は正直泣きそうなほど嬉しかった。
でも周りには友達もいるし、アカ姉がそんな母の姿を見たらきっとひく・・・
控え気味にハイ・テンションになる程度に留めました。(^_^;)

そして出ないと言っていたクラブ対抗リレーも、ユニフォームを着て出場。
「陸上部は本職なので、ぜひ1位で~」と言う先生のアナウンスに、再びプレッシャーを感じながらも、無事ダントツ1位。
普段蔑ろにされ気味な陸上部の面々は、本部席の先生に向かって皆で
「どうや!まいったか!ざま~みろ!!」と偉そうに吠えたそうです。(言い方他に無いんかい
本格的にODの症状が出て、蒼い顔をしてもがいていたこの1年が嘘のよう・・・

そして晴々とした顔で帰って来るか!と思いきや、どよ~んとした顔・・・(-_-;)なぜ・・・
「体力的には自信戻った・・・でもやっぱり大勢の中に居るのはキツい・・・」と。
そう言いながらも当初は
「人がいっぱい居るから行かない。」と言っていた、今度の校区の体育祭には、
「出なきゃいけない状態なら出ても良い。」と言ってくれるくらいに、自信はついたようです。

ODになってからいくら疲れていても眠れなかったアカ姉が、今夜は早々と
「眠い・・・」と言って床に着きました。
さて・・・休み明けのアカ姉はどうなるのか。
体育祭で頑張って自信を付けて復活するか、燃え尽きてまた別室か・・・
とりあえず母は今まで通りで居ようと思います。


来年は中学生と言う事もあり、先生の計らいで隣の敷地にある小学校に通うアカ兄達が見に来ていたのですが、アカ兄のクラスの子達が 走るアカ姉を見て、女の子は
「アカ姉ちゃんかっこいい~~」と褒めてくれたらしい。
男の子達は
「アカ兄の姉、すげ~・・・化け物みたいな走りでなんか怖い・・・あれで追いかけられたら泣くかも・・・」と言うほど小学生から見ると、ダイナミックな走りだったようです。(^_^;)
普段褒められなれていないアカ姉は、女の子からの感想には触れずに
「今度あんたの友達(男の子)見たら追いかけたろ・・・」とにやりとしながら言っていました。
アカ兄は
「頼むから止めて・・・」と。(^_^;)

今度はアカ兄の運動会。
頑張れよ~

9月22日
おいらの出番は無かったね
ブログを始めて約10ヶ月。
知識らしい知識も無く始めて、未だに知識らしい知識も深めずにここまで来ました。(^^ゞ

そしてここに来てやっと、【リンクを貼る】と言う作業を(それなりに)マスター出来ました!
借りているブログの機能でもリンクは簡単に貼れるのですが、普段は大概な事は
「ま、良いかぁ~」なアカ母ですが、時折妙に拘ってしまう事があり、今回のリンク貼りも、私なりに拘ってしまい、中々作業が進みませんでした。(^_^;)

私の拘り、
『種類別に分ける事』・・・・・
こうやって文字にするとますます「そんな事どうでも良いやん・・・」と言う感じなのですが、何だかそこだけはとりあえず拘ってみました。(^^ゞ
種類別と言っても、当初ブログを始めるに当たり、一番主流にしたかった
【うさぎ】関連と、アカ姉が罹って初めて知った
【起立性調節障害】の2種類ですが。(これから増えるかな?)

聞いた事はあるけれど、いったい何ナノ?状態だった【HTML】をいじっての作業。
ほんのちょっとの手間なのに、ものすごい事をした気分。
ちゃんとブログにリンクが貼れた時には
「私ってすごい!」などと浮かれてしまいました。(^^ゞ
でも改めて自分でサイト・デザインをしてる人を尊敬。
調子に乗って今度は「バーナー作ってみたいなぁ~」などと思ってたりします。
さて、実現するかどうか!

基本小心者なので、色んなサイトやブログにお邪魔しても殆どROMばかりで、足跡すら残さないと言う状態の所も多々・・・
そんな中でもわずかに比較的多く交流させていただいている所もあり、早速数件お願いしてリンク貼らせて頂きました!(ありがとうございました!

まだまだ他にもリンク貼らせて頂きたい所があるのですが、ここでまた気弱になって言えない状態だったりして・・・(^_^;)ヘタレ、ヘタレ
その内お願いに上がるかもしれません。
その節はよろしくお願いします。m(__)m

因みにリンクは、画面左の下の方にあります。

9月21日
バーナーにはおいらを入れてね!
母に作れたらね・・・
最近富に飲酒運転による、悲しい事故のニュースを見聞きします。
正直に白状しますと、以前は私も
「このくらい飲んだ内にはいらへん~~~」と、開き直りながら車に乗っていたクチです・・・コラ!

