上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アカネの【ソアホック】対策のために通販で【プラマット】を購入。
今朝届きました。
プラマット

プラスチック製はあまりよくないと言った事を何かで見ましたが、商品紹介に『ソアホック対策に・・・』と書いてあったので、試しに買ってみました。

病院でソアホック対策として100円均一でじゅうたんマットを買って敷いていると言うと、板より柔らかいと言っても足裏全体がべったり密着する床は逆にあまり良くないと言われ、前々から気になっていたこのプラマットのことを聞くと、
「足の裏に接する部分が少ない分そっちの方が良いかもしれませんね。ただうさちゃんによってはプラスチック素材が嫌でそれを避けたり、かじったりする子もいるんであかねちゃんに合うかどうかは使って見ないと判りませんね。」
と言われました。
確かに・・・カジカジはしそうな気がする・・・
とりあえず今日から使ってみよう。

ついでにこれも前々から気になっていた縄チモシーも購入。
縄チモシー

カットされた物は何度か買った事があるのですが、このぐるぐる巻きの長い物も気になっていたので。
画像で見るともっと小さい物かと思っていたのが実物はかなりでかい!
・・・カットした物を見ればそれを巻いた状態なんだから、大きさ想像付きそうな物なのに・・・(^^ゞ

チモシーと言えば・・・
不調だった頃いつものチモシーは食べずに、かまくらハウスを食べていたアカネ。
数日後ふと見ると・・・・
かまくらハウスその後・・・
もうかまくらハウスではなく、ただのマットの切れ端状態。
今はこれも完食いたしました。

いただいています
ごっつぁんです!
スポンサーサイト
2006.06.29 点滴慣れ?
暑い・・・
梅雨の晴れ間で今日はスコーンと快晴です。
でもここまで暑いのもなぁ・・・
アカ姉が沖縄にいるメル友から
『今日の沖縄は33度!』と言うメールが来て
「沖縄33度!暑すぎ・・・」と言っていましたが
「何を言う・・・こっちも32度あるぞ・・・」
「負けてへんなぁ・・・てか。沖縄ならまだしも、大阪でその気温は納得いかん・・・」
「納得行かなくてもあるもんはしゃあない。」と、どうにもならない会話・・・(^_^;)

ここの所やたらと多い病院ネタですが・・・
先日アカ姉の食中りでお世話になった病院の点滴室での出来事。

点滴室にはアカ姉を含め3人の患者さん。
一人は70歳前後のおばあさん。
痛みでモゾモゾしながらも、針が恐くてびくびくしているアカネと違い、そのおばあさんは天井からかかっている点滴を自ら外しそれを持ってぽてぽてと移動。
そして移動用の点滴台につるして待合室に消えてゆきました。
「点滴慣れしてるなぁ・・・」とアカ姉と尊敬・・・(する所なのか?)

縄チモシーと格闘中・・・
格闘1
いざ!

格闘2
ほっ!

格闘3
うりゃ!
今日はアカネのお腹の薬も無くなったので、再び病院に行って来ました。
診てもらうとお腹の方はもう大丈夫だろうから、薬もとりあえず止めです。
「薬止めた途端にまた体調崩す子もいますから、用心はして置いてくださいね。」と言われましたが・・・(がんばれ!アカネ!!

そして新たな病【ソアホック】の方は・・・
多少ハゲ加減が進行してる物の(ダンナの事ではない)皮膚自体は大して炎症も酷くないので、このまま様子を見る事になりました。
後は床の状態の改善と、アカネの体重管理がポイントとなりそうです。

アカネの体重は2・35kg。
闘病中は2・3kgを切ると「減っていますね・・・」と心配されていたので、健康時にはこんな物なのかと思っていましたが、どうやら結構体格良い方のようです。
はっきり言えば【おデブちゃん】・・・・orz
ミニ・レッキスはうさぎの中でも食欲旺盛で、太りやすい種類と聞いていたので普段から牧草中心で、ペレットは一日20gと管理はしていたのですが、どうやらそれでも太ってしまっているようです。
おやつも毛を溶かす酵素を作ると言われる乾燥パパイヤを一日数粒上げる程度と、今まで薬を飲ませるためにあげていたリンゴも大さじ1杯ほどの量。
けしてあげ過ぎではないらしいのですが、それでもおデブちゃん・・・
先生と相談して体調見ながらペレットの量を控える事にしました。
その分牧草は限りなくいくらでも食べてくれれば良い。
体重減らさなきゃ足に負担かかって悪化だ!

アカネ・・・母と共にダイエットしようね。(T_T)(似た物親子・・・

ハゲ進行中
足裏ハゲ、進行中・・・

デブ?
・・・オイラってデブ?・・・ハゲててデブ?(T_T)
そんな!禿げたでぶオヤヂだなんて!!・・・そこまで言ってない!!
アカ姉がお世話になった病院は、実はアカ姉が生まれた総合病院。
今は産科も小児科も無くなり、総合病院は何かと待ち時間が多いかららと、普段は近所の町医者に行くので、かれこれ10年以上行っていなかった。

しかもアカ姉がお腹にいる妊娠7ヶ月頃に、不覚にも私も食中りでお世話になっていたりする。(^^ゞ
だんなの実家で食べたうどん屋の天ぷらうどんのえび・・・
私以外は皆何とも無かったのに、妊娠中で抵抗力が弱ってたのか、私だけ悶絶しました。(T_T)
今回アカ姉もこの病院で、掛かったのは内科と科は違う物の、当時の事を思い出してしまいました。

朝病院が開くのを待って自力で袋片手に車を運転。(だんなは朝5時に出勤していた)
食中りなのは判っていたので人にうつす事は無いだろうと、既に水も受けつけない状態でぐったりと産婦人科の待合室でくたばっていました。
呼ばれて担当医にものすごく怒られたのを覚えています。
「妊娠中に何でも食うな!ほんまに、赤ちゃん可哀想やから点滴打ったるから点滴室に行け。」・・・(T_T)
だってダンナの実家で出された物、無碍に断れないし(当時は)しかも普通に海老天うどんだったしぃ・・・と言い訳すると
「妊娠中は魚介類は気い付けなあかんもんや。姑そんな事も判らんのか。」と義母まで悪者に・・・(そんな事知らないもん
この先生 産婦人科医40年以上の大ベテランで、腕も良いが厳しさも評判だった。
脱水症状で意識も朦朧として、それ以上歯向かう気にもなれずに「すみません・・・」と言って点滴室へ。

点滴したは良いが、どうやら針がちゃんと刺さっていなかったらしく、ふと見ると腕がパンパンに腫れている。
ナースコールを押すとこれまたキツイ看護師さんに
「何でこんなになるまで黙ってるの?!ほんまに、これでも一応吸収はされてるからもう良い!」と言って針を抜かれて帰されました。
『本当に効くの?』と思いましたが、恐くて言えぬままふらふらと帰って寝ました。
実際その後その症状で行った記憶が無いので効いていたようです。(覚えていない)

今思えば(当時も落ち着いて考えれば)点滴失敗したのは向こうで、文句はこっちが言うもんじゃないのか?と思いますが、今となっては過ぎた事。
当時は私も可愛かった・・・(今なら「え?!私のせい?!」と言い返すだろうな)

今回 同じ症状で行ったアカ姉も、偶然にも(こんな偶然嫌)点滴が上手く入っていないという嬉しくない偶然の一致・・・
でもそのときの対応は、私の時とは大違い。(そりゃ15年以上経ってるし)
若くて綺麗な看護師さんで、とても優しく最初から
「辛いよね。これ打ったら楽になるから頑張ろうね。」と言いながら処置。
その後も色々と話しをして、なんだか和やかな雰囲気。

途中何度も様子を見に来てくれて、その時に点滴の針のずれも殆ど腫れていない状態で発見して
「ごめんね!痛かったよね。すぐ治すから。」と。
でもアカ姉はお腹の痛みで「ウンウン」唸りながらモゾモゾと動いていたので、それでずれた可能性もあると告げると
「でも もっと外れにくい所に打っていればこんな痛い思いしなかったのに。ごめんね。」
と言って打ち直してくれました。

帰る道すがら
「こんなに癒されて病院から帰るのは初めてかも~」と。
私の時とは偉い違いだ・・・

友達と並ぶ
おいら点滴嫌い!皆嫌いだって・・・
昨日は校区のソフトボール大会に参加。
去年とは違い女子チームも4チームの参加があり、今回は優勝は無理だろうなぁ・・・と、皆で
「お笑いチームらしく、楽しくやろうぜ~」と言う感じでした。(^^ゞ

