上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アカネと格闘(?)後、途中放置だった家事に取り掛かろうとすると電話が・・・
「はい!」
『○○小の△△ですが。(担任)』
「あ、いつもお世話になっております!」・・・なんだろう?まだ息子は帰っていないが・・・
『突然で・・・え~・・・申し訳ないお話しなんですが・・・』な・・・なんだろう・・・奴(息子)またなんかやらかした?
『アカ兄ちゃん、□□と喧嘩しましてねぇ・・・』・・・(やったか・・・
『で、アカ兄ちゃん、前歯折れまして・・・本当に申し訳ないです・・・』
「え!折れましたか?!あらぁ~」我ながら何と言う反応・・・
『ハイ・・・本人はケロッとしているんですが。で、ですね、いつも行っている歯科は・・・T歯科ですね。申し訳ないんですが、現地まで保険所お持ち願えますか?』
「はい、すぐに行きます。で、□□の方は怪我とか大丈夫なんですか?」
『□□は手をすりむいたくらいで大した事ないんですが、アカ兄ちゃんは・・・』
「あぁ・・・とりあえず行きます。」

という事で、歯科まで走りました。
行くと飄々とした顔で息子は保健の先生と座っていた。
一通り挨拶をして、事の内容を聞くと、どっちがどうとかもうお互いに判らない状態で、どう聞いてもどっちもどっちな感じ。
とりあえず診察。

見ると歯が半分くらいの所でぽっきり折れていて、赤い神経も見えている。(-_-;)
永久歯なので何とか繋がらないかと期待したが、折れ方が悪く無理でした。(T_T)
処置は神経を抜く。
その日はそれで一旦終わり。
学校に戻って保健室で担任と話をしました。

喧嘩の原因は元はふざけ合い。
それがエスカレートして殴り合いになり、向こうがマジで切れて、うちの息子は
『あ、こいつキレよった・・・』状態でどうやら余裕の笑みを見せたのが相手は更にむかついたらしく、顔面に一発クリーン・ヒット。
見事歯に当たりポッキリと・・・(□□はその時手を怪我したらしい)

気が付くと校長・教頭・保健の先生・担任・副担・隣のクラスの担任に囲まれて息子は
担:「何で挑発するかな~。」
副:「余裕があるなら向こう鎮める方に持っていかんか!」
保:「アカ兄そんだけ頭回って口も立つのに、何でこう言う時は・・・」
担:「どうせ引くのはプライドが許さんとかやろ・・・」
兄:「ウン!絶対負けっぱなしは嫌!」
「それでこんな大怪我してたらどうしようもないやろが!」等等・・・
総攻撃でした。(^_^.)
頼むから少しは懲りろよ・・・

「まぁ、一歩間違えればうちが加害者状態ですし、お互い様ですから。」という私に
校長:「しかし困りましたね・・・永久歯でしょう。しょうがないで済ませられませんよ。理由はどうあれ これだけの大怪我ですからお互い様ではすみませんよ。アカ兄君は立派な被害者です。ちゃんと先方と話しして、今後の保障とかも決めなくては。急いで結論は出さないようにした方が良いですよ。」
と、先方に『気にしなくて良いですよ~』で終わらせようと言わんばかりの私に校長先生は『それじゃダメ』と言う発言。
「なんなら私が間に入りますがら、ちゃんと話ししましょう。」と。

考えれば逆の立場なら私はきっと「良いですよ~」「そうですか~」ではすまないだろう。
会うたびに申し訳なさで相手と対等に付き合えなくなる。
そう考えると喧嘩事態はともかく、怪我に関してはお互いに話し合って向こうの出来る事はしてもらう方が良いだろうと思いました。

担任が先方に連絡してうちに謝罪に行かせると言っていましたが、先方は息子さんから話を聞き、担任から連絡がくる前にうちに来ました。

『今はまだちゃんとした治療方針も分からないし、どれだけの費用が掛かるかもわからないので。
ダンナとも話したが子供の喧嘩だし、これからもお付き合いして行くのに、ごたごたするのはお互い嫌だし、かと言ってまったく気にするなと言ってもそんな事言いながら今後問題起きた時に後からウダウダ言うのもお互い嫌だろうから、保健も降りるからその保健で補えればそれで良いし、もしそれを超えるならその分の負担だけお願いしたい。』
という話しをすると、先方も
『物は永久歯だし、何なら治療費すべて負担でも良い。保険も入ってるしそれも可能ですから。とりあえず今後どうなるかで決めましょう。大変な状態ならもちろん、たいした状態でなくともまた様子は教えてください。直でも良いし、学校通してでも良いですから。』と言うようなやり取りをしました。

とうの息子達は始終無言・・・
お互いに『向こうが謝るなら許す!』の一点張り・・・(^_^.)
一晩寝てお互いに頭冷やせ、とそこはお開き。

その晩友人からしっかりメール。
『うちの子から聞いた!アカ兄、□□と喧嘩してえらい事なってるらしいやん。大丈夫?』と。
『前歯1本ご臨終や。喧嘩の原因はどっちもどっちやし、お互いに懲りて反省してくれたら良いんやけどなぁ。』などなどのやり取りをしていると、そこの息子と□□は以前色々あったらしく友人的には
『付き合わせない方が良い・付き合わせたくない』子認定らしい。

今回クラス替え時に
『アカ兄と一緒になれると思ってたのにぃ~。まぁ、□□とは離れたから良いけどさぁ』
『うちも結構やんちゃやん。』と言うと
『アカ兄はやんちゃやけど人に被害は及ぼさん、□□は悪ガキ!迷惑や!』と・・・
その時のメールでも
『やっぱり□□は要注意やな。』で締めてたし。

