上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.12.31 良いお年を
師も走る師走、母も走っています。
引っ越しの後遺症で、しっかり筋肉痛です。
しかしこの年末秒読み段階、ゆっくり疲れを癒す間なんてあるわけも無く、今日も朝から走り回ってます。
年末の大掃除の大量のゴミ。
ゴミの日に合わせてやりゃ良いのでしょうが、尻に火が付かなくては動けない人間のなで、ゴミと共に年越しの覚悟でこの3日間で排出していました。
が、N姉さんの所も同じ状況を見越して、個人で有料のゴミの収集を頼んでいると言うので、そこに便乗させてもらい、何とかスッキリしました。
ズボラ主婦の家庭ごみ2件分・・・
引越しかと思うほどの量でした。

そんな中 昨日は引越し途中の友人の方も何とか覗いて来ました。
前日よりは多少、心持ち荷物が減ってるような気はしましたが、本当にあの家は今年中に越せるのだろうか・・・
と言うか、賃貸契約は昨日までなので、昨夜中に引き払わなくてはいけない。
自分自身も切羽詰った忙しさながら、少しでもと軽自動車に荷物詰めるだけ積んで、新居に運びましたが、焼け石に水状態。
もう一往復何とか・・・と思っていたら、友人の相方が仕事何とかして片付けると言うのでお任せして帰って来ました。
友人がまた倒れはしないか心配です。

さあ、今夜はダンナのお帰りです。
それまでに掃除のラストスパートだ!
またゴミ出そう・・・orz
ふ~
良いお年を・・・
スポンサーサイト
2005.12.29 引越し・・・
疲れ果てております・・・
今日は朝から友人宅の引越しで、フルパワーで働いてきました。
腕がプルプルしています。背中もパンパンです・・・
引越しの前日電話が入り、
友:「えらい事になってます・・・3日前に倒れて絶対安静で、何にも出来てない・・・。」
アカ:「うぞ!(嘘!)・・・取り合えず明日行くから・・・

翌日の今日行くと、一応ダンボールが並んでいたけど、足の踏み場も無い状態。
やつれ果てた友人と共にとりあえず準備に取り掛かり、友人の相方のトラック(4t)に詰め込み。
荷物の量が半端でない、にもかかわらず人手は大人は私と友人と相方の3人。
途中友人は手続きのため3時過ぎにお出掛け。
体調が心配だったので相方の言い付けで、そのまま新居へ向わせました。
その後 私と友人の相方とで積み込み、一度トラックを新居へ。
荷物を降ろし再び積み込み・・・
夜8時まで掛かって、まだ引越しは完了しておりません。
一応明日また様子を見に行こうと思っていますが、我が家の片付けも完了していないので行けるかどうか・・・
それ以前に普段だらけた生活をしている私がこの状態で、明日起きる事が出来るのかが不安です。
今夜はさっさと風呂に入って、さっさと寝よう。

今日はアカネと戯れる暇が無かった・・・(;_;)
寂しいよ・・・
正面顔
せめて画像で癒されよう・・・
今夜も夜回りでした。
飲んでは回りしていたので、程よく温まっています。
と言う事で、今夜も半酔っ払い状態です。(^^ゞ

娘の衣装ケースをあさっていると懐かしい物が出てきました。
6年生の時に娘にねだられて買った【ハムスターの着ぐるみパジャマ】が出てきました。
買ったは良いがいざ着てみるとトイレに行くのに困る事に気が付き、それ以来封印していました。
夏ワンピースの水着でトイレに行くときの状態。
夏ならまだしも、冬場はねぇ・・・

でもほとんど着ていないので捨てるのは忍びなく、かと言って娘にはもう小さい。
と言う事で私が着ています。
今PCの前で巨大なハムスターがキー叩いています。(^_^.)
パジャマの上に着るとこれが結構暖かい。

昨日はトイレに行くのが難儀だと言う事を忘れて思いっきりパジャマにして寝ました。
起きて行くといきなり姉弟喧嘩。
「朝から何喧嘩しとる!」と凄むと、いつもは「だって~」と言う奴らがいきなり爆笑。
「そんなんで怒られても・・・ぷぷ・・・」
言われて子供たちの視線から自分を見て気が付きました。
私は自分がハムスターで寝ていた事を忘れていた・・・
恥ずかしかったので、とりあえず踊ってみました。(馬鹿)
おかげで喧嘩も立ち消えになり、和やかな朝となりました。

明日は友達の家の引越しを手伝いに行きます。
・・・自分家はどうするんだ・・・

セクシー
セクシー?
やらねばやらねばと思いつつ、何もせぬまま気が付くと今年も残す所後4日。
ダンナが帰ってくる日を考えると実質3日!
さすがにヤバイっす・・・
と言う事で今日は、まじめに大掃除です。
子ども達もそれぞれ自分の部屋を片付けさせましたが、何故か見に行くたびに荒れ果ててゆく・・・
なぜ親子揃って片付け下手なんだろう・・・と、がっくり来た本日でした。

最近やっとアカネさんの匂い付けなる行動を見るようになりました。
匂い付け
アカネのん!
あちらこちらの物に、アゴを擦り付けてまわっています。
オスの匂い付けの行動の中には、【スプレー行動】と言う物もあるそうです。
ついこの間【男の子】と判明したアカネも、するのだろうか・・・とドキドキの今日この頃です。
スプレー行為は今の所しませんが、一時は【ほぼ完璧】と思われてトイレ・トレーニングがここに来て危うくなってきています。
日によってはちゃんと外用トイレでするんだけど、油断するとトイレの周りでしていることも。
困った物です。
まだまだアカネのトイレ・トレーニングは続きそうです。(T_T)

確認
クンクン・・・匂い付いてっかな・・・
2005.12.27 進歩!
自治会の夜回りからたった今帰って来ました。(火のよぉ~~じん!)
半酔っ払い状態です・・・(^^ゞ
夜風は冷たかろうと、お酒を振舞われ、しっかり焼酎お湯わり頂いて、9時・10時・11時・12時の任務を果たしてきました。
その任務の合間 合間にきゅ~っと・・・
程よく体も温まり、良い気分で帰宅です。
帰り際「アカ母ちゃ~ん、帰るの?」とお誘いを受けましたが「はい~、帰ります~。」と帰って来ました。
正直 留めのラーメンも行きたい所ですが、子ども達も気になるので、真面目に帰って来ました。(カロリーも気になるしね)