守備位置を決めるのに、ソフトボール経験者は中学生2人を含めて4人。(頼りはこの人達のみ)
ピッチャー・キャッチャー・ライト・サードは要とその4人を配置。
後の内野ファースト・セカンドは?となり、この辺りもそれなりの人が入らなくてはと、悩んで去年やったからという理由だけで無理やりファーストに行かされました。(T_T)
(せっかく黙ってたのにぃ・・・)
でも何とか今回もおきなミスも無く終われてよかった・・・(負けたけど)

試合自体は出たら良い!状態のもので、真の目的はその後の打ち上げ。
試合後(途中雨で中止になった)会場セッティングをして、さぁ!と盛り上がり始めた頃、アカ姉からメール。
『気分悪い・・・吐いたぁ~』と。

あわててその場を抜けて帰ると、ものすごい状態でエグエグえずきまくるアカ姉の姿。
こりゃただ事じゃないぞと何を食べたかと聞くと、用意していた昼ごはんでは足りずにどこから発掘してきたのか、冷蔵庫に入れ忘れていた鮭フレークでご飯を食べたという。
うちの子ども達は鮭フレークが好きなので常備しているのですが、普段から片付けるという事をし無いやつらで、これも勝手に出して食べたは良いがそのまま放置していたもよう。
気が付けば私が片付ける物の、どこの放置していたのやら気が付かず、ご丁寧に発掘してきて食したらしい。
「中3にもなって腐ってるかどうかの判断も付かんのか?」と情けなくなってそう言うと
「いや・・・ヤバイなと思ったけど、美味しいからいいかと思って・・・」(T_T)

もんどりうって唸りながら吐いてるのを放置は出来ないと、休日診療をしている病院を探して診てもらいました。
やはり鮭フレークは腐っていた・・・
点滴をしてもらい、薬を貰って帰宅。

楽になったアカ姉は
「お母さん居ててももう何もする事ないし(確かにね・・・)、打ち上げまだやってるみたいやったし行って来たら?」と言うので、一応地区の体育部に所属する役員なので、片付けだけでもと戻りました。
しかし1時間ほどするとまたメール。
『熱が出てきた・・・』と・・・
何とか片付けは終わり少しだけと二次会に顔を出していたのですが、こちらも再び中抜け。

仕方のない事とは言え本音を言えば、辛い思いして(それなりに楽しんでたけど)全身筋肉痛覚悟で試合に出て、一番の目的の打ち上げにも準備と片付けだけで殆ど、まともに参加出来ずに、がっかり・・・

今朝もまだ本調子ではない物のかなりましになり、学校は「休みたくない」と言うので、どうせいつも昼前に帰って来るしと何とか行ったアカ姉。
しかしやはり耐え切れずに、2時間ほどで帰ってきました。
そりゃな・・・と思い心配していると
「昼ごはん何するの?ハンバーガーは?あかんかったらチゲうどん食べたいなぁ~」
・・・あんた昨日の苦しみ忘れたんかい!
でもまぁ、それだけ回復してるってことか。

今日のお昼はとき卵入りのやわらかく煮込んだうどんです。
食欲はあるものの、やはり胃が受け付けない・・・
結局うどんも半分ほどでダウン。
「食べたいぃぃ~~・・・出来れば味の濃いもの食べたいぃ~~」と唸りながら布団に戻っていきました。
好きなもん食べたきゃ早く治せ!
でもって、ヤバイ!と思うようなもの食うな!
さて、夕飯は何にしよう・・・
アカ姉だけお粥にして、私とアカ兄は焼肉にしようかぁ~~~
したらアカ姉グレるだろうな・・・(^_^.)(しませんって・・・

「癒される~~」と言いながらアカネを枕にするアカ姉・・・
アカ枕
お~も~い~~・・・まくら?本当に?・・・姉・・・腹減ってるからって、おいら食べないよね・・・
2006.06.24 キャリー
以前アカネは布製のキャリーを使っていました。
布製でしかもメッシュ。
メッシュタイプ

我が家に来た当初季節はまだまだ残暑厳しく、その涼しげな感じに惹かれて購入。
『うさぎは臆病なので、異動はあまり周りが見えない方が良い』と、何かの本で見て
「失敗した・・・」と思ったものの、コンパクトで軽いし、床は取り外せる木製すのこでと使い勝手が良かったので重宝しました。
しかし・・・躾のなっていないアカネは出して欲しい時は角をカミカミ・・・
気が付くと上部四隅は穴が開いてしまいました・・・(-_-;)
しかもファスナー部分も噛んでしまい、とうとう左右どちらからも開けられた便利なファスナーもダメに・・・(T_T)

すっかり大きくなったアカネには、かなり狭いキャリーになっていたのもあって、病院通いも頻繁な事もあり新しい物を購入。
広々としているので、お出かけの時はその中に居ても窮屈さは無いし、水飲みボトルも付ける事が出来るし、餌入れも付いてる。
前面だけでなく上部の開閉も可能なので出し入れも楽。
ペットボイジャーダブル

吟味して買ったのでこの使い勝手のよさに満足です。
でも大きくなった分重い・・・
旅行用のトランクみたいにローラーが欲しいと思う今日この頃です・・・
でもそんなので凹凸のある道を運ばれたら、ガタガタ揺れてアカネは嫌だろうな。(^_^.)
兄と寝そべる
病院行くときの箱嫌い・・・
母は病院以外のお出掛けにも早く使いたいのよ・・・
今日病院に行った所、アカネさんの胃腸の方は、殆ど心配なくなりました。(^^)v
けど今日はまだ診察日ではない。
何故行ったかと言うと・・・
今度はソアホックです・・・・・(T_T)(T_T)(T_T)

夕方アカネを遊ばせていて、ダレ~~~ンと足を投げ出して寛ぐ姿に、
「足の裏のアップ撮影開始!」とばかりにホフク前進で近づき、カメラを覗くと
「ん?・・・あれ?これって・・・
アカネの足裏に小さなハゲが・・・うっすら赤み掛かった素肌が見えてる!
ソアホック

「これはうさぎの、それも毛並みの薄いレッキス種が掛かりやすいと言う、『ソアホック』では!!」と、またもや大慌てで病院へ。(T_T)

診察してもらうとやはりそうでした・・・orz・・・
「かなり発見が早いんで、まだ炎症も然程無いし、まだ大丈夫ですよ。」と先生は言ってくれました。
が、いかにこの症状から逃げ切るかと言う新たな課題が持ち上がりました。
「今の(ゲージの)状態はけして悪くはありません。でもなった以上は他の改善方法を考えなくてはいけませんね・・・頑張りましょう。頑張って色々試して、良い方法を見つけましょう。」と先生に励まされて、一日一回付ける副作用の無い軽い薬を処方されて帰ってきました。(目薬みたいな薬)


アカネのゲージの中は木製のスノコです。
先生もゲージの状態を聞いて一応一番良い状態であるのに・・・と言う感じでした。
でもまあ短毛種のレッキスにとってはそれでも罹ってもおかしくない病気。
なってしまったからには何とか今の症状を治めて、今後そうならないよういかに気を付けるかと言う事を考えるしかない。
とりあえず100円均一でマットを買ってきました。
100均マット

汚れや掃除は大変だけど、背に腹は代えられません。
これで予防できれば良いけど・・・

やっと、や~~~っと、病院通いから開放されるという日の目を見たのにぃ・・・orz
だってぇ・・・
おいらだって好きで罹った訳じゃないもん・・・
だよねぇ・・・(T_T)
2006.06.23 個人懇談2
今日 洗面所の黒ずみが気になってゴシゴシしていたのですが取れない・・・
「!」と思い立って、お風呂洗い用の洗剤(こすらなくても~の奴)を振り掛けてしばし放置。
その後ブラシでこすると綺麗に取れました。
これは中々使えるなと嬉しくなっちゃいました。
はい、主婦的感動です。(^^ゞ

昨日アカ姉別室登校児だけの個人懇談を受けてきました。
親抜きの生徒と先生だけの懇談です。
色々と納得行かない所もあるようで、帰ってからブチブチと文句垂れていましたが、まぁ解るけど・・・と言う反面やはり
『それってあんたらの我侭・・・』と思える部分もあり、『貝になろう』と言う決意も早くも崩れ始めています・・(T_T)
何とか「どう思う?」と言う問い掛けにだけ答える程度の物に留めましたが、途中
『いかん止まらない!!』と自分にブレーキかけながらの受け答えでした。(^_^.)