さて、「向こうの出方次第!」とお互いに牽制し合っている二人・・・
今日帰宅後の息子達はどうなってるか・・・
リンゴは食う
補助食はやっぱり食べてくれない・・・
でもリンゴは食う!
好きな物だけでも食べるようになっただけましになってるか?
スポンサーサイト
週末から子ども達のバースディに飲み会や、ソフトボールの練習に、翌日の全身筋肉痛から脱して、今日当たりやっと落ち着いて(家事諸々)動ける~・・・と思っていたのに・・・
うちの息子どものおかげで、朝から病院ばっかり。orz

本日はアカネ編。
朝起きていつものようにアカネのペレットを。(最近また母の仕事)
終わった後はこれまたいつものように鼻をグズグズ(牧草アレルギー)言わせながら子ども達を送り出し、洗濯機を回してアカネの様子を見ると、いつもは入れた途端にがっついてあっと言う間に無くなっているはずのペレットがまんま残ってる。
「何で・・・」と不安になり、好物のゼリーや生野菜をあげてみたけどそれもそっぽ向いたまま。

「ありえない!!」とマジで焦りました。
手術の時ですらフルーツや野菜はしっかり食べていたのに、まったく見向きもしないなんてありえない!
洗濯物も干さぬまま準備して病院へ。

レントゲン・血液検査・口の中の様子と色々見てもらい、結果 胃がものすごく膨れていて、腸が動いていない状態だと判明。
人間なら苦しくて吐いている所を、うさぎは吐く事が出来ないので唯一出口の腸が動かない限り胃は膨れ続ける・・・と言う状態らしい。(T_T)

原因ははっきりと断定出来ないけど、水分不足か飲み込んだ抜け毛。
水分は切らす事無く上げてるし、多分抜け毛・・・
でも獣医さんは
「レッキス種は短毛なんで牧草しっかり食べていれば、そう言う事は少ないんですけどね・・・水分がしっかり取れていないんでしょうかね・・・」と頭を悩ませていた。

とりあえず補助食のような物とビオフェルミンを貰って帰宅。
補助食・・・ウサギ用強制給餌用粉末資料〈アガリスク配合〉バニーセレクションの【M.Sライフケア】と言う物で、、粉末を水で溶いて小さな注射器で無理やり口に押し込んで注入して飲ませなくてはいけません。
病院で「自信無いです・・・」と言いながらもやり方のレクチャーを受け、案外すんなり出来たのですが、「アカネちゃんここは病院なのを分かってるみたいで、観念してるから大人しいけど、おうちに帰ると難しいかもしれませんよ・・・」と不安になることを言われて帰宅。

早速早退して家にいた(一応学校には行った)娘を助手に「病院では完璧!」と自信満々にチャレンジ!
・・・挫折しました・・・
獣医助手の方の予感的中。
アカネはまったく言う事を利かずに、暴れまくって母の腕に「リストカット?!」と言われるほどの傷数本ととミミズ腫れ無数をこさえて逃走。
これ出来無きゃ『入院』と言われているのに・・・(;_;)

「薬どうしよう・・・」とへこみながら、半分やけくそで前回同様摩り下ろしリンゴに混ぜて出すと暴れて少し胃が刺激されたのか、リンゴに混ぜた薬は疑いも無く食べてくれました!ヽ(ToT)丿
その後ペレットも少し残した物の殆ど食べ、今ではバリバリ牧草食ってます。
生野菜ちょっとやったら必死でバリバリがっついてたし。(^_^.)
まだう●ちの出は今一ですが、一応出ています。
毛で繋がった枝豆(例えが・・・ごめんなさい)のような形のう●ちが出た辺り、やはり抜け毛が原因かなぁ・・・

今夜は母心配で眠れそうに無いっす・・・
どうぞ入院になりませんように・・・
後でまた生野菜もってお見舞いに行ってこよう。
因みに検査諸々の費用、合計2万4千円でした・・・帰りに入金しようと思っていたお金があったから払えて助かった・・・

闘病中
病院の時みたいに甘くないじぇ・・・
こんの!親不孝兎!我侭息子ぉ~~~(;_;)

一日ずれて明日はアカ兄編・・・orz
昨日から続けざまに書いちゃってます・・(^^ゞ

昨日学校に行けた娘。
昨日の登校は同じ不登校状態の友達と約束しての登校で、しかも別室登校でした。
部屋にはその子と二人だけ。

クラスの友達とも楽しく過ごせる娘が何故か
「何か別室やと落ち着く。Mちゃんと二人だけやけどなんか落ち着く。これやったら学校行けそうや。」
と、翌日も行くと張り切っていました。
いつものような「頑張って行く!」ではなく「明日も行く~」と。

別室登校でも学校に行けると言うのは良い兆候とほっとしていました。
早朝・・・
スピスピ寝ていると遠慮がちに揺らす手。
「ほぇ?・・・」と間抜けな返事をすると
「・・・体熱い・・・頭痛い・・・」と真っ赤な顔の娘の寝起き顔。
「え・・・」と嫌な予感を胸に検温すると『38度5分』・・・・
立派な(?)病欠です・・・(T_T)
いつもはいつでも登校出来るようにと休みの連絡はしていませんが、こうなったらちゃんと学校に連絡。
担任も『あらら・・・』な反応でした。^^;

前夜に√や素因数分解なんてもん勉強したせいで知恵熱が出たのか?
市販の解熱剤のおかげで今は楽になった娘。
熱があったんだから今日一日は横になっとけと言うのに、
「あんまり寝るとまた夜ねらねんようになる・・・」と寝ようとしない。
とりあえず横になっててよ。
友達仰向け
あんたも寝てなさい。
・・・って、仰向けにひっくり返さんでも・・・
「今なら私も大学受験できるかも・・・」なんて錯覚してしまう娘の試験中。(高校だって絶対に無理!!)
数学が大の苦手なわが娘。
普通に学校に行っていた時でさえ、とても笑える点数を取っていたのに、殆どまったく行っていない今、はっきり言って複雑な暗号にしか見えていません。
そんな娘が今日からの中間テストを受けに、頑張って学校に行きました。
今日は数学は無く、まだ出来る(と言っても・・・)国語や理科だったので本人は
「学校行って無くても何とか書けた~」と、思ったよりは軽やかに帰ってきました。(^_^.)