いつもはダンナの実家に行くと当然のように酒盛りをして、酔い覚ましと称してゆっくりとして帰っていました。

しかしこれだけ悲しい事故を見聞きし、以前のように面白おかしく放映していた飲酒運転の実態を、現実的な視点で見せられると
「う・・・これって私と同じ・・・」と反省せざる終えません。
子どもたちにも
「お母さん・・・ほんま、やめてな!」と注意されました。(はい・・・

今回実家に行って義母が
「最近飲酒運転厳しいから、早めにご飯していつもよりもゆっくりして帰った方が良いな。」と言う配慮も、心を鬼にして
「いや、止めときます、飲みません。これだけ事故のニュース見ると、流石にねぇ・・・」とお酒は断りました。
「そうかぁ~、そうやんな・・・子ども乗せてかえらなあかんしな。」と義母も納得。

夕飯になりご飯とお茶を目の前に、カタギな食事をする私。
義妹にお酌をすると
「う・・・悪いなぁ・・・ごめんなぁ・・・」と、気を使いながら飲んでいる。(^_^;)
義兄は
「1杯くらいやったら帰るまでに醒めるやろ。・・・1杯飲んだら止まらんか?」と。(^_^;)
「へへへ・・・1杯飲んだら自信ないっす~。帰ってから飲みますから!」(^^ゞ
と踏ん張りました。

近々ダンナが休みを利用して帰ってきます。
なのでまたすぐに実家に顔を出す事になるでしょう。
その時の事を考えると・・・
「今度来る時も飲まれへんねんなぁ・・・電車で来るとなるとかなり大回りで時間もかかるし、帰りも早くかえらなあかんしな・・・」と義母。
車なら20~30分で着く所、電車だと1時間半以上は掛かってしまう。
「諦めて次回も我慢しますぅ」(^_^;)

・・・と言ったものの、やはり大人数の食事での酒は上手し!
その味を知る私にとっては正直かなり辛い物がありました。(:_;)
しかも周りも気を使う。
義妹なんて私に気を使っていつもの半分も飲んじゃいなかった。

いっそ次回は旅行気分で電車で行って、帰りは奮発してタクシーとか・・・
何とかして楽しいひとときをゲット出来ないかと思案してたりして。(^^ゞ

帰る時に義母が
「持って帰り」と言いながら袋を・・・
中身はビール!(しかもいつも家で飲む発泡酒で無く生ビール
「お兄ちゃん飲むでしょう?置いといて下さい~
「良いから、帰ってから飲み。」
素直に満面の笑みで受け取り帰路に着きました。(^^ゞ

帰って早速!
うぅぅ~~~ん、んまい!・・・でもやっぱり皆で食事しながら飲みたかったなぁ・・・

新聞に乗る
おいらは新聞に乗る
アカね、邪魔!
あぃててててて・・・
お約束通り、本日は全身筋肉痛です。
夜中に寝返りを打っただけで身体の痛みに目を覚ますと言う、何とも情けない状態です。(T_T)

いつもは「よっこらしょ」と言う掛け声(これも情けない)で動く奴が、今日は「いてててて・・・」と言いながら動いています。

「お母さんすごい、どうやったら『ててててて』って、そんな早く言えるん?!」と言う、アカ兄のどうでも良いようなお褒めの言葉に苦笑です。(^_^;)

さて・・・昼からこの身体を引きずって、だんなの実家です。
よっこら・・・あててて

みてる

本日は校区行事で『ソフト・バレーボール』と言う競技に参加してきました。
普通のバレー・ボールよりも大きめの、ゴム製のポワンポワンしたボールで、4人制でする球技です。

普段あきれるほど動かないアカ母ですが、中学の3年間バレー部員(補欠)だった物で血が騒ぎ、ここ数年毎年参加しています。
翌日は笑えるほど筋肉痛に苦しみますが・・・(^_^;)

しかし・・・良いトスを上げてもらって、自分では現役だった頃のようにタイミングを計って華麗に飛んでアタックして、手の平に気持ちよくボールの当たる感触を味わうつもりが、『スカ!』と指先に当たってボールはとんでもない方向へ・・・orz
そう、殆ど飛べていない・・・(T_T)
体重が増え、筋力は無くなったと言う事を痛感しました。
飛んできたボールを拾うのも、追いつかない・・・

中には地区や大きなチームに入って現役でやっている人たちで固めた、本格的なチームも参加していて、そんなチームの試合はかなりの迫力。
見学していて流れ弾が飛んで来ようものなら、私たちは「ひゃ~~~」と情け無い声を出して縮こまるしかない。(^_^;)

そう言うチームはそれこそ【優勝】を目指しているので、相手チームに対しても厳しくクレームをつけるし、チーム内の失敗にも厳しく、
「あの中ではやってけ無い・・・」と私たちはおののきます。
元々は『皆楽しく、親睦を深めましょう!』な大会で、そんなマジな試合はなんとなく雰囲気悪くなって、ひいちゃいます。

でもまぁ、元々うちの地区は『お笑いチーム』と自他共に認めるチームなので、失敗してもチーム内みな笑顔で「惜しい!」(全然惜しくなくても)と言って許してくれます。(^^ゞ
そう言う(本気)チームもうちと当たると手加減してくれたりして・・・(それでも負ける)
挙句にこぼれ球拾い損ねて一人で七転八倒(一度打った球がネットに当たって、自分の頭に返ってきた)する私の姿を見て
「ほんま、楽しませてくれるわ~」とまで言われる。
ネット越しに「・・・楽しんでもらえて良かった・・・」と言うしかなかった・・・(-_-;)

そんな我がチームでも結果は5位入賞!!
中々の健闘ぶりです。
うん、結果はどうあれ、楽しかった!