話は変わりますが、ニンデンドウDS【どうぶつの森】・・・
世の中の進歩に驚き中です。
【Wi-Fi】さらっと聞いてそんな物があるとは知っていたのですが、面倒臭そうだったんでスルーしていたんですが、先日(25日)福岡の従妹の娘も持っていると言うことで、それを知った娘達が黙っているはずも無く、母も面倒臭いながらもなんとなく興味のあったので、夕べ何とか接続しました。
既に酔っ払い初期段階に入っていたアカ母は(酔って無い日はあるのか?)、「スタートボタンてどれのよ!」「WEPって何?」状態で、先方に聞きながら「う~~、解らん!」と唸りながらも何とか接続成功。
娘達は楽しげに通信しております。
あれって見てるとチャットみたい。
母同士「今度DS取り上げて二人でチャットやろうか・・・」と目論んで居たりします。
子どものおもちゃもこんなに進化してるのね・・・
末恐ろしい・・・と思った親は私達だけではないはず!
どこまで行くのだろう・・・

アカネさん2度目の【う散歩】です。
う散歩中

臆する事無く走り回っていました。
2005.12.25 叶った夢
クリスマス・イブでした。
だからと言ってときめくような事があるわけでもなし。^^;
只ただ子ども達の為に夕飯作って、ケーキ用意して。
喜ぶ顔見るのだけが楽しみって奴ですね。

息子の要望にこたえてステーキなんぞ焼いてみました。
店に食べに行く事思えば安いもの!と言い聞かせて。
でもって前々から息子が夢見ていた事も実現させてやりました。
それは【ケーキのホール食い】!!
どうせ食べきれなくって最後は皆で食す事になるのは目に見えてるので、一度やらせてみても面白いかも・・・と。
一応私と娘の分はショートケーキ買って帰りました。

食後に「さぁ、ケーキ出すよ~」と、息子の前に18cmのクリスマス・ケーキを置いてやりました。
「おぉぉ~やった~~!これ、オイラの分?全部?」とフォーク片手にドキドキした顔で挑んでました。
満面の笑顔で大きなケーキに直接フォークを刺し、ホクホクと口に運んでいましたが、案の定5分の1程食べた所で手が止まりだし、
結局は「お姉ちゃん・・・一緒に食べる?」と助けを求めてしてました。
明日二人で仲良く食べる事にしたようです。
これで息子の夢は一つ達成。
でも子どもの頃のこう言う夢って、叶えた方が良いのか、夢見たまま大人になる方が良いのか、ちょっぴり考えましたね。

ふと思い出しました。
私も子どもの頃「一度で良いから大きなゼリー嫌って程食べて見たい!」と思っていました。
中学生の頃、友達とそんな話しをしていて
「皆でおこずかいでゼリーの素買って作ろう!」となり、3人で一人2箱ずつ買って来て、うちで作った事がありました。
家で一番大きなボールに液を流し込み、荒熱を取って冷蔵庫へ。
その日のうちに固まらなかったので、翌日また集合していざ!
最初は夢心地で皆でワーワー言いながらプルプルしたゼリーを貪っていましたが、半分も食べない内にギブアップ。
・・・結論・・・
「夢のままが良かった・・・」
息子もそう思っているかも・・・罪な事しちゃったかも。^^;

そろそろ寝たかな・・・罪滅ぼしに、サンタさんしてこよう。

アカネにもプレゼント・・・
いつもはあげても16分の1のりんごを、今日は特別に8分の1です。
もちろん「うさちゃんカット」で。
顎ベトベトにして、しゃくしゃく食べきりました。
クリスマスりんご
・・・ケーキじゃないんかぃ・・・でも食べる
でっかいレタス!
わしわしわし・・・
2005.12.23 サンタの行方
やってきましたクリスマス!
この時期プレゼントに頭の痛い事・・・
何を血迷ったか子どもが小さい頃、「これはお父さんとお母さんから。」と言って渡す分と、夜中にこっそり枕元に置いておく「サンタさんから」のプレゼントを二つ用意してしまいました。
大きくなれば要求もランクアップすると言う事も考えずに・・・
でも子どもたちは素直に信じていたので止めるに止められず、バラし時を考えあぐねていました。

そんな折、娘が小学校6年生の時に
「お母さん・・・ほんまはサンタさんもお父さんとお母さんやってんな・・・」と言ってきました。
「え?・・・いや・・・なんで?」と聞くと、
その年のクリスマス、プレゼントを渡す前にダンナが帰宅して大きな声で
「おぉぉい!下着~」と言ったせいで娘は目が覚めてしまったらしい。
そうとは知らずに私はこっそり子供部屋に入って、ツリーの下にプレゼントをセッティングしてしまった。
寝た振りしながらそれを見ていた娘は、私が置いたそのプレゼントの包みが毎年サンタがくれる物だったのを見て、真実を知ってしまったようです。(おやぢのアホ~)
娘は
「学校で聞いてて、そうかも・・・と思った事もあったけど、サンタさん疑うの嫌やったから信じてたのに、ショック・・・」と言われました。
可哀想な気もしたけど、良い機会でもありました。
これを期にサンタからもらえるのは小学生の間までと言う事になり、娘も
「そうやな ま、中学生にもなってサンタ信じてるのもなぁ、って思うし。これからはお父さんらからだけで十分や。」
と、我が子ながら感心するような事を言ってくれました。(/_;)
しかも
「こっちは6年まで信じさせてもらってんから、アカ兄(弟)には6年まではサンタしてあげて。」とまで言ってくれました。

なので去年から娘へのプレゼントは1つだけ。
そんな姉を見て息子は
「何でお姉ちゃんはサンタから無いの?」と聞く。
「お姉ちゃん中学生になって大人に近くなったから、もうサンタさんけえへんねん。」と弟に説明していました。
「じゃあ、オイラも中学になったらサンタけえへんの?」
「うん。でもサンタも大変やから、しゃあないやん。」と弟の説得までしてくれました。^^;
なので今年も娘へは一つだけ。
でもやっぱり金額に差が出るのは可哀想なので、息子が小学生の間は差額分をこっそり他の物を買うか、今年は現金を渡しています。
現金って言う所に抵抗はあったようですが、今年のスケジュール(友達との付き合い)から行くと現金の方がどう考えても良いと娘も諦めたようです。
あともう1年、そうすれば息子の分も一つになるから財政は楽になる!