その話し合いの中で『特別教室』なるものに行く気は無いか?と先生に提案され、そこなら指導してくれる先生も常時居るから勉強も教えてもらえると言う事で、アカ姉は
「行く」と一応答えて、先生もほっとしていたそうです。
それでもまだ
「急にはよう行かん・・・心の準備が出来るまで、もう少し時間欲しい」と、受験生と言う時期で焦っている、教師や親の気持ちに針を刺す言葉もありましたが、行く気があることが確認できただけでも良しとしようと自分を納得させています。

同じ別室登校をしてるのが現在4人。
内 アカ姉とMちゃんは特別教室を考えています。
後の二人は
「養護学校みたいな感じで嫌。」と拒否してるようです。
「養護学校・・・言われてみればそれに近い気もするけど、ようはフリー・スクールみたいなもんやろ?別室登校で自主勉しててもあんまり出来ひんし、教えてくれる先生が居るならそっちの方が絶対良い。」と、自分なりにちゃんと考えて結論つけているのが嬉しい。

まぁ、Mちゃんと一緒に・・・を互いに熱望してる部分多少気にはなりますが、一応本人
「初っ端どんな感じの所かも判らんから一人じゃ心細いし、慣れたら一人でも行く。」と言うので、その言葉を信じようと思います。
Mちゃんの担任の先生、この部分でも
「誰かと一緒なら行くではなく、自分がやろ!そんなん行く意味無い!」と頭ごなしに二人一緒に行く事を拒否する発言をしたと、二人は憤慨しています。
互いにもう少し気持ちを理解しようと出来ないのかなぁ・・・と思います。
まだ!
ほれ!もっとちゃんと撫でて!はいはい・・・
2006.06.22 個人懇談
天気予報ばっちり!
今日はしっかり雨です。(T_T)

昨日アカ姉と共に別室登校している友達がその担任と個人懇談をしたそうです。
別室登校をしている子対象の懇談のようです。

3人の内アカ姉以外の2人は同じクラス。
担任は20代の女の先生です。
そしてアカ姉の所属するクラブの顧問でもある。
この先生私は直接 接した事は無いので何とも言えませんが、子供伝いに聞く感じでは
「人の傷みが解らないのか?」と思ってしまう言動がチラホラ・・・

1年の時にアカ姉が大会で3位をとった時の表彰状を紛失。
「先生、賞状は?」とアカ姉が聞くと
「無くなった。」だけ・・・
帰って来たアカ姉からそれを聞いて
「はぁ?!」と半キレになった私にアカ姉が
「別にたいした大会じゃないから良い。お母さん黙ってて。」と止められました。(-_-;)

アカ姉が不登校に陥る前に、このままじゃダメだ・・・と焦りだしてその先生に
「どの辞書が良いの?」と聞くと
「高いし辞書まで買う必要は無い。教科書の後ろで充分や。(ここまでは良い)何?アカ姉急にやる気出して。続くんか?」・・・・(母もチラッと思ったけど、あえて言わないで欲しい・・・)
その他にも「もうちょっと言い方があるん違う?」と思う発言や、あからさまな贔屓も。
(まぁアカ姉達の口の利き方もどうかと思うけど・・・)

担任じゃないから良いや・・・とアカ姉と共に気にしていませんでしたが、今回この状態の中、自分の担当クラスの子に叱咤激励(?)するついでに、アカ姉にも。
アカ姉の当の担任は何も言わないけど、その先生は必ず何か言います。
「いい加減教室に出ろ。」「甘えてるだけ。」等等・・・(全部は聞いていない)

「長年教師やっていて、あんたらみたいな子も沢山見てる。ただ甘えてるだけでやれば出来るはずや!」と・・・
長年・・・って・・・まだ20代って事はせいぜい長くて7年ほど。
その7年間を長いと見るかどうか、その7年でこんなに難しい子の、しかも皆同じ状態とは限らない子達の何を解ってくれているのでしょうか?疑問があります。
確かに解る人は解ってくれるのに充分な期間かもと思いますが、この先生の言動を見る限りでは不安があります。
因みにうちの担任は20年以上の経験がありそうです。

昨日はその先生、友達に
「アカ姉は前からあかんかったけど、あんたはこう(不登校)なる前はまだ成績良かったやん。頑張れば出来る!」と、何も引き合いに出す必要も無いのにそんなことまで言う。
まぁ、確かに成績悪かったけどぉ・・・

今日はアカ姉の懇談です。
今出て行きました。
アカ姉の担任は今まで余計な事は言わずに見守っていてくれていました。
でも本当の所の話しもした事が無い。
帰って来てどんな話をしたのか聞くのがドキドキです・・・
そこそこ・・・
う~~そこそこ・・・
今日も暑かった~~
でも明日からは悪天候。
週間天気予報を見れば『梅雨なんだ』と納得してしまいそうなマークの並びでした。
洗濯物乾かないし、ジメジメするしやだなぁ・・・(T_T)
アカネにカビ生えないように気をつけよう・・・
せくし~ひっぷ
せくし~~・ひっぷん?見惚れてる?

足
ズ~~~ムして・・・足(^^ゞ

足裏
更に足裏・・・この爪で母は血だらけに・・・(T_T)
ここの所毎日何かしら出掛けなければいけなかった日常が、アカネの点滴通いが無くなり、他にも何も予定が入らず久しぶりにのんびりとした一日でした。

「今日は天気も良いし、洗濯沢山して布団も干してあれもこれも・・・」と考えていた物の、朝起きてアカ姉が
「気分悪い・・・」・・・え・・・?また?
ふと不安が過ぎった物の、ここの所風邪が治りきらずに居たのと、昨夜はお腹が張って気分悪いと言いながら寝たのを思い出して、本人も
「ああ、あの痛みとは違う。」と言うので、例の症状とは違うようで変な話ほっとしながらも、今日は学校休みました。

そんなアカ姉に引きずられてか、何故か私までダラダラ・・・
洗濯はしたものの、干そうと思っていた布団はアカ姉が占領してるし、何かやる気が削がれた感じ・・・(ただ母が怠け者なだけ

昼食の時に朝から何も口にしていないアカ姉を何とか起こして、
「お腹気持ち悪い・・・何もいらん。水だけで良い。」と言うアカ姉に
「薬も飲まなあかんから、何か少しでも口に入れとき。あれは?これなら?何なら食べてる?」と気を使い、ようやく食べ物を口にしたアカ姉。
そのうちに「他に何かある?」
・・・・その腹の気持ち悪さはただ単に空腹過ぎただけかよ!
おかげさまでその後もりもり食べてます。(-_-;)

なんとなく気の抜けた感じで、少しの間と横になって気が付くと、2時間も爆睡していました・・・orz
なんて無駄な一日
トイレで・・・
オイラもグータラ
そこトイレ・・・
2006.06.19 もう一息!
今日は2日ぶりに病院です。
日にちが空いてもアカネは元気です。
アカネの体調ほぼ回復です!
元気も食欲も戻りました。
胃の動きも良いそうです。
まだ薬は続けなければいけないけど、一応薬が無くなったらもう一度診察して何とも無ければOK!のようです。
とは言え暑くなり始めたこの季節、まだまだ油断は禁物。

今日の待合室はいつに無く空いていて、3~4人ほどでした。
しかもうさちゃん天国。
ミニウサギにお隣に座ったのはドワーフの雑種。
皆小さくて可愛い~~
その小さな可愛らしさに、てっきりまだ赤ちゃんかと思えば今年で8年だとか。(すごい!)
ドワーフちゃんとアカネを比べるとアカネは1・5倍くらいありそう・・・
一番でかいアカネはその中で一番若手だった。
何かふてぶてしく見えたりして・・・
でも皆さんに
「わ~可愛い~~。耳長~い。」
「綺麗な毛並みしてる~!さわり心地よさそう
と褒めてもらって、嬉しはずかしでした。(^^ゞ

今日も元気に居間で駆け回っておくれ。
走る1
行くじぇ~~~

走る2


走る3


バリバリ食う
食う!