明日はギシギシ言う身体を引きずって、ダンナの実家です。

見つめる
母、また笑い者になってきたの?
違う・・・楽しくスポーツしてきたの!(T_T)
2006.09.16 体育祭
月曜から始まった、教室登校指導。
水曜日 久しぶりに(?)「お腹痛い・・・」と布団に倒れたアカ姉。(朝ご飯は目いっぱい食べた)
「1時間ほどとは言え、やっぱ教室登校の影響か・・・」と、不安になりながら学校に
『疲れが出たのか体調悪くなったので休ませます。』と嫌味っぽく電話してやろうかと考えながら、アカ姉に「休む?」と聞くと
「いや、ちょっと休んだら行く。」と言うので放置しました。
放置した結果起きたのは13時過ぎ。(^_^;)
「あ~~・・・学校行かれへんかったぁ・・・」と思いの外がっかりしている。
「ここの所頑張ったから疲れたんや、今日はゆっくりしたらええ。」と言いました。

もしかしたらまた不登校に戻るか・・・と思っていた所、翌日の木曜日からは学校に行きました。
その後「はぁ~~~」と大きなため息を着きながら帰宅。
なにがあったんだぁ?と思って顔を見ると、ため息とは裏腹になんとなく笑顔。

「体育祭出なあかんようになった。」
「え?何で?体力落ちてるし、体調によっては種目出られんで皆に迷惑かけるからって、出ないって言うてたのに?
「今日行ったら先生が
『体育祭出れるか?』って言うから
『わからん・・・体調による。』って言うたら
『200mな~』って言われてさ。
『はぁ?体調によるって言うてるやん。』って言うたら
『それじゃ困る』って言うから
『困るってこっちが困るわ。って言うか、それって出れるかって聞く意味ないし、出ろって事違うん?』って言うたら
『う~ん、そうかぁ~?』って言うてさぁ・・・」担任とことん食えん奴。(-_-;)

その後の会話・・・
先:「で、おまえ自身は体育祭出たくないんか?」
姉:「出たい。出れるならな。」
先:「大丈夫!お前1年時は400mでトップやったし、2年のときも出たしって、皆言うてた。」
姉:「いやいや何を根拠に!だいたい去年4位やったし、その後倒れたし・・・あの時とは体力全然違うから無理やって~
先:「それはみんなも判ってる。でも400出た時もお前『無理』って言いながら1位やったし、2年の時も400m走りきったから、皆お前は『無理』って言うけど出来る奴やって言うてる。だから半分の200やったらって言うてるんや。」
姉:「100mは?」
先:「さぁ・・・」
姉:「さぁ・・・って、なにそれ。そんなん出ても走られへんで負けても知らんで、ほんま体力無くなってるんやから。負けてもこっちのせいにされても知らんし!」
先:「それは大丈夫、皆お前が調子悪いのは判ってるし、だから400mとは言わんから、出てくれたら良いって言うてる。」
姉:「・・・ほんま、知らんで。」

聞きながら「おいおい・・・」と眩暈がしました。(-_-;)
去年の悪夢が蘇る・・・
丁度去年の体育祭でアカ姉は400m走を走り切った後失神して、その後すぐではないけれど、だんだんと調子が悪くなって今に至る。
思わず『やっぱ学校に電話・・・』と思いながらアカ姉に「出るん?」と最終確認をすると、
「うん。出なしゃあないやん」と言う。
「しゃあ無いじゃ無くって~」
「だから今日から走る。」
「え?」
「あと1週間やけど、少しでも体力戻す。」
その顔を見ると今までのようにうんざりとした顔ではなく、明るく目が爛々としている。

本人その気になっているのに、心配だからと私の方が『やめとき!』と言うのは、前に進もうとしている邪魔をするような気がして言えなかった。
少なくとも悩んだり暗い表情をしていたなら
「無理せんと嫌なら断って良い。」と言う所だけど、明るいその表情を見るとその言葉も邪魔に思えた。
もしまた調子が悪くなったら・・・と言う不安はある。
でも本当は体育祭に出て、皆と思い出を作りたい気持ちもあるのに、体調が悪くて周りに迷惑をかけるしと、引っ込み思案になっていた気持ちが、皆に
『出るだけで良いから』と言う言葉を貰って、気持ちを軽くさせてもらってまで出られる状態を作ってもらってる事を、本人も感じているのだろうと、アカ姉の意思に任せる事にしました。
「勝ち負けは責任持てんけど、出来たら体育祭は出たいし。」と、わくわくしているのが手に取るように分かる。
元々走る事が大好きで、1年の時も2年の時も、皆が嫌がる400mに自ら立候補するほどだったし。