ただ・・・何かと現実的なあの息子が、娘のようにいまだにサンタを信じてるのが本当かどうかは疑問な所ではありますが・・・
姉の「信じひん子の所にはサンタは来ない!」の言葉に口噤んでるだけかもな。
大根の葉っぱ
 『ツリー』ムシャムシャ・・・で無く大根の葉っぱです。^^;
アカネにもプレゼントあげるね。
2005.12.23 私はヲタ?
滅多と雪の降らないこの地方で、今季初の雪が降りました。
しかもうっすらと積もり、終業式の今日 子どもたち(中2の娘も)は嬉々として登校して行きました。
帰ってきた娘は今日一日中
「ほんま今日は楽しかった~」とご満悦。(今年一番か?)
小5の弟よりも雪の日を満喫したようです。

人は私を『ゲーマー』と呼ぶ。
いや、けしてそれ程のもんではありません。
確かにゲームは好きです。
特にRPG。
ドラクエもほとんどのシリーズ制覇しています。(既にどうやってクリアしたか記憶に残ってないけど)
一時期はポケモンにも嵌って、近所の男の子からは攻略本代わりにされていた時期もありました。(こちらも同上)
それでも良い歳した女が・・・と言うか、わざわざそんな話しする事もなかったんで、誰も私にそんな面があると思わなかったらしい。
それがいつの間にやら『ゲーマー』だの『マニア』だの『ヲタク』などと言われる始末・・・^^;

きっかけは去年の年末、忘年会の席でゲームの話しになり、何気にドラクエⅧが出たのを思い出し、
「久しぶりにやりたいなぁ~」と洩らしたのを聞いた友人Sリンが、
「俺も欲しいねん。アカ母買いいな~。」とやたら勧める。
やりだすと他の事が手に付かなくなるからと渋りつつも、誘惑に負けて買っちゃいました。
その事をN姉さんに話したらSリンにも伝わり、いつの間にやら『どっちが先にクリアできるか!』と言う勝負になり、気が付くと互いの子どもも巻き込んでのバトルになっていました。(下の子同士同級生)
勝負は私の勝ち!(#^.^#)
その辺りから何気に隠していた私のゲーム好きが広まってしまいました。
顔合わせる度に「LVなんぼ?○○のアイテムはどうやって取ったん?」とマニアックな会話をみんなの前でしてたしな・・・

そしていま、遅ればせながら『ファイナル・ファンタジー』始めちゃっています。(^^ゞ
終わってしまえばまた他の物をしたくなって、「なんか無いかなぁ~」と言ったのを聞いたSリンが【FF(ファイナル・ファンタジー)】を勧めてきた。
昔 誰かに「ドラクエの二番煎じ」と聞かされて、興味がわかなくてやる気にならず、今までみた事も無かった。
「ごっつおもろいで~。またストーリーも良い!」と絶賛するんで、試にと購入。
店にあったのは【FFⅩ】と【FFⅩ-2】。
「とりあえずFF10」と購入してみました。
やってみると画像の綺麗さにびっくり。
ドラクエも今回のはかなり良いと思っていたけど、キャラのデザインが違うせいかFFの方が見応えありました。
すっかり嵌って、気が付くとエンディングで涙していました。^^;
今はSリンの娘から借りた【FFⅩ-2】をやっています。
・・・でもなんかしっくりこない。
途中でやめるのは癪に障るので、クリアめざしてます。
でもいまひとつコントローラーに手が伸びない・・・
そんな折またもやSリンが「FFⅧの方がおもろいで。貸したるわ。」と言ってきた。
またゲーム三昧の新春になりそうじゃんか・・・(ダンナが居る間は封印するけど)
しかし、ユウナちゃん達ナイスバデー。(うらやまぴー)

今日(と言うかもう昨日)は冬至。
ゆず湯に浸かってほっこりしました。
姉の足の間
雪?寒い時は姉ちゃんの足の間で寛ぐに限る・・・最近お気に入りの場所
【1リットルの涙】最終回。
はい、しっかり泣かせていただきました。(T^T)(目がシパシパしてました)
娘は自室で見ていたのですが、終わって降りて来て
「最終回やし、絶対に泣くで~って学校で言ってたから、覚悟してたのに、あんまり泣けんかった・・・」
『はぁ~?!あんたは冷血人間かぁ~!!』
と突っ込もうとしたら、
「アカネが今まさに!て言うタイミングでおもろい事ばっかりするんやもん・・・」
アカネさん、姉がウルウルしながら観てる横で、チモシーと格闘してゲージに頭突きかましたり、勢い余ってコケたりしていたそうです。
「キタ~~~」と言う所でタイミング良く
『ガターンッ!』『ドタタ!』と合いの手が入っていたようです。
留めに『ジョジョジョォォォ~~~』と派手な音をさせてチッコもしたとか・・・
粗相をする時は、音も無くするのに、時々まさに『放○中』と言わんばかりの音をさせます。
シリアスな物を観る時は、アカネと息子は隔離だな・・・(-_-;)

荒れ果てた部屋・・・ダンナが帰るまでに何とかせねば!と焦っているアカ母です。
でもって子どもたちもそれぞれ焦っています・・・と言うかビビッています。
まず娘、成績がどん底状態です。
元々目を覆いたくなる状態だったのが、ここの所の体調不良で一時上がりかけていた物がまた元に。
彼女はどう父の怒りを和らげるか日々悩んでいます。
体調不良のせいだから仕方ない部分もあるのですが、実質 普段も家でも努力をしてる風に見えないので母は
「いっぺん怒られて反省しろ!」と突き放してます。

そして息子・・・
奴はかなりのやんちゃ坊主。
先生方に
「人を苛めるとかそう言うのは無いけど、とにかくうるさい、調子のり。」
と、口を揃えて言われます。
とにかくよく喋るし、口が達者。
参観日もいつも恥ずかしい思いをさせられます。(T_T)
奴を知らない先生がいないくらい、学校で目立ってるようです。
なので通知表のコメント欄を見られるのが怖いらしい。(毎回の事なんだから、いい加減学習しろよ)
しかも先日、父の液晶テレビ(14in)を壊してしまいました。
ゲームをするのに散らかった自室に持って行き、うっかりコードを引っ掛けて落としてしまった。
その夜ベソかきながら
「どうしよう・・・オイラのこずかいじゃ弁償出来ひん・・・」
と言いながら、宝物のゲームソフトを売り払って資金調達をしようかと考えたりしていました。

一応息子の反省具合を知らせて、怒りをやわらかくする方向に頑張ってますが・・・
そのためには母の掃除も重大なポイントになりそう。
死に物狂いで頑張らねば!
後はアカネ効果を狙おう・・・アカネ、ガンバ!
ほえ?
ほえ?
2005.12.20 バカ母
え~、実を言いますと我が家の旦那様は単身赴任中です。(国外だったりします)
なので日記にはほとんど登場しませんでした。
そのダンナが年末に帰宅いたします。
数ヶ月間母子3人+1匹で気ままに暮らしていた物で、今とても焦っていたりします。^^;
口うるさいダンナが居ないせいで、家の中は荒れ放題。
年末なので大掃除と言う物をするので何とかなるかと思うのですが、腰の重い私はいまだに何もしていません。(^^ゞ
ちょっとやそっとじゃ片付かないだろうな・・・(遠い目)