明日は数学・・・・
今回は『√』の問題のようです。
√・・・√・・・・・・・√・・・・・・・・・・・・・・とは?(T_T)
見た事、聞いた事はあるけれど、母の脳みそにはそんな物既に解読不明状態です。
仕方ないので高1の姪っ子にSOS。
「平方根が~~~素因数分解して~~~」
?へいほう・・・???そ・・・素因数分解?・・・・とは何ぞや!
「・・・・」姪っ子も脳みそ爆発してしまいました。(T_T)

馬鹿娘は学校に行っていないのに、教科書を学校に忘れてるし、悩んだ挙句某通信教育のテキストを引っ張り出してお勉強。

なるほどね・・・素因数分解とはそう言うことか・・・めんどくせぃ。(-_-;)
18ならば18=2×9=2×3×3=2×3の二乗となるらしい。
とりあえずそこから理解させようと、根気良く教えていると娘さん目が虚ろ・・・・
「・・・限界か?」
「・・眠い・・・
「・・・・・・寝ろ。」
(T_T)(T_T)(T_T)
不眠症の娘が珍しく睡魔を訴えている。
勉強も大事だけど、今の娘には睡眠の方が大事と自分に言い聞かせて開放してやりました。
只今母は自棄酒中・・・
・・・・・・数学捨てた・・・・
割れ目
何気にお尻の割れ目っぽいって、やっぱりお尻の割れ目?
「恥ずかしいからやめて・・・」
2006.05.25 立派な人参葉
本当に暖かくなってきました~
でもまだ不安定で「何じゃこりゃ・・・」とぼやきたくなるくらい暑い日もあったり肌寒い日もありますが・・・

植物は正直な物で、日を追う毎にニョキニョキと成長中。
「アカネに新鮮野菜を上げれる日も近いな~」とホクホクしながら眺めていて思い出した。
「そう言えば去年から植えてる『人参葉』最近放置したままの奴はどうなってるんだ?」と。
久しぶりに見に行きました・・・と言っても玄関脇にあって、葉がりっばに成長してるのは知っていたのですが。(^^ゞ
頭の中では細っこいちっちゃな人参が出てくると思いながら引っこ抜いてみると、何ともずんぐりとした短い人参が出てきました。
立派な人参葉?


「人参とは言え、ちゃんとここまで人参に成長するんだ・・・」と妙に感心してしまいました。(私が無知なだけ)
息子は「今日の晩御飯に使う?」とワクワクしていましたが、しっかりアカネにあげました。
うま~い
 『ごりごりごりごり・・・』必死で食べてるのを良い事に、さりげなくアカ姉が背後からブラッシング・・・・
この後葉っぱ先に食べて丸い人参に逃げられつつ、格闘しながら完食しました。(^_^.)
2006.05.24 換毛期
うさぎの換毛期です。
短毛で胃に毛の溜まり難いと言われるミニ・レッキスと言えども、やはりしっかり抜け毛の季節に入っています。
アカネを引き取ったペットショップでは
「ミニ・レッキスはブラッシングしなくてもあまり抜け毛もないし、胃に毛が溜まる心配は無いですよ。」
と言われましたが、なんのなんの!ものすごく抜けています。
抱っこすれば服には短く細いながらも大量の毛が付着。
それにしっかりウ●チも毛が混ざり、酷い時には5つ程ど毛で繋がった物が出てきます。
「こりゃいかん!」と、毛を溶かすと言う酵素入りのおやつをあげたり、ブラッシングも毎日しています。
おまけにコロコロ(粘着テープ)で、アカネも優しくコロコロ・・・
すると、「え!?」と言う状態に!

こんなに?!
ごっそり・・・

はなわヘアー?
はなわヘアー?
それでもアカネはハゲていない。
ほっとしながら「いったいどんだけ抜けるんだろう・・・」と再び。
もう気持ち良いくらいに抜けます。
ミニ・レッキスの毛が細く柔らかいのに、ふわふわとたっぷりなのに納得。
でも正直コロコロに付いた毛の束を見た時は焦りました・・・

鼻デカ
ホドホドにしてよね・・・
久々にやってくれました・・・
どの家でも兄弟が居れば起こる兄弟喧嘩。(うちは姉だけど・・・)
うちも日常茶飯事ですが、大抵罵り合いやそこそこの取っ組み合いで終わるのですが本日は家屋破壊・・・orz

私の「やめなさい~~~」と口だけの制止中に、どうやら娘が息子に一発入れてやり逃げしてドアを閉めたら、キレた息子がそのドアに蹴り一発。
″バキ!!″・・・
『あ・・・やりやがった・・・
内心疲れ果てながらもここはしっかりビビらせなくてはと、大魔神状態で部屋に入る母に息子は顔面蒼白でビビる。
近所に響く怒鳴り声の後は延々説教・・・
二人とも泣きながら(娘はウルウル、息子はエグエグ)反省はしたものの、これもきっとまた喉元過ぎればかもなぁ・・・とまた疲れる母でした。
頼むから優しい母で居させてくれ・・・(T_T)
傷跡・・・
喧嘩の傷跡・・・板張りのドアをやってくれました・・・
「お父さん帰ってくるまでこのままにしとく!毎日これ見て反省しろ!!」とみっともないけどしばらく放置です・・・

へ?