そして出す
食ったら出す・・・
基本だね。
2006.06.18 増田屋惣兵衛
今日は日曜参観。
アカ姉は・・・
「日曜参観行かんから」と言って休みました。
「何で?せっかく休まずに行ってるのに。」
「だってな、K先生が『日曜参観どうするの?来るの?来ないの?来るんなら教室に出なさいよ。』て詰め寄ってきて、めちゃ威圧的でMちゃんと『来ない』て返事した。うちの担任は何も言わんけどさぁ・・・なんかさぁ・・・」と。
と言うわけで今日は娘が居ない参観に行ってきました・・・
と言っても進路説明の懇談があったので、それだけに出席です。
かなり耳の痛い、『フッ・・・うちに希望はあるのか?』と更に落ち込む懇談でしたが・・・orz・・・

今朝参観へのお誘いのメールを入れてきたT姉さん。
娘も行かないし、進路の懇談と言っても今のアカ姉の状態で・・・と行くのを渋っていた私に
『二日酔いなだけやろ・・・』と突っ込みメール。(何故?)
『昨日のキックの練習の事でメールして、参観どうするん?って言うたら、Nさん二日酔いでしんどいから行かないって言ってたし、昨日一緒やったんやろ。』と。
残念ながら(?)私は二日酔いにはなっていない。
考えた結果、やっぱり行こうと懇談に参加。
二日酔いにはなっていないけど、酒臭かったらしい・・・orz

と言う事で・・・
え~~~、夕べも再び近所の飲み屋さんへ。(^^ゞ
N姉さんが
「新連合子ども会のことで話したい。」と言うので・・・
姉さんはいつものごとく
「生!
「アカ母ちゃんも生?」とマスターに聞かれ、既に家でビール飲んできていたので
「ん~焼酎。」と言ってこの間キープした焼酎を頂きました。
すぐに姉さんの生ビールが来て、その後てっきりグラスに入ってくるかと思いきや、氷の入ったグラスと一升瓶が私の元へ・・・
「うぅぅ・・・一升瓶傍らに飲むなんて・・・わたしゃ酒飲みのおっさんか?」と情けない物がありましたが、結局2杯目からは氷も持ってきてもらって一升瓶を傾けていました。
「せめてハーフボトルなら可愛いのにぃ・・・」と呟くとN姉さん
「ほんま、何かすごい光景や・・・でも似合ってるのが恐い。」と
「似合ってない~~~(T_T)」と唸りました。
二人して頭悩ませながらの話の後、結局は後半楽しくいつものように飲んでました。

そうそう、その焼酎の銘柄は【増田屋惣兵衛】と言う大分のお酒。
どうやら限定品らしい。
マスター・・・私なんかにそんなこだわりの酒飲ませて良いのか?
さすがこだわるマスターお薦めの一品。
けして利き酒が出来る奴じゃありませんが、いつも飲む焼酎と比べるとスッキリと上品な味わいかも~と。
こんなお酒はロックに限る!と、当然ロックで。(焼酎はいつもロックだけど・・・)
その日はお客さん皆引けた後も、マスター・ママとも盛り上がり深夜2時まで。(確か閉店11時だったよなぁ・・・)
喋り捲りながらも3杯飲んで帰ってきました。

帰ってからどう言う物かとネットで検索。
「何、値段はともかく(そんなに高くない)思っていた以上に良い物・・・私みたいな奴にはもったいない気がする。今度はもっとゆっくり味わって飲もう。」と思いました。(^^ゞ
おいし~~~と思うと、ついついグイグイ行っちゃうもんで・・・

またですか・・・
またですか・・・だって~~~好きなんだもん
換毛期はいつまで続くのやら・・・
抜け毛が少ないと言われているミニ・レッキスですが、相変わらずワサワサ抜けています。
でもやっぱり他の種類のうさちゃんに比べるとましなのかな?
他のうさちゃんなら見事にはげちゃったりもするみたいだけど、アカネはなんだかんだ言ってもはげる所までは抜けていない。
ミニ・レッキスの換毛期は皆こんな感じなのかしら?

そう言えばこの間、外で近所の人と話ししてる所にハンター・ミミちゃん(三毛猫)が珍しく擦り寄ってきた。
このミミちゃん、アカ姉が生まれる前後にお向いのおうちにやってきた。
なのでもう15年になる。
猫の15年・・・聞けば人間で言えば70歳くらいのおばあちゃんらしい。
昔から毛並みは誰が見ても「きれ~~~」と絶賛するほどの美毛猫。
プライドが高く飼い主意外に撫でさせない。
「ミミちゃ~~ん」と呼んでも冷たく一瞥するだけで寄って来る事はなかった。(;_;)

でもって何気にアカネの天敵でもある。
時々する【う散歩】も、ハンター・ミミちゃんの存在が無いかを確認してかでなくては出られない。
何度か遭遇したけど、その度にアカネを見据えながら身体を低くして【狩の体制】をとる。

そんなミミちゃんが初めて近づいて、しかも身体を摺り寄せてきた。
しかもしかも!ナデナデもさせてくれて、ゴロゴロ喉まで鳴らしてる。
更に!ナメナメまで!!(アカネの匂いのせい?)
毛並みはアカネと違って結構剛毛だったけど、やっぱり可愛い。
でも寄る年波のせいかあの誰もが絶賛する『美毛』は衰えて、くすんだ色になっていた。(;_;)

で、機嫌良くナデナデするとこれまた『ワサ~~~』と景気良く毛が抜ける。
アカネの抜け毛なんて可愛い物!一撫でごとにワサワサ抜けて、抜け毛が固まり状態でどんどん風に運ばれていく。
暖かくなってどうぶつ全般抜け毛の季節なんだと痛感しました。
それいや・・・
だからって、コロコロは止めて・・・
だって良く取れるんだもん・・・(^^ゞ
今日は午前中キック・ベースボールの練習のお手伝いに行って来ました。(子ども会)
思わず熱が入り、T姉さんと共に最後は子ども達に混じって走り回っていました。(^^ゞ
その様子を見ていた友達に
「気が付いたらメチャ走ってるし~。明日は筋肉痛で死ぬな・・・」と言われました。
・・・・はい、また呻きます・・・(T_T)

回復傾向にある娘の状態。
まったく学校に行けなかった頃からすれば、午前中だけの別室登校が出来るようになった今、『頑張ったな』と言ってやっても罰は当たらないと思います。
実際そう言ってやります。

でも悲しいかな人間とは欲深い物で、一つ出来たらまた一つと新たな欲求が芽生えてしまいます。
その結果、きっかけは娘の我慢ならない言動(ペットについて)なのですが、その時に言わなくても良い事も言ってしまったかもと思いながらも、でも間違った事は言っていないと自分を納得させていました。

先日の自由参観の時に一緒に回った友人が、娘や先生と私のやり取りの様子を見ていて、娘の甘さを愚痴る私に深刻な顔で言いました。

「アカ姉ちゃんは充分頑張ってる。状態も良くなってるのに今これ以上望むのは可哀想。」と。
「自分の子が同じ状態ならきっと同じように思うに決まってるけど、姪を見てきたから今のアカ姉ちゃんの頑張りのすごさが良く判るんよ。姪に比べたらアカ姉ちゃんは強いよ。」と。

彼女の姪も娘と同じ不登校でした。
それも完全な引きこもりで家族とも殆ど顔も合わせようとしないし、リストカットもしていたほど深刻な状態だったと聞いています。
今その姪御さんは自分の道を見つけて社会にもでて、辛い時もあるだろうに弱音も吐かずに頑張っています。
あの頃が嘘のように強くしっかりとした人間になっているそうです。
そんな姪を見ていた友人は言います。

「こんな状態に陥る子は感受性が鋭くて、色んな物を感じ取りやすいし、出来ない事があると『何で出来ないの?やらなきゃいけないのに。がんばらなきゃ』って自分を追い詰めていく。傍目には何にも考えてないように見えても、本人は色々解ってて色々考えてる。だから時期が来ればちゃんとしやるはずやから、もっと信じて黙って見守ってあげようよ。」と。
「『口ばかりで行動が伴わない』ってアカ母さんは言うけど、口にしたその気持ちは本心で、それを行動に移すまで時間が掛かってるだけ。」
妙に説得力がありました。

「でも現実受験まで時間が無くて焦るよな。塾に行って悪化したのにまた塾に入れるのは無理やん。親や先生にはきっと勉強教えてもらう事も素直に出来ない部分もあるんやろう。うちの子ももうすぐクラブ引退で暇になるし、暇になったらだらけて何もしなくなる子やから、C(娘さん)の勉強の復習にもなるし、アカ姉ちゃんと一緒に勉強させて。友達とやったら出来るんちがう?」と申し出てくれました。

彼女の娘さんは小学校はアカ姉と同じだったのですが、中学校はレベルの高い私立に通っていて、しかもアカ姉の苦手な数学が得意。
以前にも申し出てくれたのですがアカ姉が
「そんな事してたらCの勉強が遅れてしまう。足手まといになって迷惑かける。」と言って拒否しました。
その事を言うと
「どうせいつも10時過ぎなせえへんねん。試験前クラブの無い時なんて、モロそうやし。今はクラブがあるから時間無くて勢いでやってるけど、引退したら時間たっぷりあってだらけて、試験前の時みたいにそのまま10時からの勉強もせえへんようになるのは目に見えてる。ならどうせ一人やったら何にもせえへん時間やから、一緒にやって復習兼ねさせてもらったら助かるし。」とまで言ってくれました。

アカ姉にその事を伝えると少し考えてから
「うん。Cが良いなら一緒にさせてもらおうかな・・・」と言いました。
自分の子も受験で大変なはずなのに、こんなにも私達の事まで気に掛けてくれる友人に感謝です。(;_;)
だからと言って甘えてばかりになってはいけない。
「足手まといになるから・・・」と思っているアカ姉の事だから、その辺も解ってるだろうと思うのですが・・

言いたい事は一応言っちゃったし、友人の言うようにアカ姉の事を信じて、頑張って貝になってみようと思います。


もぞもぞ
もぞもぞ・・・
何してんの?