そんなダンナもアカネにメロメロのご様子。
秋に帰った時に、暇さえあればゲージから出して撫で回してました。
戻る際には「持って行こうかなぁ~」と言うほどに。

先日 娘の画像とアカネの画像をPCで送った時に
『アカ姉(娘)見た後にアカネ見たら和むなぁ。』と返信してきた。
確かに娘の画像は変顔してたけど。
母が見ても「これはないんじゃない?」と思うほどエグかったけど・・・^^;
「そんな画像送るな!」と娘に怒られたました。
「だってこんなおもろい顔、見せな損やん~」
「損って何?訳解らん!他には流してへんやろなぁ・・・」
「ん?ばあちゃんとN姉さん(母の悪友)の携帯に送った。」と言ったら、娘にどつかれました。
「後Tの所(娘の同級生の母)とYの所とNおばちゃんの所と・・・」
「送ったんかい!」(拳握る)
「送ろうと思ったけど止めた!」(拳下がる)
母の威厳無し。(でも送ったん身内だけやん)

にしてもダンナ、嫁よりも(こっちは言わずと知れてる)、子どもよりもウサギかよ・・・
9月ごろ
黄昏うさぎ
父・・・母と姉うるさい
2005.12.19 涙腺弱し
毎週火曜の夜は、ティッシュを傍らにテレビの前へ・・・
【1リットルの涙】!
ただでさえ歳のせいか涙腺がゆるくなってる私にとっては、『さぁ、泣け!』と言わんばかりのドラマです。(T_T)
一度水曜に子ども会行事のあった時に、目を腫らして行って友達に
「目、腫れてるで、二日酔い?」(二日酔いって・・・)
「違うって、昨日ドラマ見てて泣いたから。」
「あ~、1リットルの涙?確かに泣けるよなぁ。でもそこまで泣く?」と言われてしまう程泣きました。
飲みながら観ると なお泣けるってのもありますが・・・(やっぱり飲んでた)

年齢を重ねるにつれて、涙もろくなってます。
子どもの運動会や自分の子でなくても、頑張ってる姿を見ると泣けてしまいます。
運動会で1年生の踊りを見ても泣けました。
懸命に頑張ってる姿を見ると泣けるんです。
なので盆の時期に放映される【ほたるの墓】なんて見ることが出来ません。
何度か観て知っている分、最初のタイトルから泣いてそう・・・
【となりのトトロ】でも泣けます。
そう言うのって子供と一緒に観るもんで、みっともないから我慢するけどやっぱり泣けます。
最初は「あくびが出た」なんてベタな言い訳して誤魔化していたけど、最近では
「おぉ、泣いてるよ~。何が悪い、感動してるんや。」と開き直ってズビズビやってます。
娘は心得た物で、話が進むにつれ、『母泣いてそう・・・』と思うとさりげなくティッシュを差し出します。
最近ではこの間娘と行った【コープス・ブライド】でも泣いちゃってます。(かなり耐えて、うっすら程度に留めました)
娘には「何であれで泣けるん?」と不思議がられました。
泣けますよね、あの健気さとか。(誰に訴えてる)

なので火曜日は「今日は【1リットルの涙】やから、」と言い放ち、邪魔するなと釘を刺しつつスタンバイします。
この前は息子が「あんな、お母さん・・・・」と言いながら居間に入ってきて、【1リットルの涙】を観てると判るや否や黙って背後で大人しくなりました。
でも人間、たまにはそうやって感情を開放する事も大事だと思います。(開放しすぎ?)
さあ、明日も泣くぞ!
ティッシュ
はい、ティッシュ
友人Sは事あるごとにアカネを食おうと言う。(-_-;)
うさぎを飼い始めたと言うと、
S:「食用?うさぎって結構美味いもんなぁ。うさぎ鍋って旨いらしいで。」
で、私もついついノッてしまう。
ア:「シチューやパイでもいけるらしい。」
S:「丸焼きもええで~」
ア:「しかもアカネは毛皮に適した毛並みらしいからなぁ・・・って、食わん言うとるやろぉぉ~!」
アカネをネタに安い漫才してどうする・・・

健康診断に行ったと言えば
「食べるのに?ああ、食べても大丈夫か見てもらうんや。」
アレルギーが出たと言えば
「これはもう食うしかないな。」
・・・・ええ加減、食う事から離れろ!

しまいにはまじめな顔してまじめな口調で
S:「この間テレビでな【食育】って言うの?小学校で豚飼って卒業の時に食べるって言うのがあってな。
   名前付けて育ててて、いざ卒業近くなって食べる段になったものの、情が出て食べるに食べれんって言うのがあってなぁ・・・
   やっぱ名前付けたらあかんな。」
なるほど・・・って、
ア:「それはアカネを指して言ってるのか?」
S:「だから、情が移らんうちに・・」
ア:「食わんっつーとるやろぉ!」
冗談だと解っていても、しつこすぎるぞ、おやぢ!
って言うかここまでしつこいと、マジで食べられてしまいそうな気がしてくるんですけど・・・

「最近うさぎの毛皮流行ってるよな~」と何人かの友人に言われました。
アカネ、隠れろ!
どき!
え?
2005.12.17 気持ち良い~
犬の肉球が気持ち良いて友達は言います。
私はアカネのうさぎ特有のあの足で素足を踏まれるのが好き。
昨日娘が
「ほ~~、気持ち良い~」と気の抜けるような声を出した。
見ると素足の娘の足の上にアカネが乗ってる。
娘もアカネの足に乗られる快感を知ったようです。
足の裏
これこれこいつで踏まれると気持ち良い(#^.^#)

爪
ダッシュするときこの爪が痛い。

爪きりました
なので切りました。
2005.12.16 追突!
今日もアカネは元気に走り回ってます。
兄・母・姉が川の字になって寝転んで『どうぶつの森』に興じている周りを、『ダダダダダダダー』と何周も高速移動。
すると『ボスン!』と言う音と共に、方向転換して兄の上を通過。
音のした辺りを見るとビーズクッションがこんな風になってる。
現場写真
被害(加害)兎はこのクッションに追突した模様。
現場には遺留品。●

見舞いの品
お見舞いとして兄ちゃんがりんごをくれました。
2005.12.15 奥歯も伸びる
アカネのキャリーはメッシュタイプ。
夏場だったので思わす涼しげな感じに惹かれて選んでしまいました。
よく考えれば冬場はどうよってもんなんですが・・・
しかも後からうさぎは臆病なので異動の時は周りが見えない方が良いらしい事を知り、自分の浅はかさを悔いてます。
でも買っちゃったもんは仕方ない。
今は移動の時キャリーの上から布を被せて運んでいます。