アカネだけよ・・・母をいつも癒してくれるのは・・・
「へ?」・・・(テーブルカジカジした事は見逃してくれるの?ラッキ~~)
連休に帰ってきていたダンナが、毎日のように
『アカ姉は今日は学校行ったか?』とメールをしてきます。
本人に直接はしないけど、正直私にとってもこう毎日だと気が重くなります・・・(-_-;)
まぁ、父としてちゃんと子どもの心配をしているが故なんでしょう。
離れている分特にね。

5月の連休明けからはまたもや色々と会議だ親睦会だ歓送迎会だ~・・・と、引っ張り出されます。
殆ど土日が潰れてしまう~~~(T_T)
そしてこの土曜日も来週日曜日も・・・
でもってしっかりそこにはアルコールも付いてくるのが不思議な所。(^_^.)
どうも断れない性質なので、しっかり頂いてしまう悲しい性。
その内肝臓辺りが悲鳴を上げるかも。
最近仲間で集まると「歳やな・・・」と言う言葉が必ず出るし。

ロップもどき
「お母さん!ロップちゃん~」と娘がはしゃいでいました。おいらの耳で遊ぶなよぉ・・・
2006.05.18 悲しい出来事
今朝 下の子を学校に送り出してから自販機に向かう途中友達に会いました。
「おはよ!」
「おはよ~・・・」と言って友達は自転車を漕ぐ足を止めました。
「?」・・・いつも忙しく走り回ってるその友達が、朝のこの時間にわざわざ自転車を停めて私のが近くに来るのを待っている。
それもいつもとは違い笑顔の無い顔で。
なんだろう・・・と思いながら側まで良くと
「あんな・・・Mちゃんのダンナさん、今日の午前2時に亡くなりはってん・・・」と・・・

Mちゃんは私と殆ど変わらない歳。
ダンナさんはMちゃんよりも10歳以上歳上だけど、まだまだ若い。
「え・・・?」
そのまま言葉が詰まりました。
『そう言えばこの間会った時にダンナさん入院してるって言ってた・・・』と思い出しました。
ショックでした。
Mちゃんの所の下の子とうちの娘は同級生。
泊りにもお邪魔した事があるし、今も娘同士は頻繁にメールしてる。
しかもその子は娘と同じ不登校状態。

その日の夜お通夜に行きました
Mちゃんと娘達の顔を見た途端涙が止まりませんでした。
なんて言葉を掛けたらいいのか判らず、焼香の後あいさつする時はただ黙って頭を下げるしか出来ませんでした。

その訃報を聞いた娘も困惑していました。
前の日の晩、お父さんが亡くなる5時間前まで二人はメールをしていました。
娘も何て言えばいいのか分からなくて戸惑っていました。

「なんかさぁ・・・こんな悲しい辛い思いをしてる子がいるのに、こっちらは普通にご飯食べて普通に生活してるって変な感じ・・・」と呟いていました。
そんな話しをしていたすぐ後に、娘の携帯に当のMちゃんの娘からメール。

お父さんが亡くなった報告メール。
そのメールは絵文字も入った、文面を読まなければそんな悲しい内容とは思えないものでした。
「こっちやったらこんな時絵文字なんて使ってる余裕無いな・・・」と娘。
「でもな、人それぞれ悲しみ方は違うし、M(娘さん)ちゃんは無理してるのかもしれん。」
「・・・ウン・・・そうかもな。」

どうしようか悩みながらも娘はお通夜に出席する事にしました。
お通夜が終わってMちゃんの娘と手を取り合っていました。
Mちゃん母と少し言葉を交わして私は息子を置いてきているので先に帰りました。

外でお通夜に行った友達と喋っていると最後まで残っていた娘が
「はぁ?まだそんな所に居るん?!」と帰ってきました。^^;
「M(娘)ちゃんのおばちゃんらに『入り入り』って言われてわさびの入ったお寿司食べさせてもらってきた・・・わさび。・・・辛かった・・・(T_T)」(娘はわさびが大の苦手)
「でなM(娘)ちゃんのおばあちゃん最高!寿司の醤油投げて『取れ~』ってやったり、『ちょい悪ばあちゃん』って言ったりして皆笑わせるねん。おかげで大笑いして帰って来た。M(娘)ちゃんもめっちゃ笑ってたし。おばあちゃん、Mちゃんらの事笑わせてくれて良かった・・・」

実の息子さんが亡くなって辛いのに、そうやって孫達を明るくさせてくれるおばあちゃん。
非常識と見る人もいるだろうけど、私は凄い人だなと思いました。
Mちゃんのダンナさんのご冥福をお祈りします。
2006.05.17 無事帰宅
娘無事元気に帰宅しました。
元気、と言うのはどうかと思いますが、一応倒れたり寝込んだりはせずに我慢できる程度の体調不良で留まっていたようです。
帰って来た娘はやたらハイ・テンション。
普段からよく喋るけど、案外おっとり喋るのに、昨日は機関銃状態。
そのハイ・テンションが余計に心配だったりする母は病んでるのかしら・・・(-_-;)
今日は代休で学校は休み。
明日は登校・・・考えずに見守ろう。

そんなこんなでアカネの撮影もままならなかったので、
カミカミ・・・すきねぇ・・・

ほんとにダグ好きねぇ・・・

もそもそ
さ~てと・・・

さて・・・
いざ、

ダッシュ~!
ダッシュ~~!

消えました・・・

春になると心ウキウキ・・・なんてここ数年無いなぁ・・・とへこんでしまいます。
色々とこの時期に限って勃発してる気が・・・
いかん!過去は振り返っちゃ!
とは言え今年もやはり沈みがちな春になってます。(T_T)

でも今年はアカネがいる!
どんよりとした気持ちもアカネと戯れて、ナデナデして、アカネが目を細めてうっとりしながらコリコリと歯を鳴らし、私も「ん~~~気持ち良い~~」と和んで、気が付くとかなり復活出来ちゃってます。
アカネ効果はすごい!
友達と寛ぐ
今日も友達の横で寛ぐ

今夜娘は修学旅行から帰って来ます。
本当なら家から徒歩3分ほどの所に停まるバスがあるのですが、書類提出がギリギリだったせいか定員オーバーになり、徒歩20分ほどの所に止まるバスに乗る羽目になりました。
近所に停まるバスのメンバー見たら「アカ姉が乗るバスの方が断然近いやん!」と言う子がチラホラ・・・(絶対ここからだと家まで30分以上掛かるぞ)
思わず学校に一言!と思いましたが娘が
「しゃあないやん、決まってるから今更やし。こっちのバスの方が仲良い子多いし、○○(すぐ近所の友達)も同じバスやから一緒に帰ってこれる。」と言うので黙る事にしました。
でも体力の落ちてる娘に帰りの大荷物を持って、夜の9時ごろ車のビュンビュン通る道を歩いて帰るのはかなりきつい。
あの辺変質者も良く出るし・・・
なので車で迎えに行って友達もろ共積んで帰る事になりました。
もちろん担任も「是非そうしてやってください」と許可。