「2学期になってから気持ち悪いくらい何も言わんようになったK先生にな
『これで走れて自信ついたら教室も楽に出れるようになるなぁ~』って言われてさぁ。
『うわぁ、今まで静かやと思ってたのに復活したし~、逆に余計に体調悪なってまた学校来れんようになったら、意地でも先生に良い学校探してもらうからな!』って言うて来たった。」
アカ姉・・・抜かりない言葉を残してきたな・・・(^_^;)
「私立高いから、お金も出してもらうって言うたら『それおかしいし』って言われた。」
そらそうや・・・(^_^;)

体育祭まで1週間。
その間にまた気持ちが変わるかもしれません。
それならそれで良いと思います。
ただ、同じ後悔をするなら自分で少しでも納得出来る方を選んで欲しいと思います。
後は母のフォローだな。(出来るのか?)

だっしゅ1
走るのはおいらも好き!

だっしゅ2
姉ちゃん駄目なら代わりにおいらが出てあげる。
2006.09.15 アゴ筋肉痛?
2日ほど前の朝の情報番組で、目の周りやアゴのたるみの解消の運動を紹介していました。
モニターの人たちの締まり具合を見て、思わずTVの前でやっちゃいました。(^^ゞ

そして学校から帰って来たアカ姉にも
「これ、この運動!見てたらあごの回り細くなってたし、目もおっきくなっててん!!」と言いながら実演。
アゴのラインはともかく、「もっと目が大きかったらなぁ~」と日頃から言ってるアカ姉も食いついて、親子二人で百面相。(^_^;)

結果、翌日に続いて今日もアゴが筋肉痛です・・・(-д-;)

BOXの上
とことんなまってるね・・・
はい・・・
夕べはヨガに行ってきました。

一月ほど前、行事の打ち上げの時にボディー・ラインの話しになり、子ども二人も産んでいるのに、細いだけでなく、引き締まったボディーの持ち主の人がいて、
「何でそんな体系キープ出来るん~~?」と問うた所
「一時はかなりヤバかったんですよ~。でも機会があってヨガを始めたら3ヶ月であれよあれよと言う間に引き締まってきたんです。」と言う話を聞き、それまでほよよ~んと聞いていた周りの30~40代の女ざかりがみな大いに反応。
「どこで?」「どんな感じ?」「費用は?」
とみな食いつく食いつく。(^_^;)
その場でその人に予約を取ってもらい、後日ヨガ体験へGO!

先月初めて行き、その爽快感に皆感動。
それなりにきつい物の、息が上がるとか「もう駄目~」のような苦痛も無いのに、信じられないほどの発汗。
顔・身体はもちろん、腕から足から
「全身に汗腺はあったんだ・・・」と実感するほど、体の汗腺と言う汗腺から、滝のように汗が出る。
それこそ日ごろ溜め込んだ悪い物やアルコール全て洗い流すように。(^_^;)

終わって帰る時には、心地よい疲労感。
翌日筋肉痛も無い。
その爽快感を味わいたくて2度目のレッスンへ。

ヨガでも色んなコースがあって、今回はかなり軽め。
汗も前回とは打って変わってほんのり汗ばむ程度。
でも普段固まりきっていた筋肉の伸びは実感。
今回も気分爽快で帰宅しました。

しかし・・・その帰りに誘惑に負けて飲みに行ってちゃ元も子もないわな・・・(-_-;)
まぁ、N姉・アカ母コンビじゃ仕方ないか・・・(^。^)y-.。o○(開き直るなよ!)

撫でられる
母・・・また無駄な抵抗始めたの?
反論出来ねぇ・・・
アカ兄がゲームをしている周りでアカネが遊ぶ。
時々手元にじゃれて邪魔をする。

「もう!この馬鹿ウサ!邪魔すんな!!あぁ~~~失敗したぁ~~~
普段は「あかねぇぇぇ~~~」と甘甘な兄も、ゲームの邪魔をされると怒る。
「そんなん1歳の赤ちゃんに言うのと同じ、アカネの居る所でするんなら覚悟せな。
「でもおいら赤ちゃんの時こんなに馬鹿じゃなかった。」
「1歳の時の事覚えてんのか?
「・・・覚えてないけどぉ・・・たぶん。」
「言う事理解出来ん辺りそっくり。アカネよりも身体でかい分性質悪かったし。」
「え~~~、ちゃんと箱の中でご飯食べてたし~~~」(写真で見た)
「ちゃんとしてないから箱に入れてたんや!