水曜日の病院での事。
待合室で待ってるとアカネはひざ掛けを被せたキャリーの中で、入れてきた縄チモシーと格闘を始め、バリバリと音させてました。
私の横に座ってる人のキャリーの中からは、黒いうさぎさんが頭をひょこりと。
そのうさちゃん、キャリーの口を全開に開けてもらってると言うのに、飛び出しもせず、おとなしく座ってるではないですか。
時々飼い主さんにナデナデされて、また引っ込んで、また顔出しての繰り返し。
その可愛いしぐさに、思わず見とれてしまいました。
飼い主さんがその場を離れても、それをじっと眺めてるだけでおとなしくかばんの中。
『アカネなら確実に後を追って飛び出してるな・・・』と思いながら
思わず「おとなしい子ですね。」と言ってしまいました。(言ってから恥ずかしくなってたりするヘタレ)
その後 被せていたひざ掛けをはずしたうちのキャリーの中身も、うさぎだと判ると話が弾みだし、
その子は奥歯の伸びすぎで食欲が落ちての来院だと教えてもらいました。
前歯が伸びるのは知ってたけど、やっぱり奥歯も伸びるんだと、初めて知りました。

そのうさちゃんは飼い始めて6年になるそうです。
短いお耳、ドワーフとミニウサギの雑種だそうです。
奥歯が伸びる事は飼い主さんも知らなかったそうで、1年前に急に元気が無くなりあっちこっちの病院に行っても原因も判らず、
たまたまこの病院を見つけてきたら、奥歯の伸びすぎで舌をかんで傷が付き、物が食べられなくなったのだと判ったそうです。
前歯ならそのまま削る事が出来るけど、奥歯なもんで全身麻酔を掛けての治療になるそうです。
費用は2万円掛かったそうです。
それが半年・・・2万×6・・
歯の伸びすぎた原因は、牧草をほとんど食べていなかったからとか。
この病院に来てから、牧草がウサギにとって大切なものだと初めて知ったとの事。
発病までの5年間、野菜や果物とペレットだけあげていたそうです。
それでもたいした病気もせずに元気に育っていたんで問題ないと思っていたとか。(思うよね)
でも牧草に切り替えてから、うんちも大きくなって前にもまして元気になったんで、やっぱり牧草は大切だと言ってました。
ただ、今まで牧草中心で無かった分、食いつきは余り良くなくて、今回もまた奥歯の伸びによる食欲減退。
飼い主さん仕事があるので うさちゃんその日はお泊りで、翌日の夕方お迎えになったそうです。(;_;)
元気になってね。
アカネは病院にいる間に、縄チモシー1本完食してました。
そして今日も大きなウンチをコロコロ撒き散らしてます。
縄チモシー(ブン!)

毎朝見る情報番組の占い当たっちゃいました。
『今日は余計な出費がありそう・・・』
アカネのつめを切ってもらいに、掛かり付けの動物病院に行ったは良いが、そこは駐車場が無い。
この寒い中自転車で30分も掛けていく気力はなく、ヘタレなアカは母、迷う事無く車で行って、病院の前に停めていてしっかり駐禁切られました・・・
15000円の出費です~~~(T_T)
今度は自転車か・・・それとも最寄のお店の駐車場を拝借・・・
お願い、駐車場作ってください・・・(;O;)(我がまま)

と言う事で、やっとアカネの爪切に行ってきました。
今回は目の前で切ってもらったんだけど、見てるとやっぱり自力では無理だと思ったヘタレな母です。
アカネの暴れっぷりと言ったら、プロでも苦笑いするほど・・・
大暴れして看護師さんの腕から脱走して、キャリーの中に逃げ込んでました。

何とか終わって
「月一くらいで切った方が良いですね。伸びすぎると血管が伸びすぎて、切れる範囲も少なくなって爪長くなりますから。」
と獣医さんに言われました。
「自分で切れると良いんですけど、自信が無くて」と言うと
「う~ん・・・この子は無理ですね~、少なくとも今は。爪切に慣れてくれば何とかなるかもしれませんけど。」と言われました。
素直に切ってもらう事にしよう。

今回は検診と検便も御願いしました。
考えてみると一度も検便をしたことがない。
結果は問題なし!
体重も1760gになってました。
まだ大きくなるだろうと言う事です・・・

実は前日アカネはセロハンテープを食べてしまいました。
ブラッシングする時に、ラバーブラシに付いた毛を取るのに使っていたんですが、うっかり捨てるのを忘れていて、テーブルの端にぺたりと張ったままなのを、アカネは目ざとく見つけて『ムシャムシャ・・・』
「ギャー!」と騒ぎながら口から引っ張り出そうとしたのですが、ものすごい勢いで平らげてしまいました。
テープだけでもダメなのに、たんまりとあんたの毛も付いてんのにぃ~~~。
その事を獣医さんに話すと、
「噛み砕いて食べるんでたぶん大丈夫。腸もしっかり動いてますし、様子だけちゃんと見ていてください。」
と言われました。
今日ウンチを見ると、欠片が出てました。^^;

そして帰ってからまたもや、久しぶりに気管支炎状態です。
原因は夕食の鯖か?!鯖アレルギーなのか?!鯖アレルギーってこんな感じ?
鯖好きなのにぃぃ~・・・
それとも病院?でも病院では何とも無かった。
違う、たぶんこれ・・・
アカネを病院に連れて行くのに使ったひざ掛け。
そのひざ掛けは以前アカネのゲージに掛けてあって、今はもっと厚手の毛布に代えたんで、娘の部屋に放置されていたのも。(片付けろよ!)
洗濯もしていなかったので、牧草の粉をたんまり含んでいた模様。
病院に行く時はそっと掛けたんでそうでもなかったようで、夕飯後あまりの寒さに側にあったんで何気なく、パタパタと広げて膝に掛けてしまった。
てきめんアレルギー反応です・・・
子どもたちが慌ててひざ掛けを別室に持って行き、私は病院でもらっていた薬を飲んでしばらくダウン。
お風呂に入って4時間たった今は症状治まりました。
やっぱりひざ掛けか!良かった、鯖が食べられる~~~\(^o^)/
いや・・・改めて牧草アレルギーの存在を確認してしまったじゃないか・・・orz
おかげで今日の日記は日付が変わってからになってしまった。

ご褒美
何気にりんごはうさぎ今日は爪切り頑張ったので野菜もりんごも多めです

あぐあぐ・・・
あぐあぐわき目も振らずに食べつくしました。口元が獣・・・
なんとなく思いました。
今まで我が家で飼った生き物と言えば・・・

・夜店で捕った金魚
毎年夏に来て、短い一生を終えてしまう。(T_T)

・子どもの捕まえて来たカタツムリ
ある朝無数の赤ちゃんカタツムリが徘徊していて大騒ぎ。

・近所のどぶ川で息子が毎年捕って来るザリガニ
今年は干からびて無残な姿に・・・(息子に雷落としました)

・哺乳類はハムスター。
5年前に娘の誕生日に飼って3ヶ月で夏の暑さにやられて死んでしまいました。
この時は親子で号泣して、それ以来哺乳類を飼うのが怖くなりました。