しかし、夕べ出掛けようと車のエンジンを掛けると、ウンともスンとも言わない・・・
「うそぉ~~~」と焦り、最悪の事態を考えN姉さんの車が空いてないか聞くと、
「ごめん、使う・・・」との返事・・・(T_T)
とりあえず今朝JAFに連絡してきてもらい、ただのバッテリー切れと判明。
でもバッテリーもかなりの年代ものなので下手すると夜まで充電持たないかもと言われ、新しいバッテリーを買うか、それともこの12月車検で10年落ちになるんで買い換えるか思案中。
なんにせよ当面、今夜だけでも動いてくれれば良いんだけどな。
お願いマイ・カー、頑張ってぇ~~~

娘さん修学旅行中。
無事に過ごしているのだろうか・・・

鬼の居ぬ間・・・と言うより、大ゴミの居ぬ間に娘の部屋を掃除。
私も言えんが娘の片付け下手は感心する。
『足の踏み場も無い』を目の当たりにさせてくれる。^^;
この部屋で飼われてるアカネが不憫~~~(T_T)
時々出してやると、野を越え山を越え状態で遊んでます。
それはそれで楽しそうだけど。

勝手に捨てるとうるさいもんで、部屋中に散らばったいるのか いらんのか判らない物品を、かごの中に放り込み掃除機をかけるだけ。
ものの20分で完了。
足の踏み場の無かった部屋は、見事に寝転べる部屋になりました。
アカネも戸惑いがちに部屋の中をお散歩。
あ・・・デジカメ娘が持って行ってる・・・携帯は別の部屋に置いてきちゃった。

さあ、う散歩!
ハーネス着けて・・・さあ、う散歩!
娘さん案外すんなりと朝起きて、修学旅行に向かいました。(^^)v
やはり友達が言ったとおり、テンション上がって起きれたのかな?^^;

近所の同学年の友達(幼馴染)のおじいちゃんが、他の友達と共に集合場所まで送ってくれました。
そのおじいちゃん個人タクシーの運転手さんで、子ども達はタクシーで。
「何か降りる時『いくらですか?』って聞いてまいそう。」と娘は笑っていました。(分かるぞ)

今日から火曜の夜まで息子と2人です。
喧嘩相手のいない息子はやたら良い子。^^;
今朝も姉より早起き(早朝5時前)してたので、早々とおネム。

実はいつもは不眠気味な娘が私が寝るまで15分おきに様子見に来るので、落ち着いて自分の時間が過ごせなかったりします。(-_-;)
息子は寝に行くとしっかり朝まで熟睡。
さぁ、久しぶりに誰にも邪魔されずに静かに夜が過ごせそうです!
・・・とは言うものの、母も朝4時半に起きてお弁当作ったりしていた上に、今夜もしっかり晩酌したので結構睡魔が来ています・・・
う~ん・・・今日は早寝だな。
・・・娘は今夜はちゃんと寝むれてるんだろうか・・・
シャッター音?
ペロペロペロ・・・・
母の足を見つけると舐めに来る・・・なんで?
2006.05.13 修学旅行
今週は娘さん、2日登校できました。
と言っても午後からだけど・・・
しかもちょうど修学旅行前なのでその説明やら準備の時間。

どうやら友達がメールで
『今日は午後から授業なし!修学旅行の話しやで』と報告してくれているようです。
・・・しかも授業中に・・・(-_-;)
A・・・学校に携帯もって行ってる上に授業中にすんなよ・・・おばちゃんは黙認してやるけどさ。

こんな風に学校にも行かずに、こう言う時だけ登校する娘。
きっと反感持ってる子もいるだろうと思います。
でも今の所それを責める子はいないらしい。
それどころか
「来れるときは来いよ!あ、でも修学旅行はしんどくても絶対に来いよ!」と言ってくれてるそうです。(/_;)
なので娘も修学旅行には行くと言って張り切っています。

でもやはり不安は有り。
・朝起きれるか。(寝坊して迷惑かけたらどうしよう・・・と)
・体キツくなったらどうしよう。(これも同上)
・薬飲む所見せたくないなぁ・・・
などなど・・・

朝の事は同室の友達が
「安心せい、たたき起こしたる。でも案外テンション上がって起きれるかもやで。」と言ってくれてるので、ちょっとホッとしてるようです。

体の不調の方は先生にも言ってあるし、先生もそれは無理せずになんぼでも言ってくれと言ってもらってるのでこれもなんとか。
実は参加したいと言ってると相談した時に、拒否されるんじゃないかと思っていましたが、
「それは良かった。ぜひ参加させて下さい。修学旅行きっかけに登校できた子もいますし。」と言ってくれました。

薬は・・・開き直れ!と。

いつもはオブラートに包んで飲んでるんですが、旅行の時にそれはなぁ・・・と、薬局で空のカプセルを購入。
この間見つけて「こんな物まであるんや~」と感心しました。
これ、薬入れる作業が中々楽しかったりする!・・・のは母だけ?(^^ゞ
足でかよ!
あ、兄ちゃんが撫でてくれてる・・・・って、足かよ!
新聞の記事を見ていて「ふむふむ」と頷いていました。^^;
新任教師の早期退職率が上がっているそうです。
教師を目指す時は色々と夢や希望、理想があっただろうに、実際現場に入ってみるとそのギャップに苦しむ。