そう、アカ兄は赤ちゃんの頃、椅子に座らせてもじっと座って食べない上に、手当たり次第に掴んで投げるので段ボール箱の中に防水対策のレジャーシートを張って、その中に入れてご飯を食べさせていた。(^_^;)

「それ考えたら、アカネの方が食べてる時大人しい分賢いかも~
ムキになってうさぎと知能を争った結果、墓穴を掘ったアカ兄でした。(^_^;)

ぶつくさ?

兄:「人間で言うたらアカネは20歳過ぎのおっさん!」
・・・おいらは永遠の赤ちゃんさ。
う~~~ん・・・微妙・・・by母
2006.09.12 アカ姉なりに
今日は遅刻せずに登校して行ったアカ姉。
まぁ、帰宅はいつも通り昼ですが。(^_^;)

「あ~~、疲れた。」と言いながらのご帰宅。
買い物に行く前だったのでお昼ご飯を兼ねてアカ姉とお出掛け。
お昼ご飯を食べながら学校での話をする。

姉:「ほんまY先生いちいち言い方むかつくし。
母:「ははは・・・今一よう判らん先生やな。
姉:「いつもな『Mに合わせてる』って言うから、今はこっちは教室行ってるし『ちゃんと自分の考えで行ってるやろ。』って言うたら『そうね~』やって。何か馬鹿にされてる感じ。
母:「ははは・・・あの先生何を考えてそんな返事?え?Mちゃんらは行ってないん?」
姉:「うん、こっちだけ。Mちゃん頑固やし。
母:「へ~~、やるやん。・・・しんど無いか?」
姉:「うん、それがな、案外行けてる。前みたいに教室行ってもしんどくないし、次の日もそんなに調子悪くないし。
母:「そうなん?へぇ~良い感じやな。」
姉:「うん。だから大丈夫!」
母:「そうか~。まぁ、このまま自分のペースでやって行き。」
姉:「うん。

ちょっぴり母に気を使って無理してんじゃ無いか・・・と思いましたが、その表情は明るく、ご飯もモリモリ食べてる。
少し何か自信になってるものがあるのかも。

ちっ!
ちっ!やっぱだめか・・・
TVの後ろは封鎖したって言ったろう・・・往生際の悪い奴。
2006.09.12 新聞記事
ちょくちょくお邪魔するサイトさんや、ブログさんで知ったのですが、(いつもROMばかりですみません)最近【起立性調節障害】についての記事が数社の新聞で取り上げられてるようです。
URLも張ってくださっているので、記事も読ませてもらいました。
「これで少しは世間にも浸透するかも~」と期待が上がります。

今までそれなりにアカ姉の状態を説明してきた人の目にも止まり、
「アカ姉ちゃんの病気の事、新聞に載ってた。」と反応がありました。
この記事がどこまで理解してもらえるのか・・・学校はどう反応してくれるのか・・・と言う話しになり、
「中々難しいかもなぁ・・・」と言う話しになりました。
今はまだ学校の反応は相変わらずです。

アカ姉の教室登校を強行すると言っていた学校。
月曜日から実行に移しました。
その話を聞いた時に一応
「今は回復傾向で、以前ほど腹痛で学校に行けないとか、朝起きられないと言うのはないけど、場合によっては再発や悪化する事があるので心配です。」と言う話しはしました。
なので慎重にゆっくりとまずは個別の教室に分けて・・・と段階を踏んでくれる物と思っていたら、いきなり教室へと言われたようです。

「せめて1時間でも・・・」と、かなり説得されてアカ姉は
「せめて1時間って言うてるから、1時間でも出たら先生は納得するやろう。」と言いながらいつも以上に遅刻していきました。(^_^;)
昼前に帰って来て案の定「訳判らん!」とぷりぷり怒りながら
「何が、明日も頑張れ、や!何も判ってへん!頑張って行けるならとっくに行ってるっちゅうねん!」とぶつくさ言っていました。
それでも今日は行けた。
「よう頑張った!」と言いました。

アカ姉は「先生言い方下手すぎ!『俺らかって困るんや。』って、先生の都合なんて知らん、っちゅうねん!」
・・・先生・・・ほんま下手すぎ・・・本音かもしれないけど、それは言って欲しくない本音。
話し合いの時に主に会話をしていたのは学年主任の先生。
担任は殆ど相槌を打つ程度でした。
なので正直な所「大丈夫かなぁ・・・」と思っていたのですが、案の定・・・って感じ。(-_-;)

一応フォローしましたが、私も本音が・・・
「何じゃそら・・・『俺らかって困る』って・・・そんなん知ったこっちゃ無いわ、ってか、嘘でもお前らの為って言えんのか?・・・(って、私は何言ってるんや)・・・いや、でも実際先生の都合はともかく、教室に出られそうなら出た方があんた自身の為にも良いと言うのはあると思うよ。文化祭の事にしても、判らんなりにも授業聴いてたらって言うのもあるし。・・・まぁ、自分のペースでな・・・」と実際フォローになってるのかどうか・・・私も下手・・・orz