後、蛙に亀にトカゲに蛇などの爬虫類、虫関係。

ほとんどが飼育箱の中で飼う物ばかり。
うさぎもそんな感じかと思っていましたが、ゲージ飼いなら一日一回は室内ででも遊ばせましょうと飼育本に書いてありました。
なので一日一回は出して遊ばせています。
そうやって接していて初めて気がつきました。
私の人生の中で、コミュニケーションのとれる生き物を飼ったのは初めてだったと言うことに。
うちで飼ってたハムスターは、こちらが拉致しない限り手にする事が出来なかったので、呼べば来るとかナデナデおねだりされるなんて今までに無い反応です。
膝の上に前足乗せて見上げられた日にゃ、抱き上げてスリスリしてしまう事も。
こうやってうさ飼いさんはうさぎの虜になって行くんだろうな・・・と思いました。
足
生後一月ごろ、姉ちゃんの足と(25cm)
挟まれる
最近挟まれると落ち着く・・・
2005.12.12 本能?
食べて良い物 悪い物。
野生動物はそれを本能で判断してるんでしょうね。
ペットはどうなんでしょうか?(゜-゜)

アカネは人の髪の毛を食べます。
痛いし体に悪そうなので、「ダメ!」と言って怒るけど、すきあらば食べに来る・・・(寝転ばなきゃいいのに)
輪ゴムも食べました。(慌てて病院に電話しました)
ビニールやプラスチックも齧って、少々食べてそうです。^^;

でもこの間、娘が抜歯をして帰った時に、麻酔のせいで口のしまりが悪く血が垂れてしまったそうです。
『あ!』と思う間も無くアカネが『ぺろり』(血を舐めるウサギ・・・)
しかし、そのすぐ後娘の靴下を必死でペロペロペロペロ・・・
「舐めてると言うより、拭いてる感じ。」(娘談)
いつもは嫌がって入らないゲージに自分で入り、ひたすら水を飲みだした。
いつもならペレットの音(ザララララ)を聞くと、一目散に飛んでくるのに、無視して水を飲んでいる。
ペレットよりも好きな乾燥フルーツをチラつかせても、無視してひたすら水を飲む。
本能で口にしてはいけない物(毒)と判断しての行動でしょうか?
その以前にもお土産にもらったえびせんを食べようと袋を開けてると、その音に反応して食いしん坊のアカネは飛んできました。
必死で私の膝に乗って、背伸びをしておねだり。
ためしに一欠け手の上に乗せてやってみると、くんくん匂いを嗅いで『フイ』と食べずに膝から降りました。
その後は見向きもしません。
これって本能で判ってるのかな?それともただの好き嫌い?
人参葉
人参は好き
2005.12.11 しめ縄
昨日は午前中しめ縄作りに行ってきました。
自治区で構成されている、『青少年育成協議会』と『民生委員会』とで毎月第二土曜日に、田植えや稲刈りなどの色々な体験を、
子どもに呼びかけて体験させてくれます。
私も息子を引き連れて参加してきました。
去年初めて参加したのですが、これが結構面白い。
この間収穫した稲わらを、12本ほど束ねて手の平でねじって作るんですが、これがなかなかうまくいかない。(T_T)
ベテランの手元を見ながら素人同士であーだこうだと言いながら何とか形になってきて喜んでいると、逆にねじってる事が判りやり直し・・・
結局時間が無くなり、ベテランさんの作成途中の物をもらって仕上げる事ができました。(^^ゞ
息子作
これは息子の作品です

母作
母作・・・自分のだけみかんまで付けてるし

玄関に着けるのはちょっと・・・なので、アカネのゲージにでもと思っています。
食べられそうだな・・・^^;

ん?

2005.12.10 男の子!!
家の中に露出魔が!!
違います・・・^^;
いきなり危ない書き出しですみません。

気を取り直して。
昨日やっとアカネの性別がはっきりしました。
『かも知れない・・・』と言われていましたが、正真正銘の【男の子】でした!
プロフィールも訂正です。

まだ病院には行ってません。
なぜ判ったかと言うと、昨日アカネが毛繕いをしていて、ふと立ち上がった時にた○た○ではない、別のらしき物体が・・・
「血の混じった軟便?!(に見えた)」と焦りつつじっくり見ると・・・『あ!!』
母:「なーなー・・・アカネは男の子や・・・」
娘:「へ?」・・・見る・・・「うぉ!お====(規制)!」
しばらく二人で「・・・・・」観察・・・
『ヤバイ、思春期の娘になんて物を見せてしまったんだ!』
とフト気が付き、どうフォローしようかと考えてると
娘:「あ、写真 写真!あ~~遅かった~」・・・平気だった。
(てか、写真に撮るのかよ!)

でも一応
娘:「なんかへこむなぁ・・・」
母:「男の子やったから?」
娘:「それもちょびっとあるけど、判り方が生々しい。ま、良いけど。」
結局良いらしいです。

その後もアカネを捕まえて
「おい、こら見せろ。見せてみろ~」と変態のように迫って、アカネに嫌がられてました。
横で母はアカネの代わりに
「イヤ~~、止めて~~、変態ぃ~~~。お婿に行けなくなるぅ~」とアフレコ付けてました。
(変な親子・・・)
普段は隠れてて、見えないようです。

今日N姉さん所の息子に衝撃の事実を聞かされました。
「あ、オイラもっと前に見て知ってた。」
・・・飼い主より先に知ってたのかよ・・・orz・・・


なんかくれ!
なんかくれ!
2005.12.09 動物病院
「ウサギごときがわざわざ健康診断のために病院?」
初めてアカネを病院に連れて行った時に、友達Sリンに言われました。
「ごときって言うなぁ!」と怒ったものの、見る人から見れば確かに過保護なんだろうなぁ。^^;
でも家族の一員となった小さな命を守るためには、出来るだけの事はしたいと思うものなのです。
それに飼ってみるとこれがなかなか、犬猫ほどでは無いと言われるでしょうが、結構知能もあって十分保護欲をそそってくれる。

えーと・・・病院!そう病院なんです。
親(悪)友N姉さんの所のチョコの行ってる病院に、一度行ったんだけど、受付で
「ウサギなんですが、健康診断御願いしたいんですが。」と言うと
「ウサギは診れないです。」と断られました。(T_T)(確認してから行きましょう)
今まで縁の無かった動物病院。
いざ探してみると、動物病院事態あまり無く、ウサギとなるとますます無い。
ちょっぴり切なくなりました・・・
ペットコーナーに行ってもそう。
これ見よがしに(拗ねてます)犬・猫用品の棚がズラ~~っとある所も。
うさぎ用品は下手するとハムスターと一括りで、どっち用か判らない置き方してる所もある・・・
世の中ペットと言えば犬・猫が主流なんだなぁ・・・と、ひしひしと感じます。