休みが多くて良いとか何とか言う人もいるけど、人間相手のしかも動物状態の子どもや、我が子の事となると常識はずしちゃうような保護者とか(気を付けよう)、その他もろもろの人と関わりつつ、物を教えなくてはいけない、教師と言うのは大変な職業だなと思います。
うちの子もそれなりに色々やってくれてるみたいだし・・・(-_-;)

うちの息子の学年にも、去年入った新卒の若い先生がいます。
役員をしてるので他の保護者の人よりもその姿を見る機会はあり、去年3月その先生を見ていて正直不安になったのを覚えています。
校長先生や他の方々が舞台で話しをしてる時も、横にいる若い女の先生と雑談している。
「今時の若いお兄ちゃんやなぁ~」と言うのが第一印象。

我が校区はかなり厳しい所。
町内・校区はもちろん、学校に対しても自治体がかなり絡む。
「この先生、このまま行けば半年持たないだろうな・・・」と思いました。
でも逆にこの1年乗り越えて成長すればかなりの物とも言えます。
実際夏前に行事で会った時は驚くほど痩せて暗い表情でした。
顔見知りの先生に
「O先生痩せはったねぇ。かなりきついみたい・・・」と言うと
「まぁね~、ここは中々厳しい所やし、持ってる学年も個性きついしねぇ。でも何とかなるでしょう。」と。
その先生、見事乗り切りました。
それも我が校で一番ややこしい学年と言われる学年で。

今年3月の学年懇談でその先生は見違えるほどでした。
去年の夏くらいまでは、保護者ともまともに挨拶出来なかったのに、まっすぐ前を見て相手の目を見て、しっかりと受け答えしていました。
正直まだ頼りなさは感じますが、これからもっと良い先生になるだろうと思います。
頑張って欲しい物です。

・・・私も頑張ろう・・・

こすりこすり

はぅぅぅ~~~
可愛すぎるぅぅぅ~~~(TOT)

いきなり悶えていますが、今日アカネの新しいトイレを求めてペットショップへ。
そこには今まで行ったどのペットショップよりも、子ウサギが豊富でした。
最初はドワーフやロップに見とれて「はぁぁ~~」とため息ついていましたが、入る時は奥に居る子うさぎ軍団に目を奪われ気が付かなかったのですが、入り口にも2匹の子ウサギが!
「ちっちゃい!・・・あ、ミニ・レッキス~」と娘と二人で怪しく盛り上がってしまいました。
オレンジとチョコのまだ一月ほどの子うさぎが2匹。
そこのお店は抱っこさせてくれるのですが、なんとなく言い出せなくて親子で怪しくへばりついているとお店の人が
「抱っこしてみます?」と娘に問いかけてくれました。
娘は「ハイ、ぜひ!」と即答。
手の平サイズのチョコ色のミニ・レッキスの赤ちゃん。
ふわふわでアカネを初めて発見した時のように腰砕けです。
「うぅぅ・・・可愛すぎるぅ・・・」娘は今にもかぶりつかんばかりでした。^^;
一瞬このまま我が家へ・・・とまたもや無謀な思いに駆られそうになりましたが、我が家には既にオッサン顔に成長した可愛いアカネがいる。
涙を飲んでお別れしてきました。(T_T)

帰りの車の中で「はぁぁぁ~」と二人ともずっとため息。
もしもう一匹お迎えするなら・・・の話しになり、
「やっぱミニ・レッキス?でもドワーフも小さくて可愛いよなぁ。」
「ミニ・レッキスはオヤジ顔のアカネが居るから、やっぱドワーフかな~」
「そのオヤジ顔が可愛いねん!」
「そうそう、あの小さかったアカネもすっかりオヤジうさ。そこがまた可愛いねんなぁ~」
結局は親バカ姉バカ炸裂トークになりました。^^;
くさい?

こんなだったアカネも・・・

なかなか

こうなりました。

結局トイレは今と同じ物がなくて買わずに帰ってきました。^^;
FF12クリア!!
・・・・・なんだけど・・・

まずは・・・今日のアカネさん・・・
またやられたぁ~~~
TVの後ろに入れないようにガードしていたのに、アカネさん根性で埃だらけのTVの後ろにもぐりこんで『ウサ・モップ』と化してくれました。(T_T)
必死で引きずり出したら埃まみれ・・・^^;
で、今夜もFFやるぜ!と意気込んでPS2起動させたら音声だけで画面が付かない・・・
「もしや・・・」と思いコードを見ると、ご丁寧に画面の配線部分だけ綺麗にサックリやってくれていました。(T_T)
「今日はダメか・・・」と諦めようとして思い出しました。
「確かPS1のコードがあった!」と。
無事使えました。\(^o^)/
もう一回ガードやり直さなきゃ・・・orz
うひ
やったった~~

さて、FF12だ!
昨夜s兄貴から『幻妖の森の門の開け方がわからない』なメールが入り、開け方伝授して
『どのくらいまで行った?』な問い掛けに
『ヴァンLV48で大灯台クリア!』と返信したら
『俺58~。(^^)vすぐに追い着いたるからな~』と宣戦布告されたんで、
『引き離したる~』と受けて立っちゃったもんで、サブイベント置いといて、気になるアイテムも放置して、結構梃子摺るだろうから一度は全滅覚悟でとりあえず、いざバハムート突入~!
「おうおう、なかなかお強い。」てな感じでやってたら、ヴェインがどんどん人間離れして行って~~~~~
「あれ?あれ?」と言う間にアンジェラさんの歌声が・・・
エンド・ロールも流れ出した・・・・
「終わっちゃった・・・かな?」と呟きながらぼ~っとしてました。
何か寂しい・・・虚しい・・・
とりあえずs兄貴に勝利のご報告メールは打っとこう。
赴任先に戻ったダンナからの連絡が無い・・・
いつもなら「今着いたから~」と電話なりメールなりが入るのに、一向に入らない。
なのでこっちからメール・・・返信が無い。
電話・・・繋がらない!!
子ども達も不安がり、必死で自分の携帯で掛けているけどそっちもダメ。