ちょっとね・・・
ん?ちょっとね~
さいでっか・・・
頂いたコメントにパンダままさんからウサギについてのご質問があったので、コメントでお返事を・・・と思ったのですが、一応当初はうさぎ色の強いブログを目指していたので、失礼かとも思いましたがこちらでお答えする事にしました。
アカネ基準であまり偉そうな事は言えませんが、他のサイトさんの事も参考にして・・・

・トイレの躾について・・・
種類や固体によってさまざまですが基本的にはうさぎは、綺麗好きらしいのでトイレの躾は出来ますよ。(^^)v(ズボラなアカ母でもそれなりに出来たので)
最初はあちらこちらにしていましたが、その内ある程度決まった場所にするようになったので、そこにトイレを設置しておしっこの付いたティッシュやウンチを置いておきました。(部屋でもゲージでも)
赤ちゃんの頃はともかく、今のアカネはゲージではトイレ以外でしません。(ウンチも殆どトイレです)
お散歩中は時々粗相して、他の所でする事もありますが、それも大抵決まった場所です。
部屋での散歩中もトイレを用意しているとシッコは大抵そこでします。
正直ウンチはどうしても撒き散らし状態ですが・・・
ウサ馬鹿の欲目かもしれませんが犬猫と違って、うさぎのウンチは乾燥していて匂いも無いので処理は簡単です。
外用トイレ
ふ~
大好きなサイトさんのアドバイスを参考にさせていただいて、100円均一の水切り籠を外用トイレにしています。

・家具をかじるのか・・・
家具も躾け次第では噛まない賢い子もいますよ。
アカネも最初は無差別に噛んでいましたが、今は決まった物を噛む状態です。(親の躾が甘いので・・・)
躾は叩いたりは恐怖しか与えないので、大きな音・声(コラ!とかダメ!とか決まった単語で)で叱ると良いそうです。

・抱っこさせてくれるのか・・・
抱っこは・・・基本的にあまり好きではないみたいですが、その子その子の性格や飼い主との信頼関係によって、させてくれる子もいます。
でもナデナデされるのは大好きな子が多いみたいです。
ナメナメ好き
撫でて!撫でて!ナメナメするから撫でて!

ペット・シッターをしている従妹によると、「ペットとしてポピュラーな犬・猫と比べると、うさぎは猫に近い。」と言っていました。

何匹ものうさちゃんと暮らしているベテランさんには遠く及びませんが、我侭うさぎのアカネを育てていて学んだ知識ですがお役に立てれば嬉しいです。m(__)m
本日は友達と中学校の自由参観へ。
別室登校をしている娘の教室は聞いていなかったので、見に行けないなと思いながら校舎に入ると、丁度先生が居て、おまけに娘も顔を出してる。
「み~つけた~」と言いながら、向かうと
「く~る~なぁ~」と娘。
「皆お母さん来た途端まじめになったなぁ」と言われてました。(^_^.)
「帰り、また覗くから喋ってんとちゃんと勉強しとけよ~~~」と子供たちに言って他の教室へ。
我が子の居ない授業参観見てもなぁ・・・と思いながらも、友達の子どもに目線で茶々入れて帰ってきました。(^^ゞ

一通り見て周りそのまま友達とランチ&ショッピングへ。
アカネの牧草を飼うためにホームセンターにも行き、またまた可愛い子うさぎに悩殺されて帰ってきました。

その買い物中ふと友達の視線が前にアカネに引っかかれた傷に向いてるのに気が付き、
「見て~。アカネに引っかかれてさぁ。子どもらに『リストカットみたい』って言われたわ。」と言うと案の定
「そうなんや~。いやぁ・・・てっきりそうかと思って、色々あるからさぁ・・・聞くに聞けなくて。」(^^ゞと白状しました。
熱いこの季節、長袖も着る気になれずさらけ出していますが、そう思う人は結構いるのかも・・・と、ちょっぴり焦りました。
でもいちいち言い訳して歩くのもな・・・
でも縦にきれいに血管避けて走ってるこの傷でも、そう見えるもんなのかしら。(ちゃんと血管避けてるアカネがすごい)
たらり
んまい!
一服盛った擂りリンゴを堪能するアカネ。・・・垂れてるよ・・・
アカネさん昨日病院に行ってやっと本格的な回復傾向を見せてくれました。(^^)v
点滴のため看護師さんがアカネを引き取りに来て、今日の様子を伝えている最中もアカネはチモシーを『バリバリ』と食していました。
その様子から
「わぁ~本当に食欲出てきましたね~」と看護師さんも。

点滴が終わり体重も戻って来てるしと言う事で今回は強制給餌も無し。
その上
「おなかのガスも今日見た所抜けていますし、このまま食欲落ちずにウンチも出ていれば、点滴も一日おきくらいにしても良いそうですよ。で、徐々に点滴の日にち空けて行ってという方向で頑張りましょう。」と言われ、思わず満面の笑みを浮かべてしまいました。

今日も元気に食べてウンチも出してくれています。
なので久しぶりに居間でのお散歩。
居間でお散歩させてみて気が付きました。
アカ姉の部屋でお散歩させてるときはウンチを撒き散らしません、と言うか一切しません。
でも居間では景気良く出します。(^_^.)
でもってアカ姉の部屋ではタッタカ軽く走りはするけど、居間なら猛スピードで駆け回って、ぴぃょ~~んと空中半捻りも披露する。(時々どっかにぶつかりながら・・・)
アカ姉の部屋での散歩が定番になってから、もしかして運動不足になってて、それも原因かも・・・と思いました。
赤ちゃんの頃からお散歩し慣れてる、居間での散歩は必要かもと思いました。
出してます
排出中・・・トイレ横にあるでしょう!

こっちでも・・・
こっちでも・・・

出しました
出しました・・・
2006.06.14 新たに
本日はアカ姉(娘)の病院に行ってきました。
いつも通っている所でなく、そこの病院に紹介してもらった専門医のいる病院です。

実を言うとアカ姉はあまり乗り気ではありませんでした。
と言うより拒否に近かったかも。
一番きつい時は本人も『藁にもすがる思い』もあってか、小児科医の進めに同意して、同院の精神神経科の受診を決めましたが、少しずつ回復に向かうに連れて今までの病院でも、通院する事に苦痛を感じ始めていました。

その病院は児童は専門ではなく、アカ姉の症状はやはりそこでは無理があったようで、主治医が専門医を探して紹介してくれたのですが、その時点でアカ姉は『行きたくない。』とは言えずに、ズルズルと受診の日を迎えてしまいました。
予約の日が近づき限界に来たのか
「行きたくない。」とはっきり私に言いました。

さすがに本人が苦痛を感じているのに無理強いはしたくないと思い、今までの主治医に相談すると
「専門医ですからもっと専門的な検査なんかもあると思うんで、今後カウンセリングを受けるかどうかは別にして、初回だけは行ってほしいんですが。」
と言われ、何とか説得して行ってきました。

行くと助手の先生の細かな問診の後、主治医となる先生との面談。
結果やはりどうもアカ姉の不登校の原因は勉強について行けない事に対する焦りのストレスだと言うのが見えてきました。

ただ現在 午前中だけの別室登校とは言え、休まずに登校している事や、少しずつ勉強時間も増えている点、それと問診の時に
「今一番やりたい事は?」と聞かれアカ姉は
「高校に行きたい。それと陸上(クラブ)やりたい。」と答え、それらを総合して主治医の先生は
「今後の話をしましょう。このままここでの通院を希望するか、とりあえずこのまま家で頑張ってみるか。」と言いました。
アカ姉は
「通院はしない。自力で頑張る。」と答えました。
私は
「本人も前向きに進みだしていて、通院に対して拒否反応があるのであれば無理強いは出来ないと思っているので、本人の意思に任せます。
ただ、正直な話、このまま回復していくかどうかは不安で、どっかでまた躓くかもと考えると不安はあります。」と言いました。

「それは無いとは言えませんね。もしそうなって受診を希望するのなら今回来てるので、次回からは直接予約をしてもらって、来てもらうという方法でやってみましょう。」と言ってもらえました。
「今までの病院には通院続けるのかな?」という問いにアカ姉は私のほうをチラッと見てから遠慮がちに
「・・・行かない・・・」と返答。
「うん、それならそうで良いと思います。」と言う答えにアカ姉はほっとした顔をしていました。

結局 何しに行ったのか・・・な感じはありますが、反面少なくとも私はいざとなれば頼れる場所が出来たと言う安心感を持ちました。
アカ姉は・・・「行くもんか!」と思ってるでしょうけど。(^_^.)