仕方ないので翌日電話帳やネットで色々探したもののなかなか見つからず、駄目元で一番近い動物病院に電話してみると、やはりウサギは見れないと言われました。
「何かあった時は無理ですけど、健康診断くらいなら何とか・・・」と病院の人に申し訳なさそうに言われ
「そうですか・・・」とガックリしていると
「ちょっと遠いですけど、ウサギを見てくれる良い病院紹介しますよ。」と言われ、即答で
「御願いします!」と答えました。
それが今お世話になっている【クウ動物病院】と言う所です。
最初はもっと遠い所にあったんだけど、電話した2日後に、近所(車で15分程)に転移すると言う。
これはもう運命!と勝手に思い込んで、そこにお世話になってます。

後日従妹と電話で話してて、その病院はこの辺ではかなり評判の病院だとか。
うっかりしてました。
我が従妹はペットシッターだった。
こんな身近に優秀な情報源があったと言うのに、・・・なぜ従妹を思い出さなかったのか、自分の脳みそが情けなかったっす。orz
横顔
ごときです・・・
2005.12.08 ご対面
昨日の日記のチョコとアカネの対面の時の事を回想したいと思います。
それはアカネがうちに来た日、アカネとの初顔合わせにの時に一緒に居たのはN姉さん。
私に飼えと迫ったのも、娘にアカネの存在を教えたのも彼女です。
なのでアカネを迎え入れて最初に『姉さんの思惑通りに行ったぜ・・・』と言う意味もこめて報告。
速攻チョコを連れて見に来ました。
玄関先でペットショップから入れて来た箱のままアカネとの対面。
箱の中2

姉さんは「可愛い~~~」と、道端で座り込んで悶えました。^^;
チョコは興味深々で必死で中を覗こうとする。
リードをしっかり引っ張りながらそっとアカネを近づけると、『くんかくんか』と嗅ぎまくる。
アカネがぶるぶる震えだしたので、慌てて対面終了。
小さくデリケートな子うさぎに、なんて可哀想な事を・・・と今更ながら思います。

二度目はアカネの性別も知りたいし、爪切もしたいと、チョコの掛かり付けの病院に、一緒に行った時。
病院でチョコはアカネのキャリーが気になって仕方ない。
試しに・・・と、またもや無謀にも二度目の対面。
キャリーのファスナーを開けたとたんチョコは中に鼻先を突っ込み、アカネをくんくん。
くんくんされたアカネは震えはしないものの、石のように固まってました。
ドキドキしながら見てるとチョコは、いきなりアカネをべろり!
まずい!と思い引き離してみると、アカネはチョコの涎でベトベトになってました。
さすがにアカネも震えだし、二度目の対面もお開き。

元々食う者と食われる者の関係だもんな・・・
時々犬とうさぎが仲良く暮らしてると聞きますが、アカネとチョコがそうなる日は来るのでしょうか・・・
N姉さんは
「アカネ丸(姉さんそう呼ぶ)はチョコのおもちゃになるな。」と言います。
今後チョコとの対面は無いと思われます。・・・・たぶん。
今までも時々登場している、親(悪)友N姉さんは犬を飼っています。
ミニチュア・ダックスフンドで名前は【チョコ】です。
欲目で言うわけではないですが、なかなかのハンサム君です。
でも笑えるほど落ち着き無いです。
見ればいつもムチのように尻尾を千切れんばかりに振って、じゃれ付いてきます。
でもってネトネトになるほど舐めてくれます。^^;

チョコは捨て犬でした。
キャリーに入れられて、あるお家の玄関先に捨てられていました。
そのお家には既に猫が居て、チョコを飼う余裕が無く飼い主を探していて、N姉さんの所が以前から『犬を飼いたい!』と言っていたのを思い出し、運命のご対面。
N姉さんの所の息子の一目ぼれにより、めでたくチョコはN姉さんの所の子となりました。
チョコを迎え入れてすぐに病院に連れて行き健康診断をして貰った所、チョコは既に2歳くらいになっている事が判り、
手入れも健康状態も良い事が判りました。
捨て犬だったけど、前の飼い主はチョコを可愛がっていたのかも・・・
なら たぶんどうにもならない事情があって、泣く泣くそうしたのだろうと思います。
あくまで憶測ですが。
捨てられていた事が良い事とは思いませんが、少なくともチョコは前の飼い主に愛されていたんだと思いたいです。
そして現在チョコはN姉さん親子にとても愛されています。
散歩が面倒だって言われるけど。
時々ご飯もらい損ねるけど・・・^^;
N母さんは息子のように可愛がります。(息子も時々ご飯手抜きされます)
息子も弟のように可愛がります。(弟のように時々苛めます)^^;
私にもしっぽを千切れんばかりに振ってじゃれるけど、やっぱり母さん兄ちゃんが呼ぶと脇目も振らずに飛んでいきます。
ちゃんと愛されている事が判っているからだと思っています。

アカネの事もN親子とチョコの関係に負けないくらい、めいっぱい愛して行きたいと思います。
甘やかすだけでなく、本当の愛情をめいっぱい注いで行きたいと思います。
ふとそんな事を改めて思いました。

斜め目線
推定・アカネ生後一ヶ月
アカネのの話です。すみません・・・
アカネさん居間で遊ぶ時のチッコは、ほぼ完璧になってきました。
でも うん●はいまだ撒き散らし状態です。
でもってお口で粉砕してくれる事もしばしば・・・(うっ・・・
うさぎは食糞と言う行為をします。
それは盲腸便と言われる軟らかい栄養のある食べるための便です。
でも普段アカネが私の目の前で食べるのは普通のコロコロのうん●です。
あっちこっち検索しても、なかなか普通の便を食べる事については書かれてなくて、
「これって良いのか?」と思ったこともありました。
「何かを訴えてるのか?」と考えた事もありますが、「ま、良いかぁ」となってます。(アバウト人間)
でも最近、他にも普通のうん●を食べる(砕く)うさちゃんが居ると知り、何気に安心してます。
でもねぇ・・・コロコロうん●なら取りやすいから良いけど、粉砕されて粉々になった奴は掃除機か粘着シートでないと取りきれないのよ・・・
だからアカネさん、あんまりあっちこっちで粉砕して回らないでね。^^;

でもって、そのうん●の存在の仕方に、時々笑ってしまう事も。
アカネが移動した後にわんさかあったり、綺麗に一列に並んでいたり、こんな状態のときも・・・

え?!
ひょっとして!!
一瞬「アカネはやっぱり男の子だった!?」と思いそうに・・・(どう見ても違う)

とりあえず再び確認・・・
M字開脚
M字開脚!
判らん・・・(-_-;)
... 続きを読む
2005.12.05 人参葉
ニンジン葉の収穫です!
と言いながら、【人参葉】と言う表記から、葉っぱだけなのかと思っていて、実際この間まで引っこ抜いても根っこは普通の根っこだったので、
「葉っぱが人参の葉っぱなだけなんだ」と思ってそれをアカネにあげていましたが、他の葉っぱをあげていて、昨日久しぶりに人参葉を抜いてみると、ちゃんと小さな人参が出来ていました。
ただ単に、収穫時期が早すぎたって奴か・・・^^;
・・・しっかり裏面読めよ・・・
チビ人参