事もあろうに娘は私に内緒でおばあちゃんに連絡。
ダンナの母はものすごい心配性な上に、そう言う時は周りの言葉も耳に入らない。
娘的には「おばあちゃんの所には連絡入ったかな?」
程度のお伺いだったのが、おばあちゃんは
「何事?!」状態になり、私が
「他の電話の番号も聞いてるんで、その番号探して掛けるから待って!」と言うのも聞かずに、ダンナの会社の方に連絡してしまった。

まぁ、おかげで難なく無事は確認出来たんだけど、会社に無断でちょっと休みの操作をしていたらしいダンナにとっては大迷惑。
一応最終的には本人は「大丈夫」とは言ったけど、直後は「まずい事してくれたな!」と私にまでキレてた。(やったのはあんたの母!)
心配して連絡しただけの娘には可哀想だけど、
「おばあちゃんにはそう言う連絡はするな。パニクると周りの意見耳に入らずに大騒ぎになるから。」と釘を刺すしかない。
娘自身もここまで大事になると思ってなかったので、「しまった・・・」な顔してました。^^;

この母、普段は控えめで良い義母なのですが、時折周りの意見も聞かずに一人空回りして、引っ掻き回すだけ引っ掻き回して自分の気が済めば後は・・・な事が何度か。
今回もそうだけど、「何でそんなことするの?(したの?)」と言えば
「むこうが(今回はダンナが)悪い!」で終わる。
今回の場合は特にそう言えなくも無いが、最良の方法で動こうとしてる者の努力を見事にぶち壊して、後の尻拭いはこっちに来るのが辛い。(ん?何かアカ姉と似てるかも・・・)
しかもその母のした事でダンナに怒られるのは私・・・
「はぁ?やったのはあんたの母で、私じゃないんですけど?!って言うか、私は止めたのに止まらなかったの!」と反撃して
「あぁ・・・そうやな・・・」となりますが。
なので申し訳ないが大概の事はこっちで処理してからの事後報告にしちゃってます。

しかし・・・だんなは着いてからすぐにメールしたと言うけど未だに来ない。
頼むよ、電話にしようよ・・・(-_-;)

自分のブログを確認してみて「おりょ?」と・・・
アカネの画像が変・・・
一応ボケが入った頭でも同じ画像をアップしないようにしてるのに、何故か同じ画像が他の日の日記に入ってる。
なので場合によっちゃ内容とずれてるし。
「何でだろ・・・そう言えば一度画像変換おかしかったよなぁ・・・」と、またもや貧困な脳細胞屈指して考えて、思い当たる事を試してみた。

画像の名前!
携帯画像をPCに取り込む時に、携帯の方 前の画像を消して新たに撮った画像を入れると自分で名前を変えない限り同じ番号が表示される。
その番号のままブログの画像にすると前の画像と、こんがらがっちゃうようです。^^;
初歩的なミスですね・・・
面倒臭がらずに携帯の方もちゃんと画像の名前は変えよう。

入れ替わった画像を修正しようと思いましたが、面倒なので見なかったことにしました・・・
きしゃぽっぽ?
見えないだろうが結構楽しんでる・・・姉がう散歩の時に乗せたらしい。
連休も終わり、ダンナも赴任先に戻りました。
いつもはアッケラカンとしている息子が、今回は
「お父さんおらへん~~~・・・・」と言って号泣。
怒られてばかりだったのに、何故か一番寂しがっております。

連休中に実家に行き、弟の所のガブ(ワンちゃん)とも久しぶりに対面。
アカネは留守番です。(前回脱兎になったので)
留守番っすか

このガブ中々賢い。
殆ど吠えないし、ちゃんと待ても出来る。
美味しそうな物が目の前にあっても、飼い主が良いと言わない限り見てるだけ。
その見てる顔が情けなくて可愛い。
じ~~~っとテーブルの上のご馳走を、恨めしそうに眺めてる。
皆が食べだすとあっちこっちの膝にあごを乗せておねだり。
その内もらえないと諦めて不貞寝。
ちょうだいよぉ

そんなガブのおいたも見れた。
テーブルの上にピーナッツが一つ。
その状態で飼い主の弟とその嫁さんが帰宅準備で部屋を出ると、横向きに顔をテーブルに乗せてジリジリとピーナッツに顔を近づけたかと思うと「パクン!」と。
丁度そこに弟が来て「コラ!」というと頭を下げて反省のポーズは取るものの、口の中は
「くちゃくちゃくちゃくちゃ・・・・」と必死でピーナッツを食してる。^^;
・・・・犬も良いかも・・・と思っちゃいました。

アカネの代わりに

アカネが着てくれないので、代わりにガブに着てもらう事にしました。
へん!
へ~ん、だ!
本日は闘病日記となります。^^;

『起立性調節障害』
それが娘の病名です。
はっきりとした原因は無いようで、はっきりとした治療法もありません。
それこそ手探りで症状を和らげる薬を服用したり、カウンセリングを受けたりと言った試行錯誤な状態です。

3年生に進級してからも殆ど学校に行っていません。
それでも本人は学校にもクラブにも行きたい。
そして高校進学も望んでいる。
なので本人なりに頑張って、行ける時には遅刻してでも行きます。
下手すると5時間目からとか。(大抵そうかも)

それでも娘の状態を知らない先生には
「何で遅刻?サボりか?」と言われる。(実際そう言う子もいるしな)
「違う・・しんどかった。」と言うと
「来るなら午前中に来なさい。」と言われてしまいます。
仕方の無い事ではあるけれども、そう言う決め付けは、やはり嫌な気持ちになります。
娘自身そう言うのも覚悟しているのでしょうが、やはり辛いと思います。

捨てる神あれば拾う神あり・・・と言うか、すぐその後に2年の時の担任と会い
「お、今日は頑張ってこれたか。調子はどうや。」と声をかけてくれたそうです。
「う~ん・・・相変わらず・・・。今、○○先生に『来るなら午前中に来い』とかって嫌味言われた。」と言うと
「あぁ、あの先生の言う事はほっとけ。そんなん午後だろうが何だろうが終礼だけでも良いから来たらええねん。」と言ってくれたそうです。