なんとなく、【新たな出発】と言う気持ちになっているアカ母です。

・・・さて・・・夕方からはアカネの病院だ・・・
病院ラリー状態です。(T_T)


かまくらハウスを食う

だから何で普通の牧草食べずに、かまくらハウス食べるのさ・・・既に『ハウス』じゃ無くなってるし・・・(-_-;)
2006.06.13 ハム
今日も朝からアカネを病院へ。
昨日『もしかして入院かも・・・』と不安になっていましたが、夜から元気を取り戻し、何とか一服持ったすりリンゴとペレットは完食してくれました。
でも牧草の食べと水の減りは今一です・・・

病院でいつものように皮下点滴をしてもらい、強制給餌もしてもらいました。
「体重昨日はかなり減っていましたが、今日はかなり戻っているんで入院はしなくてもよさそうですよ。」との言葉に胸を撫で下ろしました。
病院で24時間体制で見守ってもらう方が安心かもと言う反面、色んな子達がざわめく、しかもアカネの苦手な病院で缶詰になると言う事を考えると、やはり出来るだけ家に居させたいと思います。

で、またもや昨夜アカ姉、無謀な事を言い出しました。
「ハム飼っても良い?」と・・・
関西人としてはここはちゃんと拾わなくてはと
「・・・ハム?冷蔵庫にあるで。賞味期限も大丈夫!
「そのハムじゃなくって、毛の生えたハム!」
「皮付きハムか?売ってるかなぁ。」
「・・・もう良い・・・ハ・ム・ス・ター!ねずみの事!皮付きハムって・・・もろ豚やし・・・なぁ、ハム・・・スター飼って良い?」・・・もっとノッてよぉ・・・(-"-)

この娘、数日前にアカネに薄情な態度をとっておきながら、舌の根も乾かん内になんて無謀な事を!
「ちゃんと世話するって言ってたアカネにすらあんな状態やのに、却下!冷蔵庫のハム食っとけ。」
「食べるハムじゃなくって~」「却下、却下!」昨夜はここで打ち切りました。

で、今日病院に居るとメールが。
『ハムお願いやから飼わせて~~~(T_T)ちゃんと世話するから~~~』と・・・
『無理!』と返信。

帰るとまたもや早退してるアカ姉はしつこく粘る。
「ふ~ざけるなぁ。ハム所かアカネの世話もまともに見れんくせに、ってか自分の事もまともに出来んくせに、なに言うとるか。」
「じゃぁ、1週間ちゃんと出来たら良い?」
「ばか者!今アカネ調子悪いのに、ハムちゃん(ちゃん付ける辺り揺らいでる)なんか飼ったら、アカネのストレスますます増える!ダメ!」
「じゃぁじゃぁ、アカネが治ったら!」
「無理!まずは有言実行。アカネが治ってからでも、当たり前にアカネの世話が出来て、尚且ちゃんと自分のせなあかん事も出来てから考える。1週間なんてありえへんから。少なくとも半年やな。」
「・・・がんばる・・・

・・・何気に飼う方向に話しが進んでる気がするけど、どこか甘い母はハムちゃんが来ればアカ姉もっと頑張れるかな・・・などと。
鼻先人参よろしく、ハムちゃんゲットをちらつかせてアカ姉のやる気を引き出すのも手かも・・・と思案しております。
さて、アカ姉さん、ちゃんと有言実行でアカネの世話はもちろん、自分の事(身の回り・勉強・学校)もちゃんと出来ますか?
道のりはかなり厳しいと思われますが。
お手並み拝見。
ちょっと!
なになに?!オイラはどうなるの!アカネを蔑ろにするなんて、この母が許さんから安心しなさい。
昨日の日記を読み返して誤字見っけ・・・
『病院通い』と打ったつもりが『病院か酔い』になってた・・・酔いって・・・

昨日は元気に撮影中の人参葉を強奪したアカネがまた不調・・・orz
朝からペレットを食べようとしなくなり、再び病院で強制給餌開始。
「これでも食欲戻らなければ入院の相談しましょう。」と言われました。(T_T)
今この時間になっても食欲は戻りません。
しかもトイレの上で丸くなったままあまり動こうとしません。
とうとう入院・・・?
アカネ頑張って~~~(T_T)(T_T)(T_T)
さっさと食っちまえ!
さっさと食っちまえ!昨日はこんなにガツガツやってたのに・・・

今朝アカ姉が「はだ(鼻)水止まれへん~」と鼻の穴にティッシュを突っ込んだまま起きてきました。(ヲイ・・・)
「何か喉も痛いねんな・・・」と言うので見てみると喉が真っ赤。
それでも学校には行くと言うので行かせました。
昼前に帰ってきてからもティッシュとお友達状態。
朝晩の気温の差が激しいしなぁ。
こりゃ悪化する前に病院に行った方が良さそうかも。
今月の病院代恐ろしい事になってるよ・・・
2006.06.11 撮影会
生後3日目の新生児を抱っこしてきました!
何ともフニャフニャと頼りなく、愛おしい物体なんでしょう。(T▽T)
思わずそのままお持ち帰り・・・出来たらなぁ。
アカ姉は「こっそりアカネとすり替えようか・・・」などと、薄情な事を言っていました。(^_^.)
手と足
アカ姉の手と愛しの甥っ子のアンヨ。
しかし・・・赤ちゃんを目にした途端、ばあ様・じい様・アカ姉・アカ兄、そして私の5人揃って携帯で撮影しまくる様は、きっと異様な光景だった事でしょう。
Kちゃん(嫁さん)ごめんね・・・(^^ゞ


今年の人参
この3月に植えた人参葉が見事に成長!

すばやい
しゅたっ!「あ!」

いただき!
いっただきぃ~この動き見てると病院か酔いしてるとは思えないな・・・(^_^.)
今日も朝からアカネの点滴へ。
いつもはキャリーのファスナーを開けておくと、時々顔出して周りを眺めているだけが、今日は出てきて母の膝の上でうとうと。
やっぱ病院だと大人しい。
体重の減りも無いんで、とりあえず病院での強制給餌は様子を見る事となりました。
一応回復傾向です。(^^)v


昨日は久しぶりに行きつけの飲み屋さんへ、N姉さんに誘われて行ってきました。
出る時には既にアカ兄は夢の中・・・・
アカ姉にだけ「行ってきま~~す」と声を掛けて「はいよ~」と送り出されて出かけました。(^^ゞ

行くと中学校のPTA本部の面々と、校長・教頭が既に盛り上がっている。
今回は別枠なので、N姉さんと静かにカウンターで。
中学本部軍団がお開きも近くなり、副会長をしている友人がやっと私達の存在に気が付き、しばらく雑談。
校長先生の熱弁が終わったのを見計らい、別室登校を許可してもらってやっと学校に行けるようになったお礼を言いに行きました。
「勝手ばかりさせてすみません。」と言うと
「何を言うんですか!お母さんがそんな風に思っていると、アカ姉ちゃんがまた気にして来れなくなっちゃいますよ。どんな形でも学校に来れるようになったと言う事が一番なんです。気にせずこれからも来させてください。」と言ってもらい、とても安心しました。

中学Pメンバーが帰る時に会長のS君が
「じゃ、支払いはNちゃんとアカ母ちゃんと言う事で。」と絡んできたので
「何を言う、こっちの分も持ってくれるんやろ、って言うか、S君・・・このまま素直に帰るつもりちゃうやろなぁ~」と突っ込んどきました。
メンバーを送り出し、私達のツッコミに律儀に応え、S君は再び私達と合流して飲んでいました。
その席でN姉さんが
「長い事ビア・ガーデン行ってないなぁ~。久しぶりに行きたい~~」と。
「ビア・ガーデン?!実は私行った事ないねん!行ってみたい~~」と私が言うと
「行こうや!sさんとかYさんとかも誘って皆で。」とS君。
7月に入ったら皆で行く事に決定!
めちゃ楽しみ!!