明日も教室に行けるのかな・・・と言うか、また調子悪くなりゃしないだろうか・・・
先生新聞記事読んでて欲しいなぁ・・・(読んでないんだろうな)

開き気味

9月3日

初めて我が家に来た時の写真です。

ちっちゃな後姿

こんなにちっちゃかった後姿も・・・

でっかい後姿

すっかりこの貫禄

少し遅れましたが、アカネ、我が家に来てこの1年、良くぞ無事にここまで成長してくれました!
これからも元気でいてね。

祝いの品

と、言う事で約束のお祝いの品。
アカネの大好きな、リンゴ・大葉・そして奮発してメロン~~~

良いから早く
良いから早くちょうだいよ!!
撮影中ずっと足にしがみついてたし・・・

がつがつ!
うぅぅ・・・んまい~~~

メロン!
メロン?これがメロン?う~ま~いぃぃ~~~
ア・・・アカネ・・・果汁がたれてる・・・(^_^;)
姉・兄にすら滅多と食わせんしろものよ。

しあわせ~
はぁぁ~~~しあわせ~~~

まんぞく
う~~、食った~~~

ご満足いただけて良かったです。
さぁ、明日からまた粗食よ。

なんですと!
な・・・なんですと!?
2006.09.09 前祝
遅ればせながらの前祝。(^^ゞ
去年の9月3日に、アカ姉の策略によって、めでたく我が家の一員となったアカネも、無事1年間我が家ですくすくと育ってくれて、今では立派な『親父うさ


オヤヂ顔2
誰がオヤジ?

オヤジ
あぁぁ~ん?

そんなアカネにもこんな頃がありました。

うさぎです

この画像見た友達に「ねずみ?」と言われた・・・
う~さ~ぎ~~

姉の足と・・・(赤ちゃん時)
この頃は楽に抱っこできたよなぁ・・・

どうでもいいから
今でもおいらは可愛いから!だから早くお祝い頂戴!!

早急に準備させていただきます・・・
あぁぁーー
・・うっかりしていました・・・
9月3日はアカネが我が家に来て1年という記念すべき日だったのに、色々とあってすっかり忘れ去っていたぁ~~~(T_T)
アカネ、ご~め~ん~~~

この償いは近々。

はぁぁぁ・・・
やっぱ忘れてたのか・・・
2006.09.07 母も修行中
またもや脳みそパンパンです。(^_^;)

アカ姉の学校に行ってきました。
1時間半もの間、校長室で担任と学年主任の先生との3人で話し込んで来ました。

進路についてはかなり気持ちに余裕を持つ事が出来ました。
私立・定時制・通信・単位・専修学校・・・色んな選択肢があって、そのどこでも行ける所はある。
その中で一番アカ姉に合う所をこれからじっくり話し合って決めていきましょう。
そのための準備も今進めているとも言われ、かなり気持ちが楽になりました。
問題はアカ姉が普通高校に拘っている事。
ちゃんと制服があって、決まった時間に登校して、決まった時間に授業が終わる。
アカ姉は環境が変わればそれが出来ると思っている。
でも正直それもね・・・(^_^;)

当然 先生達も私以上にそう言う子を見てきているだけに、苦笑していました。
「確かに環境が変わってそう出来た子もいます。でもアカ姉さんが出来るかどうかの保障はないし、そう出来れば良いけど、もし駄目だった時の事を思うとアカ姉さんの性格を考えると挫折感は今以上になると思うし・・・。」と言われました。
「いきなりそんな厳しい状況に入るのではなく、もっと時間に余裕のある、定時制や通信、単位制などを考えてはと思っています。まぁ本人が希望するのであれば、私立校も視野に入れますが。」とも言われました。
そして・・・
「高校で人生は決まりません。
一般に言う良い高校に行っても挫折する子もいるし、誰もが『え~?』と言う所に行ってもしっかりやってる子もいます。ようはその子に合った道を探す事なんです。」
とも言われました。

学校側もちゃんとアカ姉がもがきながら頑張っている事を見てくれているんだなと感じました。
「彼女はTPOをわきまえている。黙って人の話も聞けるし、聞いていないようでちゃんと聞けてる。
言いたい事もちゃんと言葉を選んで言えます。」
そう言われた時には
「え?あの口の悪いアカ姉が?」と言ってしまい、先生に笑われました。(^_^;)
「他の子は教師に向かって。「きしょい!」とか「ウザいんじゃ!」なんて平気で言いますけど、彼女はそんなこと言う事はありません。
まぁ、聞こえない所では言ってるかも知れませんが。
でもそれは良いんです。ちゃんとTPOをわかっているという事なんだから。
それは人間として大事な事で、そう言う所は彼女はしっかりしています。
お母さんの前で私たちの事をそう言う風に言うのはむしろ良い事だと思います。」
そういわれて思わず「アハハ・・・」と笑ってしまう素直な私・・・(^_^;)(ばれるじゃん