むき出し
ボケてますが、歯剥き出してがっついてます。


しゃりしゃり
しゃりしゃりしゃりしゃり・・・あっという間に完食。

食後の一服
食べたら寝る・・・

気が付くと12月に突入してました。(今頃何を・・)
従妹からのメールで「もうクリスマスの時期かぁ~」と、11月末頃にノホホンと思っていたのに、気が付くと12月も数日過ぎてます。
一応スノーボールくらい出しておかないと・・・
年賀状の準備もしなくては!
子ども達と「アカネに犬の着ぐるみ着せて写真撮ろう!」
などと言っていましたが、ちょっと出来そうにありません。
ウサギサイズでそんな物売ってる気もしないし、ましてや私に作れる
はずも無い。
頼みの綱の被服科卒のN姉さんは忙しそうなので、そんな事頼める
雰囲気でもないし・・・
戌年だけど強引に、ウサギの写真入で作っちゃいます。
一応さりげなく戌年もアピールしつつ・・・
2005.12.03 外遊び
昨日 初めてアカネを外で遊ばせて見ました。
と言ってもほんの10分ほど、玄関先半径2mほどの所で。
家の前はアスファルトなので、足の裏が痛いかもなぁ・・・と思いながら、そっと下ろしてみると、
最初は警戒姿勢でじっとして居ましたが、数秒後にはソロソロと探検開始。
目ざとく栽培中の大根葉を見つけ、プランターの中に突っ込んでいき、ムシャムシャと食べだし、娘が抱き上げた時には半分ほど食べつくされてました。
臆病なはずのウサギのアカネは、たいしてビビる事も無く、再び探検開始。
ふと気が付くと近所の猫のミミちゃんと遭遇。
彼女は既に10年以上ここに住む古株飼い猫。
初めて見る物体にもアカネは気にする事も無く、気ままにうろうろ。(危機感は無いのか?)
ミミちゃんは悠然とアカネを見つめ、何気なくハンティング体制に・・・
「あかん!ミミちゃんのハンター魂が!」と娘は慌ててアカネを抱えて家の中に逃げ込みました。
アカネの初う散歩デビューは、瞬く間に終わってしまいました。

昨夜はご近所の家で、おでんパーティー。
そのおうちにはフェレットが居て、その子はとても人懐っこく、初めて会う私たちにも臆することなく、抱っこをせがんできました。
可愛い!・・・でも結構匂う・・・
動物病院でもそうだったけど、フェレットは結構匂いあるんですね。
正直苦手かも。
でもしぐさは可愛くて、匂いも気にせずナデナデしちゃいました。
手触りは結構剛毛かも。
眠くなれば自分でゲージに戻って、袋式のハンモックの中にもぐりこんでちゃんと寝る。
側に行ってもハンモック突いても、ちょっとやそっとじゃ起きない。
アカネなら即座に目を覚まして、せわしなく『遊んで、遊んで~~』とゲージにへばり付く所。
マイちゃん(フェレットの名前)くらい、落ち着いてくれないかしら・・・
ナメナメ好き
撫でられるのも、ナメナメするのも好き

袋のウサギ
ふくろのうさぎ
昨日は息子の【親子交流会】と言う物に行ってきました。
今年 息子の学年で植えたお米を収穫したので、そのお米と豚汁で交流会です。
会は10時30分からだったのですが、手伝える人は9時半からと
言われたので、こんな時くらいと手伝いから参加しました。
行くと既に米洗いは終わっていて、残るは豚汁用の野菜の下準備。
10時半には他の保護者と子ども達も来て、皆で調理開始。
基本は子供にやらせると言う事だったので、ひやひやしながら
子供たちに指導しながらの調理は、結構時間が掛かりました。
でもそこはさすが先生!準備が整い、頂きますの時は12時10分。
時間ばっちりでした。

おにぎりはともかく、豚汁調理の時はそれぞれの家庭のやり方が
あるので、あーだこーだと皆で意見出し合いながらの作業です。
切り方はどうする、肉・野菜は炒めてから煮るのか、肉だけ炒めて
野菜は炒めないのか、両方煮るだけなのか。
同じ班の役員さん(PTA主催)は、野菜は炒めない派。
私は家では両方炒めます。
「どうしましょう?」と問われて
こう言う時は『食べれりゃ良いや~ん。』な奴なので、
「時間の掛からん方で良いやん。」と、言ったのですが
同じ班にいた友達が
「え~、やっぱり炒めな~。アカ母はいつもはどっち?」
と言うので「家では炒める。」と答えると、「じゃぁ炒めよう!」
となりました。
押しの強いのが一人だけで良かった・・・
これが押しの強いのが数名居る、子ども会メンバーだったら・・・
(実はこの友達も子ども会メンバー)
そんなこんなで出来上がった豚汁とおにぎりは、結構美味しくいただけました。
楽しい交流会、でも役員さんは大変だっただろうなぁ・・・
お疲れ様でした!

しかし・・・娘の時もそうでしたが、小学5年生ともなると、
大きい子は親だか子どもだか、後ろからだけでは解らない。
152cmとチビッ子な私の身長を抜いてる子もチラホラ。
私、子どもが学校に行きだして数年間、学校に行って何度か先生に、
生徒に間違われてます。
我が息子は学年でも2番目にチビなので、充分子どもと解りますが。
ちなみに上の姉ちゃんは160cmを超えて、母を見下ろして得意げになってます。

【縄チモシー】なかなか食い付き良いです。
バリバリ・ブンブン(?)とかぶり付いていました。
縄チモシー(バリバリ)

縄チモシー(ブン!)

あかねさん、格闘してます。
これなら粉舞わないし、アレルギー持ちには助かります。

話は変わりますが、最近確認した事がありました。
飼育本にもうさぎは匂い付けをするのに、あごの下と肛門辺りに
臭腺があると載っていましたが、この間寝転びながらアカネと
戯れていて、あごの下を嗅いで見ると、微かに体かでは嗅ぐ事のない
匂いがありました。
娘に話すと興味深々で、昨日遊び回っているアカネを拉致して
あごの下を嗅ごうとして、うさキックをお見舞いされ、ほっぺたに
ミミズ腫れをこさえてました。^^;
あごが駄目ならと勇敢にも肛門に鼻を近付けたら、『ぷす~』とおならをされたらしいです・・・(嘘のようなナイスなタイミング)
うさぎもおならするんだ・・・
息子が「臭かった?」と興奮気味に聞くと
「びっくりして臭い嗅ぐ余裕無かった。」と心なしか残念そうに言う
「ヲイ娘・・・アカネのなら何でもOKかよ・・・」と思った母でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。