いつもビールの後に焼酎にいく私にマスターが、
「アカ母ちゃん、いつもしっかり(しっかりって・・・)飲むんやからキープした方が安くつくで。」と言うので、お薦めを1本キープしちゃいました。(^^ゞ
綺麗なブルーの瓶。
銘柄は・・・なんだっけ・・・・(-_-;)
今までもN姉さんと一緒にハーフボトルの焼酎はキープしたことはありますが、自分用にキープは初めて。
しかも一升瓶・・・・
「なんかものすごい呑み助になったみたい」・・・と言ったらみんなに
「あぁん?」と突っ込まれた・・・(-_-;)(N姉さんに比べれば可愛いもんだろが!)
可愛いクマのキーホルダーをネーム代わりに掛けてもらいました。
早速S君とロックで。(N姉さんはひたすらビール党)
すっきりとしたのみ口で、2杯飲んじゃいました。

久しぶりにわいわい楽しく飲んでエネルギー補充です。(^^)v

病院帰宅後、人参をゲージに入れてやると、『ズザザ!』と、ものすごい勢いで飛び込んで「コリコリコリコリ・・・」と食べていました。
好きなものは普通にがっつくのに、何で牧草は・・・
にんじん!
にんじん!!
何か最近後姿が多いような気が・・・

ねむねむ・・・
そうね・・・最近出すとじっとしてないから、まともに撮影できるのは食べてる時と寝てる時だけだもんね・・・もうちょい頑張るか。
2006.06.09 産まれた~~
アカネの食欲かなり戻りはしたものの、今日の診察でもまだ胃にガスが溜まっているとの
事。
まだまだ油断禁物です。
人参葉食ってます
モシャモシャモシャモシャ・・・・玄関脇に残っていた大きな人参葉食ってます。

今日弟夫婦に待望の赤ちゃんが生まれました。
元気な男の子!
夕べ陣痛が来て入院。
今日の午後になってやっと出てきてくれました。
母子共に健康と言う事で一安心。
弟もやっと父親です。

普段から赤ちゃんが大好きで、近所に赤ちゃんが出来たらジリジリと近づいては相手をするし、昨日も近所の赤ちゃんを見つけてすっ飛んで行ってては抱っこさせてもらっていました。
帰ってきて「赤ちゃんのよだれ~」と嬉しそうに自分の服に付いたよだれを見せてくる。(^_^.)
そんなアカ姉は当然のように、義妹の妊娠を知ってからずっと待ち焦がれていました。
予定日になると毎日のようにメールをして『まだ?』とお伺い。(プレッシャーだって・・・)

今日産まれたと知り、ものすごいテンションで「早く見に行こう!」と大騒ぎです。
でも出産直後に大勢で押しかけるのは義妹が可哀想だからと何とか抑えています。(^_^.)
アカ姉は早速可愛い従弟の為にお小遣いをはたいて、布製のがらがらを買っていました。
・・・と言うアカ母も、可愛い甥っ子の為に既にベビー服を数着購入済だったりして・・・(^^ゞ
似た物親子です。
2006.06.08 びっくり箱!
今日も朝からアカネを病院へ。
今まではキャリーを出すと『嬉しいお出かけ』だったのか自ら入る事もあったのに、さすがに学習したらしく、最近はめちゃ抵抗します。(^_^.)
入れられても少しでもファスナーが開くとびっくり箱のように飛び出す。

昨日もアカネを入れたは良いが、向こうでの待ち時間の、場持たせの牧草を入れ忘れたので、入れようとファスナーを開けた途端ものすごい勢いで飛び出そうとしたので、思わず
「ぬを~~~!!」と叫びながらアカネの顔面掴んでしまいました・・・(かるくね)
なので今度からはどっちがお尻か確認して、お尻の方をそっと開けなければと思いました。(^^ゞ

食欲もだいぶ戻り再び回復傾向です。
でもまだ当分点滴通院をして下さいと言われました・・・
アカネ、ファイトォー!!(私もファイト~
後ろから・・・
開ける時はこっちから
夕べは失礼いたしました・・・
ここの所普段のストレスに加え、立て続けに息子どもが色々やってくれたせいか、押さえが利かなくなりかけて酒に走って取り乱してしまいました。(^^ゞ
でも時どきどっかで爆発しなきゃ潰れちゃうかもな・・・などと自己弁護しております。

夕べ振り出しに戻ったアカネの様態。
今朝はペレットはわずかに残した物の、薬入りのバナナはいつものようにガツガツやってくれて少し安心。
夕べ入れた生牧草も綺麗に平らげていました。

家の用事を済ませて病院へ。
点滴と強制給餌をしてもらいました。
「あかねちゃんやっぱり嫌がりますね。最初はものすごく抵抗して強制給餌拒否してましたが、病院なんで諦めてちゃんと食べてくれましたよ。やっぱりおうちでは難しいですね・・・このまま食欲が戻らなければ、一日3回の急餌が必要になるんで入院してもらった方が良いと思います。とりあえず少しずつ戻っているようなんで、おうちで様子見てあげて下さいね。」と言って本日は何とか帰宅できました。
なんとも頑固な我侭息子に育ててしまった物です・・・
明日も点滴です。(;_;)

帰ってからすぐはしばらく部屋の中をウロウロしてからゲージに戻り、横になっていました。
いつでも食べられるようにと生牧草をセッティング。
しばらくして覗いて見ると、生牧草は綺麗になくなっていました。
生牧草がなくなったのでかまくらハウスを食べていました・・・って、ちゃんといつもの牧草も入ってるのになぜ?

今回は皮下点滴・・・・・2000円
   強制給餌・・・・・ 500円
の診察費でした。

アカ姉は昨日の説教に対する反発も無く、少しは耳に入ったのか一応勉強しようと言う姿勢は見せ始めています。
でもなぁ・・・ほっとくとまた何もしなくなるだろうな。
かと言ってまた説教するのは、お互いにヤなんだけどな・・・
撫でておくれ~
ちゃんと食べたよ!撫でて~~
2006.06.07 不安定日記
へこんでます・・・でもって酔っ払い状態入っています。(^^ゞ

夕方 人間のご飯の用意の途中で、アカネにご飯をあげるとまったく反応しない。
・・・・再び再発です。(T_T)
今朝はいつも通りにご飯に飛びついて、ガツガツやってたのにぃ~(T_T)(T_T)
人間のご飯の用意もそっちのけで病院へ!

自分の愚かさに歯軋りです。
ちゃんと話聞いてたつもりなのに、聞き逃してました・・・と言うか勘違いしていました。
「点滴は毎日通って・・・」と言う言葉を・・・
前回の診察の時に
「皮下点滴したんで様子見て、それでもご飯食べないようなら入院考えましょう。もし通えるようなら毎日通ってもらって点滴でもいいですよ。」
と言う言葉を勘違いしていました。
そのせいで薬が切れた途端再発・・・アカネごめんねぇ・・・(T_T)(T_T)(T_T)
今回はちゃんと毎日通います。

でもって・・・・
アカネの様子がおかしくて、アカ姉に言うと人事のように
「病院連れて行けば?」と言う反応にキレてしまいました。
今までなら
「え?!病院連れて行こう!!」と言う反応だったのが、マンガ読みながら面倒臭そうに
「行って来れば?」な反応。

アカネを飼う飼わないで・・・
「一番ごねて『ちゃんと世話するから!』って言ってアカネを飼い出したのはあんただろうが!!」と。
でもアカ姉それでも「これ(マンガ)きりの良い所まで・・・」と言って動こうとしない。
なんだか情けないと言うか、裏切られたと言うか・・・・
何でだか泣けてきました。
「なにそれ!それ一回読んだ奴やんか!アカネがどうなっても良いんやな!もう良い!もう二度と生き物飼わん!!」そう言ってアカネを連れて病院へ。
そこにアカ兄は心配そうな顔で
「おいらも行くから。」と言って着いて来てくれました。