一緒に和もうよ
う~~~挟まれると落ち着く~~~
母もアカのふわふわ気持ち良い~~

またもや葛藤する止め処ない長ったらしい綴り・・・(まだあるのかよ・・・)
・・・嫌になるほど長いです・・・(-_-;)
... 続きを読む
2006.09.06 大切に
今朝いつもの起床時間よりも早い時間にアカ兄が暗い声で起こしに来た。
「おかぁさん・・・」と。
え?!発熱?体調不良?・・・まさかこの歳でおねしょ・・・?
「何?どうしたん?」と言うと
「クロ出目ちゃんが死んでるぅ・・・」とウルウル(;_;)

慌てて見に行くと赤3匹・黒1匹のうち、クロ出目金が浮かんでる。
「昨日まで元気やったのにぃ~。何で?」
「寿命やったんや。またどっか埋めてあげ。」
「うん。」
そう言ってとりあえず水槽から金魚をすくい出だして、時間もまだ早かったので母はまた布団へ・・・

時間になり起きていくとアカ兄は突っ伏して泣いている。
「あのまま起きてたん?」
「金魚埋めてきた・・・(T_T)」
「そうか。」
「何で死んだん?まだうちに来て少ししかたって無いのに!」とワンワン泣き出す。
今まで毎年金魚やその他色んな生き物を飼って、アカ兄はことごとく死なせてきたけど、こんな風にショックを受けたのは、数年前に飼ったハムスターが死んで以来。
この春先なんて亀が溺死(?)していても私が言うまで放置してたような奴なのに。
この反応の違いにかなり戸惑いました。
「ここまで悲しんでもらって、クロちゃんも喜んでる。でもあんまり悲しみすぎてうじうじしてたらクロちゃん成仏出来ひんで。」と言う言葉しか出ませんでした。
何とかご飯を食べて登校していきました。

帰って来たアカ兄はいつもの元気なアカ兄に戻っていました。
小さい頃から感受性の強かったアカ姉に比べると、物事に動じない方だったアカ兄も、12歳になって情緒面が成長して色々感じるようになって来たのでしょうか。
その優しい気持ちをこれからも育てて行って欲しいと思いました。

兄の携帯
兄、おいらがいるよ。
アカネに何かあった時の事を考えると・・・いや!アカネは不滅!!
ってか、アカネ・・・兄ちゃんの携帯かじったら怒られるぜ・・・
そう思うなら取り上げてーや!!BYアカ兄
2006.09.05 進路・・・
アカ姉しっかり別室登校に戻りました。(^_^;)
でもってしっかり昼前に帰って来ます・・・

高校に行く気ならばいい加減どこに行くか決めないといけないのに、今はギターの事で頭がいっぱい。
「新学期入ったら担任に、高校の事聞いてくるから。」と言っていたのは始業式前日。
なのに未だに聞こうとしない。
聞くのも追い詰めるみたいで聞きにくいなぁ・・・と思いながらも
「どうするの?」と聞けばやはりイライラした顔で
「判ってる!ちゃんと考えてる。」と切り捨てられた。
で、聞いてくるのはバンド練習のために音楽室を借りたりの事ばかり。(-_-;)

『ちゃんと考えてる』その言葉を信じてやらなきゃいけないとは思っている。
でも現実時々機嫌の良い時に話す高校の話は、先輩の行ってる高校の事で
「『俺でも行けるからお前も大丈夫!』って言うてた。」と言う言葉。
確かにあまりレベルの高い学校ではないけど、でもその学校はちゃんと試験もある。
2年の後半から授業を受けていないアカ姉の学力で、その学校のレベルでも合格点が取れるとは思えない。
校風も現在通わせている親自身ですら、「あんまりなぁ・・・」と言うもの。(^_^;)
情報提供者の先輩は私も小さい頃から知ってるし、やんちゃではあるけど、根はとても優しく素直で悪い子ではない。
希望校をことごとく取り落としているアカ姉を元気付けるために、
「たいした事ない!」と言ってるような気がする。
ものすごく安直な言葉に踊らされてるようにしか見えない。

学校とは本人が直接話しをして、自分の納得行くようにという方向でと、アカ姉とは話していたが、今現在もそれをする気配が無い以上、こっそりでも母が直接話をした方が良いと考えている。
今日学校に電話をした。

「本人が自分で納得出来るように考えるから私には出るなと言っていたので、本人を信じて任せようと思っていましたが、ここに来て色々挫折感があったようでまた体調も崩れ気味で、投げやりになってる感じなので、本人任せは無理な気がするのでこっそりでも少し進路の話をお聞きしたいのですが。」と。
担任も
「彼女は他の子と違って自分からプリントなどを取りに来るし、始業式の日も教室に来ていたんで2学期からは大丈夫かもと期待していたんですが、もう既に別室に戻っていたので気にはなっていたんです。そうですかぁ・・・」とため息をついていました。
明日、担任と直接話をすることになりました。
果たしてアカ姉の納得できる進路は見つかるのか・・・