今の担任もそれで充分だと言ってくれています。
本当なら遅刻や欠席の連絡もしなくてはいけないんでしょうが遅刻はともかく、欠席の届けを出してしまうと、こうやって午後からでも行けそうな時でも『届けを出してるから行けない・・・』と思いますます行けなくなるのでと言うと、担任も連絡はしなくても良いといってくれました。

焦らず少しずつ前に進めればと思います。

高速ナデナデ!
高速ナデナデ!摩擦で煙出るって!・・・出ないと思います・・・
2006.05.05 陶芸
連休です。
赴任先からダンナが帰って来ています。
たまにはと家族で信楽まで陶芸をしに行きました。

初めて電動ろくろに挑戦。
最初は良くテレビなんかで見てると、すぐに『グチャ!』と崩れるのを見るので、
「無理やで・・・」と、避けていたのですが、お店の人に聞くと
「小学2年生の子でも出来るよ。」と言うのでチャレンジ!

やってみるとこれがなかなか案外出来ちゃいました。
面白い!
1000円で50分間作り放題。
しかし焼くのに一つ1000円以上掛かると言うのもあり、皆作った中で一番気に入った物を1つだけ焼く事にしました。
それでも4つで5000円近く掛かりました。
出来上がりは窯が混んでるのもあり、2ヵ月後です。
さて、どういう出来で帰って来るでしょう。
作品


久しぶりにアカネにやられました・・・
「さて、パソコンでも・・・」と、マウスを動かすとカーソルが動かない・・・
「え?・・・なんだ?」と見てみると、コードにかじった後が・・・
そう言えばパソコンの側でゴソゴソしていたよなぁ・・・
でも普段なら届かないはず。
しかしその時娘がパソコンの側にクッションを置いていたのを思い出し、どうやらその上に乗って背伸びして、たまたま垂れ下がっていたマウスのコードをカジカジしてくれたようです。
しっかり、やられたぁ~~~(T_T)
新しいマウスを買ってきました。

まだはげてる・・・
久しぶりにやったぜ!
アカネの右腕、手術の時の点滴のために剃られて、まだちゃんと生え揃っておりません。
お股は生えたんだけどなぁ・・・
久しぶりにブログ検索サイトをのぞいて見ました。
そこで【不登校】に関する内容のブログを見つけました。

娘の状態は正直に言って不登校。
3年生になって登校したのは片手ほど。
それも遅刻しながら。
下手すると5時間目から登校と言う事も。
そんな状態でも自主的に行こうとしていってるので、普通に「おう、行って来い!」と言って送り出します。
友達も「来た~~」と言って優しく迎えてくれているようです。
担任の先生も特別何か声をかけるでもないですが、普通に迎えてくれています。

家でも明るく今までと同じに おちゃらけています。
この間担任の先生に聞いたら、学校でも行った時は明るく楽しそうに過ごしているとの事。
だから大丈夫。
そう思っていました。(思うようにしていました)
でもそのブログを拝見して、『不登校の子は明るい』と記してあり、「あ」っと思いました。
娘は身体が辛くても早々辛そうな顔をしない。
嫌な事があっても「大した事ない」と気にしてないと言った態度でいます。
なんとなく「それは強がりなんじゃない?」と思いはしても、私自身その裏側の感情から目を背けていました。
特別「本当は辛いんじゃない?」と指摘しようとは思いません。
ただ明るさの裏側の感情も、私自身がしっかりと見てあげようと思いました。

今日も何とか登校して行きました。
5限目から・・・・^^;
ま、学校に行けるようになっただけでも、かなりの進歩です!
お外はどうなってる・・・
良い天気・・・

シャッター音?
ん?何か音がする。
2006.05.01 誕生日
日曜日の昼下がり・・・携帯が鳴りました。
相手は近所のFさん。
「アカ母ちゃん、今夜忙しい?」と。
別に予定は無かったので、
「子どものご飯しなくちゃいけないけど、これと言っては・・・」
「じゃあ、Nちゃんと一緒にいつもの店行かない?」
「いいですよ~。」
「何時ならいける?」
「ん・・・7時なら。」
「じゃあ、7時に!」
時々お誘いはあるけどそれは飲んでる最中に、
「今飲んでるんやけどけえへん?」って物で、わざわざと言うのは珍しい。
『何やろ・・・そう言えば某団体のYさんが、N姉さん共々私を団体役員に引っ張ろうって言う話ししてるって言ってたなぁ・・・その勧誘?』
と、電話を切ってから不安になって、N姉さんに連絡。
「その件は何とかなくなったから大丈夫!」との返事に安心して行く事にしました。

7時にいつもの店に。
そしたら何と真近に迫った私の誕生祝を目的に集まってくれたらしい。
しかもバースディ・ケーキも用意してくれていた。
何年ぶりだろう・・・自分用のケーキを見たのは。
突然の事に驚き・嬉しい・照れくさい・・・等等で、どう反応して良いか戸惑いました。
おまけにろうそくも点けてハッピーバースディまで・・・
ひたすら「ありがとうございます~」しか言えなかったアカ母です。
ケーキは持って帰って子供たちと食べてと言われて、お持ち帰り。
もう、何年か振りの自分の誕生日祝いに、感激でした。

飲み代もご馳走になって帰宅。
「アカネ丸見たい~~」と言うN姉さんも一緒に我が家に帰って、留守番中の息子も呼んでみんなでケーキを堪能しました。
忘れられない誕生日になりました。

N姉さん親子を迎えたアカネは、やはり警戒してよって来ない・・・
客人に失礼だろう・・・と思っていたら、ケーキを食べ始めると私の膝に来ておねだり・・・
アカネの食い意地は健在でした。^^;
どあっぷ!
 ずず~~~ん! ○○歳おめでとう!あ、ありがとうアカネ・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。