アカネの診察を終えて帰るとアカ姉は寝ていました。(不貞寝?)
それを横目にアカネをゲージに戻すと、ちびちびと野菜やペレットを食べだしたので少し安心。
ほっとしたアカ兄もご飯。
人間のご飯が終わって再びアカネの様子を見に行くと、アカ姉(娘)は起きてテレビを見ていました。
まだ もやもやの取れない母は無視してアカネの様子伺い。
そんな私にアカ姉は何もなかったかのようにいつものように話し掛ける・・・
でもやっぱりむかついててそっけない返事をする母・・・・(大人気ないなぁ・・・)

いつもならこんな事でここまで怒る事ないのに、『はぁ?』と思いながらも
「あんたなぁ~」な感じで冗談交じりに諭してるのに、今回は何故か壊れました。
まぁ、今までアカ姉がアカネの事に関してこんなに冷たい態度をとったことが無かったのもあるんでしょうが、実を言うと学校に通いだして『頑張ってるな』と言う部分は見直してはいる物の、家では相変わらず何もしない。
学校の方で家でとってる学習教材での勉強を許してもらって、それを頑張ってはいる物の、家では殆ど何もしない。
本人は「公立高校に行きたい、だから頑張る!」と意気込んではいる物の、現実こんな状態では無理なのは目に見えてる。
その現実から目をそむけていると言う事、それに気が付いて無くての行動なのか、それとも解っていて母が何も言わないのを良い事に楽な方に行っているのか・・・・
そんな不信感が今回の行動で爆発しました。

私自身アカネの不調が治りかけて再び再発のショック。
自分の愚かさに対しての八つ当たりもあるのかもと言う自己嫌悪もあります。
14~5歳の子どもとの
「病気もするんやで。その時ちゃんと面倒見れるん?」
「ウン、ちゃんとする!」の約束を真に受けた事もおろかだったのかもしれません。
ただ、自分が小6の時に飼っていたハムスターの看病をしていたこともあり、この年齢にもなれば出来るという誤算もありました。
期待しすぎていたのか、娘が現状に甘えきっていたのか・・・・(私の育て方か・・・)

さっき久しぶりに説教かましてしまいました。
「外に対する(学校行ったり)努力はものすごい物だと認める、でも家ではどうや?甘えてへんか?高校行きたいとか『頑張ってるな』って思える発言はするけど、今の家での状態では、まったく説得力無い!それに加えてアカネに対する責任感の無さ。正直ショックや。本気で思ってるんなら、家での事ももう少し考えろ!」
内容かなり端折っていますがそんな説教をしてしまいました。
娘は黙って自室に戻りました。

部屋でゴソゴソする音が聞こえます。
私の言葉をどう受け止めたのか、不安を抱えながら明日からの娘の行動を見守らなくてはと思います。

出来ることなら少しの間、独りになりたい気分です。
でも、母のこの状態を察知して心配そうに側について、母の言う通りにキビキビと床に着いた息子を思うと『落ち着け!』と自分を戒めなくては。
自分の脆さが情けない・・・orz

アカネは一応ペレットも野菜も完食してました。
こんな状態なのに、そうやって安心させてくれるアカネに感謝・・・

・・・(-_-;)
今アカ姉から電話が・・・(同じ家にいるんだろうが!!)
「今アカネ遊ばせてるんやけど、癒されに来る?」
母の言葉に傷付いてやけになっていない事は確認できました。
でもなんか~~~(-"-)
アカネとは触れ合いたい・・・・けど何か納得行かない・・・そんな大人気ない母は
「・・・気が向いたら行く・・・・」と返事しました・・・
これアップしたらアカネの元に行ってるかもな・・・
すみません・・・・この時点で酔っ払い度 更にアップしています・・・

好き好き
母~~~
アカネとジャレていたい・・・
バカ兄、今日は元気に学校に行きました。(^_^.)

先週辺りから寝起きの良くなった娘。
それまでの壮絶な起床風景が嘘のようです。

いくら起こしても起きなくて、怒鳴ってゆすってこそばして、しまいには蹴りまで入れても起きない。
半覚醒状態でキレられる事もシバシバ・・・
油断してると蹴りや裏拳の反撃を受けます。
これが半端無く痛い。
起きてから
「人が起こしたってんのに、殴るってどう言う事ぉ!!」と言うと、
「え?起こしてくれてたん?覚えてない・・・」だそうです・・・(;_;)

娘一応以前空手をやっていて、たまに「あ~~思いっきり組み手したい・・・」とぼやいています。(つうほど上手くないくせに)
一応黒帯一歩手前の茶帯保持者です。
この空手も中学に入ってクラブと塾が忙しくて休み扱い。
その内体調不良で塾も辞め、クラブも行けなくなりそんな状態でいまだに空手も休みっぱなし。
そんな状態ですが腐っても元格闘家(と言うほどの物でもないけど)、無意識の反撃でも充分恐い。(無意識だから恐い)
一度食らってからは母も用心しながら起こします。

そんな娘もどうしても起きなくては!と思っている時はまた違います。
起こせば一応
「・・・う・・おきるぅ・・・」と返事をし、もがきます。
しばらくして見に行くと、少し移動して寝てる。
起こすとまたもぞもぞ・・・また寝るの繰り返し。
何度かそれを繰り返して見に行くと、そのたびにまるで殺人現場で倒れる死体のようになって寝ていました。
移動する死体・・・
思わずチョークで囲ってやろうかと・・・
最終ドアの敷居を枕に倒れていました。
せめて写メでも撮っときゃ良かった・・・(ヲイ!)
ZZZ・・・
ZZZZ・・・・・トイレを枕に・・・またもやうさぎの顔じゃないなぁ・・・


ZZZ!
ZZZ・・・!何か言った?薄目が恐いっす・・・
2006.06.05 馬鹿兄
今日2度目の日記です・・・
馬鹿息子(アカ兄)日曜日に学校にキック・ベースボールをしに行ったのですが、その日はものすごい快晴で炎天下と言っても良いほど。
朝から帽子を探して持たせたのに
「うっとおしいから」と言う理由で被らずにグラウンドを走り回っていたらしい。

その後 午後からは友達と公園に行き、また暑い中噴水で遊んで帰って来た。
帰って来た息子は真っ赤な顔。
「めっちゃ焼けてるし・・・」と笑っていたのもつかの間、夕飯の準備をしていると、コソコソと体温計を出してきて検温してる。
「おい・・・何事?」と問えば
「ん・・・なんかしんどい・・・頭ふらふらする・・・」と真っ赤な顔で言う。(-_-;)
軽い熱射病だな。
アカ姉と共に
「アホか!だから帽子かぶれって言うたんや!」と叱りました。

翌日の今日も朝からふらふら・・・
食欲はあるものの目はうつろ。
仕方なく学校を休ませました。
昼頃になってやっと「ましになってきた。おなか空いたぁ~」と今度は腹減り小僧と化してうるさいったら。
ご飯2杯とと夕べの残りのおかずでは足りずに、ラーメンも作らされそれもぺろり。
まだだるいと言うので再び布団へ・・・
3時過ぎに起きてまた「おなか空いた~」
今度はコッペパンで作った揚げパン1本をペロリ!
あの小さな体のどこにそんだけ入るんだろう・・・(身長130cmの小学6年生)

そう言えば小さな頃から病気して回復しだすと恐ろしいくらいに食べてたっけ。
ってことは一安心。
明日は学校に行ってくれ。
うるさくてかなわん!

ぺろん~
んまかったぁ~一服盛られたバナナを食べた後・・・
2006.06.05 尿の色
アカネのトイレの掃除をしていてちょっと気になりました。
尿の色・・・
クリーム色だったり、黄色がかったり、茶褐色だったりとおやつの種類何かによって変わっていました。
そして赤褐色の尿。
それも今までも良くあって心配する物ではないのも分かっていたので
「今日はこんな色か~」程度でしたが、ここ最近尿の色が今までに見た事が無いくらいに、赤みが強く一瞬ドキッとしました。
「血尿・・・って事は無いよなぁ・・・」としげしげと見ながら心配になっていました。
とりあえずネット検索。

やはりそう言う色の尿もするようで、血尿がでる事は珍しいとも書いてあったので少し安心。
もっと安心したのは『抗生物質を飲んでいると赤みが強くなる』と言う記述。
今アカネは例の体調不良でビオフェルミン以外にも抗生物質も投与されています。
そのせいだとわかりホッと一安心。

今日もアカネは元気に一服盛られたフルーツに飛びついています。

今日はバナナ

本日はバナナに混ぜて。
粉末の色が何とも食欲を・・・

必死
ばなな!ばなな!ガツガツガツ・・・
必死で挑んでます。(^_^.)

トイレへ・・・

必死になりすぎて我を忘れたか・・・勢いあまってトイレに乗っかった。まだある!バナナある!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。