う~~、そこそこ
うぅぅ~~・・・そこそこ
姉ちゃんの足マッサージ・・・(^_^;)
この土・日、思わぬアクシデントに慌てふためいておりました。
何の予定も無い上に気持ちの良い青空に、なんとなくのんびりウキウキしながら
「ちょっと買い物遠出してみよっかな~」と思っていると、N姉さんから連絡。

インフルエンザの高熱でも病院に行こうとしなかった姉さんが
「・・・動けない・・・」とSOS。
「何があったん?!」と聞くと
吐くは下すは胃は半端無く痛いわ・・・の状態だと言う。
「すぐ行くから!出る準備して待っとき!」と慌てて準備して車を出しました。

歩くのもやっとな状態で病院に着き、姉さんには「座ってて!」と言い、代わりに受付。
待合室には大勢の患者さん。
かなり掛かりそう・・・・と思いながら受付を済ますと、その状態を見ていた受付の人はすぐに車椅子を持ってきてくれて、そのまま診察室へ。
診察の結果食中りと判明・・・(どっかでおんなじような事が・・・

点滴を打ったものの治まらず、そのまま緊急入院となりました。(T_T)
姉さんのダンナは事情があって連絡が取れない。
実家も遠方とあって、私が入院準備をするしかない。
あっちこっちに連絡も入れて、入院準備に走って手続きの説明も受けて。
前もっての入院準備は何度もあるけど、緊急入院は初めてで少々テンパリました。(^_^;)

何とか点滴と注射のおかげで容態もましになり、私は一旦帰って子どもたちのご飯の準備。
最初の予定では一日だけの入院となっていたのが、診断書を見ると『2~7日』となっている!
長期戦覚悟で家で待つ姉さん家の子もうちでご飯の面倒だけでも見る事にしました。
姉さんも心配だし、姉さんの子も心配。
気丈にしててもやっぱり不安だったんだろうな・・・夕飯あんまり食べなかったし・・・・

翌日姉さんから電話。
「今日退院の許可出た~~」
やった~~~!思ったよりも軽くすんだ~!
準備して姉さんのお迎え。

何とも冷や汗物の2日間でした。
まだ胃が痛むと言っているけど、何とか無事短期入院ですんで良かったよ。
『ビール飲みたい・・・ビール飲めんせいでストレスで余計悪くなりそう。』とメールでぼやく姉さんに
『ダイエットやと思って、治るまで我慢せえ。』と返信してやりました。
とことん呑んべぇ・・・
まぁ、食欲あるって事は回復も早いでしょう。
姉さん・・・頼むからヤバげな物は食うな!

丁度月一のお客さんの最中だったせいか、ほっとした途端なんだかどっと疲れに襲われました。
なんだか今日は無気力です・・・(いつもじゃん・・・)

アンヨナメナメ

今やっとアカ姉、寝に行きました。(寝付くのはいつ?
気になる言葉を残して・・・
「足痛い~~~・・・成長痛と同じ痛み・・・

おいおい、まだ伸ばす気か!?・・・と心の中で叫ぶつもりが声に出てしまった。(^_^;)
「えぇ~~、そんなつもりないし!いい加減もう良いって~~~。」(T_T)
その台詞、アカ兄に聞かせちゃなんねえぞ・・・(^_^;)

とは言えアカ姉の身長は、まだまだ許容範囲だと思います。(周りが小さいだけ)

のび~~~る
おいらも伸び~~る。
2006.09.01 新学期
今日から新学期!
アカ兄は宿題も完璧に終わらせて、元気に「行ってきま~す!」と登校していきました。
帰ってきて、荷物だけ置いて友達と共に「行ってきま~す!」とまた出て行きました。
元気な小学生の当たり前のこの状態が去年の事を思うと、そしてアカ姉の状態を思うと、とても幸せを感じさせてくれる。

アカ姉も登校して行きました。
朝は時間に何とか起きてきて、ご飯もちゃんと食べて。
でも家を出る頃になるとまたいつもの
「お腹痛い・・・気分悪い・・・」が始まり、結局家を出たのは登校時間を1時間過ぎた頃。
それでも何とか授業が無いという事で教室登校したようです。
まずまずの滑り出し。

でも月曜日からは・・・
気長に見守るしかないんだろうなぁ・・・

夏休み前半は体調もかなり良くなって、宿題にも意欲的に取り込んでいました。
同じ不登校の友達は
「授業受けてないのに判るわけないやん。だから宿題なんてせえへん。」
といってる中、何とか判る所だけでもと頑張っていたようです。
それでも現実はやはり厳しい。
いくら頑張っても判らない物は判らない。
私立の友達に聞いても理解出来ない。
だんだんと挫折感が漂い、また体調が悪くなり、何とか1~2時には眠れるようになっていたのがまた最近3~5時まで眠れなくなっているようです。
かと言って飲んでも効かない薬は飲みたくないと言う。
結局は黙って見守るしかないんだろうなぁ・・・

落ち着く場所
のんびり行こうよ・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。